サッカーが大嫌い。面白くない、つまらないと感じる5つの理由。

今年は4年に1度のワールドカップがあります。サッカーファンは盛り上がっていますね。

そんなサッカーなんですが、僕は嫌いです。理由は色々あります。

サッカーが嫌いという人はいるけど、わざわざその理由をきちんと説明している人はなかなかいませんよね。

サッカーが好きな人も、なぜサッカーが嫌いな人がいるのか理解できないかもしれません。

このままではアンチサッカーとサッカーファンの溝が深まるだけなので、今回僕が「サッカー嫌い」を勝手に代表しまして、サッカーが嫌いな理由をダラダラ書いていきます。

同じくサッカーが嫌いな人は、共感してください。

スポンサーリンク

点が入らないからサッカーが嫌い

さすがに、点入らなすぎでしょ。

まず、これが最大の理由です。サッカーは点が入らなすぎる

同じく点が入りにくいスポーツである野球の1試合平均得点は両チーム合わせて8点強、ホッケーは5.5点。

それに対して、サッカーの試合平均得点は3点未満です。

90分試合やって、3点も入らないんですよ。さすがに少なすぎ。

どんな球技でも、1番盛り上がるのは得点シーンです。それが少ないのは盛り上がる機会が少ないということ。

そして、得点が少なすぎることによる弊害もあります。

緊張感がない

ほとんど点数が入らないので、見ていてハラハラしない。まずゴールまでボールを持ち込むのが大変。

そしてシュートを打ったとしても、ほとんど外れるので「どーせ次も入んねえだろ」と思ってしまう。

それでいて、ちょっとトイレ行って帰ってくると、点が入っている。

緊張感がないのに、先が読めないんです。先が読めない展開というのは面白いものですが、緊張感がないなら話は別です。

バスケならトイレ行って帰ってくる程度の時間では、大量得点が入ることは稀です。野球なら得点が入る場面はだいたい予測できます。

格闘技ならインターバルが数分おきにあるのでトイレ行けます。サッカーは45分もあるので我慢してたら普通に漏らします。

1点の重みが大きすぎる

入る点数が少なければ少ないほど、「1点の重み」は増します。

同じく点数が入らない野球では、先制したチームの勝率は7割弱とされています。だいたい3回に1回程度は逆転勝ちが起きる計算です。

一方で、サッカーでは先制点を奪ったチームの勝率は7割弱。あれ?同じじゃん。

忘れてはいけないのが、サッカーでは引き分けが多いこと。延長をやらないので、引き分けの数がめちゃめちゃ多いです。

これを考慮しましょう。考え方を変えて、「先制されたチームが逆転勝ちする確率」は15%未満になります。8~7試合に1度しか逆転勝ちがない計算になるわけです。

最後までハラハラドキドキ、なんてのがない。先制されたら「うわー、よくて引き分けじゃん」と思ってしまいますよね。俺なら帰る。

引き分け。いや白黒つけろや。

なんや引き分けって。白黒つけろや。延長もやらないし。延長ないのはラグビーも同じなんですが、ラグビーはサッカーほど引き分けは多くないです。

90分間もやっといて、引き分けってなんだよ。延長やれや。

PK戦は運ゲーだからクソってのは分かります。1試合で3点未満しか点数が入らないから、延長やっても点が入る可能性が低いってのも分かります。

それでもサッカーの引き分けの多さは、どうかと思います。

サッカーは試合数少ないわけだし、体力的な面で考えても30分ぐらい延長やってもいいと思うんですけどね。

それかホッケーみたいに人数減らして延長やるか。

勝ち点制でリーグ戦をやっていて、引き分けありきでルールが出来てるから今更そんなこと言っても無理だろうし、サッカーファンからしたら、それが当たり前だから何とも思わないんでしょう。

