月に5万円を削り出せ!プロのかんたん節約テクニック大公開。

この記事は、約8分で読めます


こんにちは。ドケチです。

給料は低いのに、何かと国にお金を持っていかれるこのご時世。

「お金が増えないのに、減っていく」ばかりですね。

そんな時だからこそ、大切なのが節約

お金を使わなければ、増えるのと一緒ですからね。

とはいえ、節約といえば「外食を減らす」など、支出を切り詰めるという方法が一般的ですよね。

分かってはいるんですが、なるべく我慢はしたくない。今の生活を維持したい。

そう思うのは当然です。

実は、生活の中で「我慢をしなくても」少し気を使うだけでカンタンに支出を減らすことができるのです。

かくいう僕も、今回紹介する方法で、月に5万円を節約することができました。

さっそく、その方法を紹介していきます。

この記事で得られるもの

月に5万円を「我慢しないでカンタンに」節約する方法

スポンサーリンク

その1.格安SIMに乗り換え 「5000円節約」

3大キャリアは、詐欺。

節約のド定番、格安SIM。

日本の携帯料金は高すぎるので、格安SIMに乗り換えましょう。

これだけで5,000円節約できます。

3大キャリアの、平均通信費は、月額で8,000円。

“息子”
もっと払ってる人もいるよね!

一方、格安スマホでは、平均通信費が3,000円です。

これは平均です。場合によっては、2,000円未満にすることもできますよ。

「格安スマホってよく聞くけど、めんどくさそう、、、」と思うかもしれませんが、本当にめんどくさいのはドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリア。

複雑な料金体系、謎の2年縛り、ムダなオプションなどなど、、

もしあなたが、何も考えずに3大キャリアでスマホを使っているなら、騙されてると思っていいでしょう。

格安スマホには、めんどくさい2年縛りとか、複雑なシステムはありません。

電話番号もそのまま、乗り換えることができます。

方法はカンタンです。

  1. 公式サイトから、申し込む
  2. SIMカードが家に届く
  3. スマホのSIMロックを解除
  4. SIMカードを入れ替える

たったこれだけです。

“息子”
ショップに契約に行く必要もなし!

違約金などを考えても、格安SIMが安い!

