あなたも副業でパーソナルトレーナーをしませんか?【筋トレ歴半年でもOK】

筋トレをするとハゲるのか?トレーナーが解説【科学と統計で最終決着】

人間の遺伝子に組み込まれた意味不明すぎるシステム、それが「ハゲ」。

髪の毛抜いて誰が得するんだ。まじで訳わからん。

ハゲに怯えるのは男の宿命です。

そして、どうも「筋トレをするとハゲる」という話があります。

確かに、マッチョは男性ホルモンがバリバリなので、ハゲるイメージがありますよね。本当なのでしょうか。

今回は、トレーナーの僕が「筋トレをするとハゲるのか」というテーマを、論文や統計を用いた科学的なデータを元に解説していきます。

先に結論: 筋トレでハゲる(とはいえない)

>>あなたも今日から副業パーソナルトレーナーを始めませんか?【筋トレ歴半年でもOK】

ハゲ・薄毛(AGA)のメカニズム

筋トレとハゲの関係を解説する前に、ハゲる仕組みをまず説明します。

薄毛の3つの原因(遺伝・生活習慣・男性ホルモン)


薄毛には、主に3つの原因があります。

1. 遺伝

まず遺伝。後ほど紹介しますが、ハゲる原因に「ホルモン」があります。そのホルモンの「量」やら「感受性」は、遺伝で決まります。

遺伝は、筋トレと関係ありません。

遺伝子と戦っても勝てないので、諦めましょう。

2. 生活習慣

タバコや食生活などもハゲる原因。髪に栄養がいかなくなるわけですからね。

ただし、筋トレをしている方にとっては、これも関係ありません

ちゃんと筋トレしてる人は、普通の人の何倍も食生活に気を使っていて、栄養状態もいいです。

プロテイン(タンパク質)は髪の毛の減量にもなりますしね。

3. 男性ホルモン

これが本記事のメインテーマ。筋トレと密接に関わる男性ホルモンです。

筋トレによって増加する一部のホルモンが、薄毛の原因になります。

男性ホルモンと薄毛の関係

男性ホルモンにはいくつか種類がありますが「ハゲと筋トレ」に関わるものは2つ。

テストステロンと、ジヒドロテストステロン(DHT)です。

このうち、テストステロンは直接ハゲの原因にはなりません。

薄毛につながるのは、ジヒドロテストステロン。こいつがハゲの原因です。

テストステロンは悪者ではなく、

・筋肉を増やす

・脂肪を減らす

という効果があり、筋トレの効果を最大限に引き出すのに必須の男性ホルモンです。

テストステロンは、薄毛を誘発しません。

問題は、テストステロンはジヒドロテストステロンに変換されてしまうということ。

テストステロンが、5αリダクターゼという酵素と結合すると、DHTに変換されます。

このジヒドロテストステロンが、毛髪のサイクルを狂わせることで、薄毛になるわけです。

5αリダクターゼは迷惑なやつですが、分泌量は遺伝で決まります。

だから「ハゲは遺伝」と言われているんですね。

“息子”
「じゃあ、5αリダクターゼを抑制すればよくね?」という話なんですが、それがハゲ薬の役割になります。

筋トレとハゲ・薄毛の関係を科学的に解説

ここからは、上の内容を踏まえて「筋トレとハゲ」の関係を、論文などを引用しながら解説していきます。

筋トレをするとテストステロンとジヒドロテストステロンが増加する

筋トレをして筋肉量が増えると、テストステロンレベルが増加します。

筋トレをした直後はテストステロンレベルは下がりますが、それは一時的なもの。

筋肉量が増えると、平均的なテストステロンレベルは上昇します。

そして、筋トレをするとジヒドロテストステロンの量も増加することが分かっています。

これは、テストステロンが増えることで、5αリダクターゼと結合するテストステロンも増え、結果的にDHTが増えるのだと思われます。

実際に、筋トレを始めてからのジヒドロテストステロンの増加量を調べた研究があります。

結果、3ヶ月で最大14.5%DHTが増加していたことが分かりました。

この14.5%をどう考えるか、というのが問題になりますが、それは後でまた解説します。

クレアチンの摂取でDHTが増加する

筋トレに欠かせないサプリの1つ、クレアチン

圧倒的な効果があるので、筋トレをしている方はクレアチンを飲んでいる方も多いです。

で、そのクレアチンを飲むとジヒドロテストステロンが増加する可能性が指摘されています。