ただ、そうでない僕からしたら、スポーツとして面白くないと思ってしまいます。

何があっても、キッチリ90分で決められた時間に試合が終わるのは、メリットかもしれませんが。

視覚的なスピードの遅さ

サッカーって、すげーー遅い。

分かってますよ。実際のスピードは速い。めっちゃ速い。僕が言ってるのは、視覚的なスピードです。

サッカーは、コートがアホみたいに広い上、スタジアムで観てる観客も、テレビでみてる人も、かなり引いた目線から観ることになります。

なので、スピードが遅く感じる。対して、狭いコートを爆走するバスケなどの方が、実際のスピードは遅くても速く見える。

点が入らない緊張感のなさと、この視覚的なスピードの遅さが合わさり、ものすごくダラダラして退屈なスポーツに感じるんです。

大げさに痛がるのがイラつく

なんでサッカー選手ってあんなに痛がるんですかね。

そりゃスパイク履いてるわけで、本当に痛いのもあるんでしょうけど、絶対痛くないだろってのが多すぎ。

ちょっとぶつかった(ぶつかってなくても)だけで、のたうち回って痛そうにしてますよね。お前、どうした?みたいな。

通勤ラッシュ時間の駅によくいる、「人にぶつかるのが趣味のサラリーマン」の方がよっぽど強くぶつかってきますよ。

そもそも本当に痛ければ、動けませんよね。のたうち回るとか無理。それで、のたうち回ってると思ったら、10秒後にはもうダッシュしてるし。

あんなことやってアスリートとして情けなくなんないのが不思議です。

ファンの民度が低い

まあ一部なんでしょうけどね。国内海外問わず、サッカーファンの民度って本当に低い。

まず、なんすかフーリガンって。わけわからん。どう考えても頭やばいだろ。

国内にしても、どっかのチームのファンがトチ狂った横断幕掲げたり、SNSで人種差別的な投稿したりしてましたよね。

他のスポーツでも、たまに人種差別が問題になることはあります。でも、それはその国の社会が人種差別にまみれてるだけであって、そのスポーツ特有の問題ではないことがほとんど。

例えば去年MLBのレッドソックス対オリオールズ戦でマチャドがレッドソックスファンに人種差別的なヤジを飛ばされた件とかありました。

しかし、アメリカは社会全体で未だに人種差別が横行している国です。これはスポーツ特有の問題ではありません。

その点、他国に比べて人種差別がほとんど見られない日本で、あのような問題が起きるってのは異常です。

あとW杯の時とか渋谷で大騒ぎしたりね。そんなにみんなで騒ぎたいならスポーツバーとか行けばよくね?なぜ公共の場で騒ぐ?

でもこういう奴らって実際サッカーは興味なくて騒ぎたいだけなんでしょう。

それもあって、国内に関していえば、サッカー好きな人がそんなに多いとは思えないんですよね。

日本代表の試合は盛り上がるけど、Jリーグは代表に比べて全然盛り上がってない。

普段は海外サッカーしか観ないって人もいるんだろうけど、そんなに多くはないでしょう。

サッカーが好きなら、ほとんどの人が国内サッカーも観るだろうから。

国内にJリーグっていうそこそこ高いレベルのリーグがあるんだから、サッカーが好きな人が本当に多いんだったらJリーグの観客動員数とか視聴率って今よりもっと増えてるはず。

バスケなら、Bリーグのレベルが低すぎてNBAしか観ないって人は多いです。それでも最近はマシになってきましたが、「今更観る気にもなんない」ってことでやっぱりNBAしか観ない人は多い。

でもJリーグは違いますよね。歴史もあるし、世界的に見ればレベルもそこそこ高いはず。ヨーロッパの主要リーグとかを考えるとボコボコでしょうけど。

日本代表は人気があるとはいっても、応援してる人のほとんどは「オリンピックで普段興味ないスポーツで自国アスリートを応援する感覚」で応援してるだけで、サッカーが好きな人はどれだけいるんでしょうか。

競技人口がスポーツの人気を決めるわけでもないですしね。バスケなんて競技人口クソ多くて『スラムダンク』もあるのに今までずっとマイナースポーツでしたから。

まとめ

サッカーも、ダイジェストとかゴール集なら面白いんですけどね。

国内で人気のスポーツということで、野球サッカーが比較されることも多いです。僕は野球好きですけど、野球がつまらないって言ってる人の気持ちは分かります。

あれは万人受けするスポーツじゃないと思うし、そもそも楽しみ方が他のスポーツとは違う。独特の間合いがあるんでね。

酒飲んでベラベラ喋りながら観るには最高のスポーツです。

サッカーの何が強いかって、やっぱりその手軽さですよ。

ボールひとつあれば、億万長者だろうが靴すら買えないストリートチルドレンだろうが、遊べます。

なんならゴールだって必要ないですよね。小学校の時ラインサッカーやりました。この手軽さは強すぎる。

実際、サッカー嫌いな人間が何と言おうと、ほんとに世界規模で人気あるスポーツはサッカーだけってのは事実です。W杯中のサッカーファン見てると羨ましいですよ。楽しそうで。

世界の隅から隅まで注目するスポーツですからね。本当の意味で「日本vs世界」が楽しめるのはサッカーW杯とオリンピックくらいです。

バスケも野球もラグビーも他のスポーツも本当の意味で世界的に人気があるわけではないか、どっかの国が突出して強い出来レースみたいな状態です。

と、こんな感じでサッカーが嫌いな人を勝手に代表して嫌いな理由を説明しました。

サッカーファンはこの記事読んでどう感じるのか興味あります。「なるほど」と思うのか、「それは違う」と思うのか、それとも「確かにそうだけどそれを補って余りある魅力がサッカーにはある」と思うんですかね。

サッカーファンに聞いてみたいところですが、そもそもサッカーが好きな人がこの記事を読むのか謎。

嫌いシリーズはこちら : 世界中で人気の”EDM”が大嫌い。ゴミ以下だと思う5つの理由!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です