更新月以外に解約すれば、違約金がかかりますし、端末代も完済まで払い続けることになります。

しかし、それを考えても格安SIMの方が安くなるのです。

3大キャリアの場合、月々の料金が8,000円だとしましょう。

そのうち、端末代が4,000円ほど。

格安スマホに乗り換えると、月々2,000円で運用できます。

それに4,000円の端末代をプラスしても、6,000円。

つまり、端末代が残っていても、2,000円もオトクになる計算になります。

もちろん、端末代を払い終われば、この4,000円はなくなりますね。

乗り換えるなら、今。

格安スマホに乗り換える人は、年間1500万人。

3大キャリアを使っているだけで、損をするのが今の状況。

格安スマホに乗り換えるのが、遅れるほど、ムダなお金を払わされるのです。

今すぐ乗り換えましょう

UQモバイルがおすすめ

具体的には、UQモバイルがおすすめ。深キョンのCMのやつ。

まず、安い。なんといっても安い。

データ通信専用プラン(通話なし)で、月々1,980円。しかも通信容量無制限

通信制限に悩むこともありません。

「LINEがあれば、電話は使わない」という人も多いと思います。

音声通話が可能なプランでも、データ通信2GBなら1,980円。6GBで2,980円。

そして、もう一つのポイントが、通信速度

格安スマホは、3大キャリアに比べ、通信速度が劣る場合があります。

しかし、UQモバイルの通信速度は、3大キャリアと遜色ありません。爆速です。

さすが深キョン。

最近は色んな業者から格安スマホが出ていますが、スマホで何よりも大切な「安さ」「通信速度」の2つを満たしているUQモバイルが最高です。

お申込みは、こちらからどうぞ↓

その2.クレジットカードを変更 「数千円~数万円節約」

まず、クレジットカードを「使おう」

本当に節約したければ、クレジットカードで払える場面はクレジットカードで払いましょう。

「お金を使った気がしないから、現金がいい」という人がいますが、これは勘違い。

今では、どのクレジットカードもスマホで明細の確認ができます。

現金は使ったら使いっぱなし。一方、クレジットカードは記録がすぐ見れる。

クレジットカードの方が、お金の管理がしやすいんです。

何より、クレジットカードは「使えば使うほど、自動でお金が貰える」カードです。

使えば使うほど、ポイントが貯まるからです。

だからこそ、節約にはクレジットカードが必須。

いつもの支払いを、カードに変えるだけで、かなりの節約になるんです。

選ぶべきは、現金に近い感覚で使えるポイントシステムを持つクレジットカード。

節約には、Yahoo! JAPANカードが最強。

具体的には、「Yahoo! JAPANカード」が最強です。

Yahoo! JAPANカードは、通常は還元率1%、100円につき1ポイントが貯まります。

永年年会費無料カードでは、トップクラスの還元率。

そして、貯まるポイントはTポイントです。

日本全国、あらゆる店舗で使えるTポイントが貯まります。

大げさじゃなく、「使えば使うほど、お金が増える」のがオリコカードザポイントです。

“息子”
現代日本で最強のクレカ。

買い物をすればするほど貯まるので、大家族の方などは、これだけで数十万のお金を浮かせることも。

お申込みは、こちらからどうぞ↓

その3.時間を節約して、お金を増やせ 「2万円節約」

「お金を節約する」以上に大切な考え方

「お金」を節約するのは大切です。

しかし、いくら節約したところで、マイナスが減るだけ。プラスは生まれません。

最近は、スマホを使い、スキマ時間でカンタンにお金を稼ぐことができます。

「節約しなきゃ、、、」と考えると、何となく窮屈な気持ちになってしまいますよね。

“息子”
それよりも、パパっとお金を稼ぐほうが、精神的にラクですよ。

スキマ時間で、クラウドソーシングを利用する

毎日の通勤時間、家事の合間のちょっとした時間など、1日の中には意外とスキマ時間があるものです。

通勤時間なんて、人によっては往復で2時間とかある人、普通にいますよね。

1日の中で、それらのスキマ時間を合計すると、かなりの時間になります。

この時間、何もしないのはもったいなすぎる。

この時間で、時給2,000円、3,000円を稼ぐことも可能です。

そのために、クラウドソーシングを使いましょう。

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングとは、インターネットで完結するバイトのようなもの。

ココナラが有名ですね。

仕事の受注から、お金の受け取りまで、全てネット上でカンタンに完結します。

クラウドソーシングへの登録もカンタン。

トラブルがあっても、クラウドソーシングサイトが仲裁してくれます。

そんなクラウドソーシングには、いろいろな仕事があります。

“息子”
「恋愛相談」とかもあったり!

クラウドソーシングで何すんの?

コスパ最強。Webライティング

僕がおすすめするのは、「Webライター」。

Webライターは、名前の通り、文章を書く仕事。

難しく感じるかもしれませんが、特別なスキルは必要ないので、気軽に始められます。

Webライターがスキマ時間に向いている理由は、

  • 需要が高い
  • スマホ1つで可能
  • やればやるほど、時給UP
“息子”
それぞれ見ていきましょう!

需要が高い

Webライターの需要は、高いです。

というのも、インターネットには日々、この瞬間にも、新たなコンテンツが現れています。

そのコンテンツを書くのは、Webライターの皆さんなんです。

スマホがあればOK

また、Webライターのお仕事は、スマホ1つでパパっとできます。

だって、「文章を書くだけ」ですから。

やればやるほど稼げる

そして、経験を積むにつれて、単価がドンドン上がっていきます。

クラウドソーシング内での、あなたの評価が高まると、その分単価の高い案件を受注できるようになるというわけです。

最初は、1文字0.3円~0.5円あたりからスタートという場合が多いです。(専門知識があれば、更に高くなる)

半年程度で、1文字1円に到達できる人もいます。

慣れてくると、1時間に3,000文字くらい余裕で書けます。すると、時給3,000円ですよ。

毎日の通勤時間が、1時間だとしても、その1時間で毎日3,000円稼げちゃいます。

土日を抜きにして、1ヶ月で60,000円です。

本当に、スキマ時間でこれくらい稼いでる人は、ザラにいます。もっと稼いでる人もいます。

もちろん、文字単価は1文字1円がゴールではありません。その道で食べているプロなどは、1文字10円なんていうバケモノもいるんです。

何度も言いますが、特別なスキルは必要ありません

ちなみに「文章を書く」といっても、学生時代のレポートとは全く違います。

テーマや、見出しが指定されている場合が多いので、書きやすいですし、何よりテーマは身近なものが多いです。

人によっては、最初からスラスラ書けちゃうでしょう。

そうでなくても、1ヶ月もすれば慣れますよ。

何より、その先には時給3,000円が見えるんです。やらない手はないでしょう。

Webライティング以外には?

Webライター以外には、外国語ができるのであれば、翻訳もおすすめです。

英語なら、TOEICが800点程度あれば、受注できる案件も多いですよ。

あとは、お絵描きが上手なら、イラスト制作など。

「こんなの役に立つの?」という自分の知識や技術が活かせるのが、クラウドソーシングです。

おすすめクラウドソーシングサイト

クラウドソーシングサイトも、最近は増えてきました。

その中でも、おすすめはクラウドワークスです。

現在、日本で最大級のクラウドソーシングサイトで、案件も多く、サポートも充実しています。

クラウドワークスに登録しておけば、クラウドソーシングの案件探しに困ることはありません。

登録も3分で終わり、今日からすぐに稼げちゃいます。

登録は、こちらからどうぞ↓

時間がない人は、時間を作ろう

そもそも、「スキマ時間がない」人もいるかもしれません。

サラリーマンであれば、通勤時間だけで毎日1時間以上を確保できますが、そもそも「通勤」をしない人もいるでしょう。

そんなときは、ムダな時間を削るのがいいでしょう。

ムダな時間と言えば、買い物。

スーパーまでの往復が30分。買い物が30分。

「買い物めんどくせ〜〜」などとダラダラしていると、もって時間を持っていかれます。

この時間は非常にムダ。

ただでさえ、忙しい毎日。買い物の時間は本当にムダです。

買い物時間をなくすだけで、1時間を生み出せます。

最近は、ネットスーパーのサービスが充実してきています。

イトーヨーカドーのネットスーパーは、1回の配達で、364円の配達料がかかりますが、全て家まで運んでくれます。

「毎回364円も払うの?たけーよ」と思うかもしれません。

しかし、買い物に行く時間でクラウドソーシングの案件をこなせば、364円なんて余裕で回収できますし、その何倍もの金額になって返ってきます。

大変おすすめです。

2つの発想で、お金を増やそう

今回紹介した方法は、どれかひとつだけでも大きな節約効果があるもの。

人によっては、5万円といわず、もっと節約できる人もいるでしょう。

少し行動するかしないかで、これだけの差が出ます。

今すぐ行動しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です