こちらの研究では、クレアチンを5g、2週間摂取したところ、DHTが最大で40%増加したと報告。

14.5%と40%のDHTの増加が何を意味するか

筋トレとジヒドロテストステロンの関係を紹介しました。

本来であれば「筋トレするとハゲるのか、ハゲないのか」という研究を紹介したいところですが、それは存在しません。

ハゲは一朝一夕でなるものではなく、数年単位で徐々に進行していくもの。

そして、筋トレをしようがしなかろうが、男はハゲるんです。

人種により差がありますが、30%~40%の男はハゲ。

年齢を重ねるにつれて、割合はさらに高くなるもの。

「筋トレでハゲるか」を調べるには、長い時間が必要になりますし、仮にハゲたとして、それが筋トレの影響かどうかなんて判別できません。

なので、筋トレとホルモンの関係から読み解いていくしかないんです。

14.5%と40%のDHTの増加

確かに、筋トレをするとハゲホルモンであるジヒドロテストステロンが増加する、と言えるでしょう。

ただ、個人的には「最大で14.5%とか40%の増加」なんてのは、遺伝子の前には誤差レベルにすぎないと考えます。

「遺伝的にDHTが少ない人」のDHTが40%増加したとして、それでも「遺伝的にDHTが多い人」には全然勝てないと思うんです。

そして「最大で」40%の増加なので、元々DHTが多い人ならせいぜい10%くらいしか増えないでしょう。

アナボリックステロイド(筋肉増強剤)を使うと、テストステロン濃度が数百%以上増加しますが、普通の趣味程度の筋トレで、実感できるレベルで変化はないと思ってよさそうです。

良くも悪くも、遺伝子には勝てない。

DHTだけじゃない。筋トレと薄毛の関係

で、筋トレとハゲの関係はホルモンだけではありません。

筋トレと活性酸素

筋トレは、活性酸素を増やします。

活性酸素は、体調悪化・シワ・シミなど、人間の体に様々な悪影響をもたらすもの。

もちろん、髪にもよくないので、ハゲに繋がる可能性も否定できません。

ハゲ防止だけでなく、活性酸素に対抗するのは健康に生きるために必要なことです。

そのために、ビタミンEやビタミンCなどの抗酸化物質を摂取するのが効果的ですが、これは後で解説します。

筋トレとストレス

ストレスも、ハゲの原因に。

そして筋トレは、体にとってストレスになります。

ストレスといっても、精神的なストレスや肉体的なストレスがありますが、人間の体はこれを区別できません

もちろん、劣悪な生活習慣もストレスです。

筋トレ自体は問題なくても、私生活などでのストレスと合わさることで、髪への悪影響も考えられます。

もちろん、適度な運動が体に悪影響なわけがないので、極端に考える必要はありません。

ハゲと筋トレを統計で解明。筋トレマスターのハゲ率は?

ここまで色々書いてきました。

しかし、そんなのどうでもいいんですよ。

何を言っても、それはただの仮説。実際にハゲるかどうかなんてのは、結論が出ません。

それなら、実際に筋トレをしまくっている人たちは、ハゲなのか違うのか。

1番説得力があるのは、そこでしょう。

というわけで、ここからは筋トレマスターたちのハゲ率を見ていきます。

筋トレマスターとして、昨年のMr.オリンピアの各部門ファイナル出場者を比較してみましょう。

“息子”
Mr.オリンピアは、ボディビルのワールドシリーズみたいなやつです。

過去3年分くらい載せようと思ったのですが、出場者がわりと被っているのでやめました。

Mr.オリンピア2018 ボディビルのハゲ率

オリンピア2018のファイナルの画像はこちら。

ハゲっ・・・・・・・

どいつもこいつも似たり寄ったり・・・・・

つくか・・・・!!区別・・・!!!

5人中4人が丸ハゲです。

Mr.オリンピア2018 フィジークのハゲ率

フィジークというのは、ボディビルのように筋肉の大きさというより、全体のVシェイプのバランスを見る競技。

「海でカッコいい体」というイメージです。

2018年のフィジーク上位4人がこれ。

なるほどね・・・・・

ハゲは4人中1人。ちなみに優勝したのはその人です。

Mr.オリンピア2018 クラシックフィジークのハゲ率

クラシックフィジークは、ボディビルとフィジークの中間の競技。

こちらが2018年の上位4人。

別にハゲてないやん!!!!!

