新卒カードは最強じゃない。地獄行きのキップだ。捨てるのも選択肢の一つ。

新卒カード。

未だ中途採用が主流ではないこの国で、キャリアで最初に踏み出す第一歩は大切である。

何もスキルがない学生でも、和式便所でウンコが出来ない学生でも、「新卒」であるだけで、世界的な大企業にだって就職できる。

なので、新卒カードはある種「約束された将来、天国へのキップ」とされている。

はい、ここまではみんな知ってるお話。

一方で、ファーストキャリアでベンチャーを選ぶ人。

そもそも内定がない人。

就活だるいとか言って就活しない人。

色んな事情で、新卒カードを捨てる人がいる。

中には、自ら望んで「新卒カード」をゴミ箱に突っ込む人がいる。

しかし、一方で「せっかくの新卒カード」を捨てざるを得ない状況に、不本意ながら追い込まれてしまう人もいるだろう。

「新卒カード」は最強。だからぼくは絶対に新卒で就職するんだ!

いや、違う。

安心しろ!!!!!!!「新卒カード」なんてウンコだ!!!!!!!!

スポンサーリンク

新卒カードは地獄行きのチケット

新卒採用が、特権なのは事実

「新卒」であるだけで、オムツすら変えられない学生であっても、採用される。

これは確かに特権だ。

海外ならば、専門性が前提になるため、インターンを通じてスキルを身につける必要がある。

そして、いきなりドでかい会社に就職なんてことは少なく、転職を繰り返してキャリアアップしていく。

そう考えたら、大学出ていきなりスーパーイケイケの大企業に就職できる日本の新卒採用は素晴らしい。最高。

しかし、その先に待ち受ける未来はどうだろうか。

“息子”
どうって言われても、知らねーよ

日本のいかれた労働環境

「karoshi」が英語でそのまま通じるという一発ギャグ。なんやそれ。モーレツすぎるだろ。

考えてみれば、このギャグがクールジャパンの全てを物語っている。

残業、パワハラ、理不尽な年功序列、生産性はクソ、給料は安い、頭のおかしい満員電車。

理系の専門職に「入社数年は現場を経験してくれ」とか意味不明なこと言い出すし。

まだまだこんなもんじゃねえぞ、、、

税金は無駄遣いするくせに高い、年金は払い損、若者は選挙に行かないから老人優遇、そしてあと10年もすれば国民の3人に1人が高齢者になる。

こんなんでも、一応2050年時点での国ごとのGDPを予測すると、日本はトップ10には入ってるんだよね。

“息子”
バブルの遺産、やべーな

だがしかし。ここで南海トラフやら首都直下やらで一発デカい地震でも来てみろ。えらいことになるぞ。

関東大震災やら太平洋戦争の被害から立ち直った、あの頃の日本じゃないんだよ今の日本は。

シンゴジラを観れば分かるように、官僚クンたちにまともな対応は出来ないだろう。

どこが政権を握っていようが関係ない。

その時には、よほどの大企業でもない限り、会社の存続すら危うくなるかもしれない。

JALや東芝ですら、震度0で終了したわけだし。

この国で働くとは、そういうことだ。

“息子”
大切なことはすべてシンゴジが教えてくれた

地獄行きのチケットに価値はない

何も「日本で働くこと」や「新卒カード」そのものを否定してるわけじゃない。

ただ「新卒カード」って別に言うほど価値なくね?

「新卒カード」が、ウォンカのチョコレート工場行きの黄金チケットみたいな扱いされてるのって、変じゃね?っていう話。

そりゃ海外と違って「新卒」ってだけで就職できるのは最高だけどさ。その先待ってるのが地獄なら意味ないじゃん。

確かに「せっかくの新卒カード、使わなきゃもったいない」とかよく聞く。

でも、それってリク○ートとかその辺の「就活ビジネス」でオマンマ食ってる連中が、市場が盛り上がるように仕向けてるだけとしか思えないんだよね。

だから、新卒カードは最強でもなんでもない。ドブに捨てたって心配することはない。

捨ててどうすんだ、お前責任とれるのか

ぼくは責任取れません。

責任取れませんが「新卒カードを捨てた後、どうするべきなのか」は、書いておきます。

これは単純。

結局、スキルを身につけることに尽きる。

自分で食っていけるスキルがあれば、仮にこの国がブッ飛んでも、脱出してどこかで生きていける。

これは何も、新卒カードを捨てた人だけに関わる話じゃない。

仮に新卒で就職しても、今は転職が前提の時代だ。結局スキルが問われることになる。

今までのように「会社に食わせてもらう」時代は終わった、というだけ。

自分の力で飯を食わなきゃいけない。

「スキルって具体的になんだよ」とか、そういう疑問を持った方。

詳しくは、この記事を読んでもらいたい。中盤あたりに書いてるよ。

読んでくださあい

まとめ

東大やら京大といった極一部のエリート学生は、新卒カードを大いに利用して、ベインやらゴールドマンに入社出来るかもしれない。

しかし、そうでない他の大多数の学生にとって、新卒カードなんてものは、拘るほどの価値はない。

そうは言っても、先が見えないのは不安かもしれない。

大丈夫だ。

よほどのホワイト企業に就職するのでなければ、行き先は地獄だと分かっている電車に乗るのと同じ。

そして新卒カードを捨てた先には、流行りのIT社長になりバカ儲けして、石原さとみと結婚できる人生が待っているかもしれない。

そんなに心配しなくても、なるようになるさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です