ハゲは4人中1人。

結果: 筋トレしてもハゲないんじゃね

というわけで、ハゲは13人中6人。

ハゲ率は一般人と変わりません。

というか、ハゲてる人もAGAではなく、ただスキンヘッドにしているだけですね。

何より、サンプル数が圧倒的に少ないので信憑性はゼロです。

ハゲ・薄毛(AGA)予防のために、トレーニーができること

筋トレでハゲるとか、あまり心配いらないと思います。良くも悪くも遺伝の前には勝てません。

「筋トレしたらハゲる」っていう思い込みによるストレスの方が多分ハゲます。

ここからは、ハゲ予防のためにトレーニーができることを解説していきます。

AGA予防法1: 5αリダクターゼを抑制する

上にも書きましたが、筋トレをしていると、栄養に気を使うので普通の人より栄養状態は圧倒的にいいです。

栄養摂取全般は、あまり問題ありません。

上に書いたように、薄毛はテストステロンと5αリダクターゼが結合して、ジヒドロテストステロンができるのが原因。

それなら、5αリダクターゼを抑制してやればいいんです。

5αリダクターゼを抑制するには、亜鉛が効果的。

そして、亜鉛は髪の毛を構成する成分、ケラチンを作るのにも必要になります。

亜鉛は肉や魚介類に多く含まれています

また、たまに「大豆に含まれるイソフラボンが薄毛に効く!」という話も聞きますが、あまり効果はないでしょう。

イソフラボンは女性ホルモンのようなもので、男性ホルモンを抑制するもの。

悪いのはジヒドロテストステロンであって、男性ホルモン全般ではありません。

男性ホルモンを減らしてもしょうがないというか、筋トレの効果が低下するので、あまり意識して大豆を摂取する必要はないです。

AGA予防法2: 抗酸化物質を摂取する

上に書いたように、筋トレをすると活性酸素が増えます。

ハゲにも繋がる可能性があり、老けるので抗酸化物質を摂取しましょう。

具体的には、ビタミンEとビタミンC。

ビタミンEは、活性酸素に対抗するだけでなく、脂質の酸化を防ぐ効果もあります。

頭皮の毛穴が脂で詰まることも軽減でき、この点からもハゲ予防に効果的。

ビタミンCは、抗酸化物質でありながら、それ自体が活性酸素を作り出す原因にもなるので、ビタミンEと一緒に摂取するのが大切です。

created by Rinker
NATUREMADE(ネイチャーメイド)
¥1,062 (2019/11/21 18:30:13時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
NATUREMADE(ネイチャーメイド)
¥1,273 (2019/11/21 09:25:32時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみに、活性酸素は喫煙でも増えます。

無理な減量をしない・変なサプリを飲まない

「減量=栄養失調」です。無理なダイエットは、栄養不足でハゲに繋がる可能性があります。

また、怪しいサプリを飲まないこと。何が入っているか分からないので、何が起きるか分かりません。

詐欺まがいのHMBなど、特に注意してください。

筋トレとハゲは関係ない。ハゲは何してもハゲる

何度も言うように、遺伝には勝てません。ハゲは宿命。

筋トレだって悪影響ばかりでなく、栄養状態がよくなったり、血行も改善します。

ハゲにビビって筋トレやめて、ビール腹になるのも最悪なので、筋トレはしましょう。

ハゲが心配で夜も眠れない方は、AGAの予防治療を検討してみてください。

AGAヘアクリニックなら、月々5,000円ほどで、ハゲが予防できます

そして本当にハゲてきたら、現実を受け入れて早いうちに手を打つのが吉。

月々2万円ほどで治療できます。

オンライン診療対応の【AGAヘアクリニック】

>>あなたも今日から副業パーソナルトレーナーを始めませんか?【筋トレ歴半年でもOK】

この記事のURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。

シェアボタンはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ダイナマイト息子』の主要コンテンツ

筋トレ・運動

>>筋トレと運動に関する記事

ボディメイクやダイエットの柱である「筋トレと運動」をテーマにした記事。筋トレや運動の効果的な方法や、コラムをまとめました。

食事・栄養

>>食事と栄養に関する記事

カラダづくりで最も大切な「食事と栄養」をテーマにした記事。効果的な栄養摂取の方法や、サプリメントなどに関するコラムも。

初心者向けの記事

>>筋トレ初心者向けの記事

特に筋トレをこれから始める方・始めたばかりの方におすすめの記事です。

女性向けの記事

>>女性向けの記事

ダイエット・美ボディメイクを目指す、女性におすすめの記事です。