あなたも副業でパーソナルトレーナーをしませんか?【筋トレ歴半年でもOK】

スティーブン・カオ Steven Caoの全て|アジア人最強フィジーカー

こんにちは、パーソナルトレーナーのダイナマイト息子(@dynamitemusuko6)です!

アジア人フィジーカーでトップの実力を誇り、日本でも人気が高いスティーブン・カオ

まだ25歳と若いながら、アーノルドクラシックへの3年連続出場が決定しているなど、勢いのある選手です。

この記事では、そんな彼の経歴・トレ・食事などを徹底解説していきます。

>>あなたも副業でオンラインパーソナルトレーナーを始めませんか?【筋トレ歴半年でもOK】

スティーブン・カオのプロフィールと経歴

・Steven Cao
・体重 177.5cm
・身長 83.9kg~88.5kg

>>公式インスタ
>>公式YouTubeチャンネル

バスケ部のトライアウトに落ち、筋トレを開始

スティーブンカオは、1994年にアメリカのニュージャージー州で中国系の両親の元に生まれました。

幼い頃から負けず嫌いで、バスケ好きな子供だったそうです。

高校に入学した時、彼は挫折を経験します。

バスケ部のトライアウトに落ちてしまったのです。

“息子”
アメリカの部活は、トライアウト制が一般的!

彼の身長では、通用しないと思われたからです。

そこで、スティーブンカオは考えました。「身長は伸ばせないけど、筋肉は増やせるやん」と。

彼の高校には生徒が自由に使えるジムがあり、そこで筋トレを開始しました

最初はバスケ部に入ることが目的で筋トレをしていましたが、少しずつ目的が変わっていきます。

マッチョになっていく自分の体を見るのが楽しくなってきたのです。

本格的に筋トレを開始|プロフィジーカーへ

16歳になり、近所のジムに入会できるようになったカオは、すぐにジムに入会。

この時、体重は55kgでしたが、2年後には70kgオーバーになるまで筋量を増やしました。

その後も筋トレを続け、かなりの筋肉に。

自身もつき、フィットネスの世界で食っていく決意を固めた彼は、友達に勧められて初めてフィジーク大会に出場しました。

2016年、舞台はNPCのJohn Kemper Classic。ニューヨーク地域のアマチュアトップクラスの大会です。

ここで、いきなりフィジークのオーバーオールを制覇

「俺、いけるやん」と思ったカオは、次々と大会に出場し、好成績を残します。

彼は当時からSNSやYouTubeでの発信に力を入れていたので、ファンも多く、アマチュア選手ですがジムシャークなどスポンサーが既についていました。

そして、そのままの勢いで2017年のNPCジュニアナショナルズを制覇し、プロカードを獲得しました。

この動画は、スティーブンカオの16歳から21歳までの体の変化を追ったものです。

ごくごく一般的な体型からの、トップフィジーカーへの変貌ぶりがすごいです。

プロとしてのスティーブン・カオ

プロデビュー戦は、2017年のサンノゼプロ。4位に入賞しました。

2018年はアーノルドクラシックに出場し、6位に。

“息子”
アーノルドクラシックは、招待制のため「選ばれた者」しか出場できません。

その後も、タンパプロで3位に入賞するなど結果を残していますが、プロ戦での優勝経験はありません

しかし、まだ25歳と若いので、まだまだこれから。

個人的に、大好きな選手の1人で、アジア人初のオリンピア制覇を期待しています。

2020年は、まずアーノルドクラシックへの出場が決定しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

STEVEN CAO(@stevencao_)がシェアした投稿


これは彼女さんです。海外フィジーカー・ボディビルダーの彼女とか嫁さんの美人率の高さは異常。

—2020年3月13日追記—

スティーブンカオは、2020アーノルドクラシックで3位に入賞しました。

並み居る強豪を押しのけての好成績。オリンピアでも上位入賞が期待できそうです。

スティーブン・カオのトレーニング

トレーニングは基本的なもの。セット数は3~4セット、レップ数は8~12レップがメイン。

胸トレの例

・インクラインダンベルプレス
・マシンチェストプレス
・インクラインダンベルフライ
・ディップス
・腕立て伏せ
・ケーブルクロス

背中トレの例

・懸垂
・ベントオーバーロウ
・ケーブルロウ
・Tバーロウ
・ラットプルダウン
・クローズグリップラットプルダウン

肩トレの例

・ダンベルショルダープレス
・アップライトロウ
・オーバーヘッドプレス
・フロントレイズ
・サイドレイズ
・ケーブルリアデルトフライ

脚トレの例

・レッグエクステンション
・ルーマニアンデッドリフト
・レッグプレス
・レッグカール
・スクワット

腕トレの例

・ダンベルカール
・オルタネイトカール
・ハンマーカール
・プリーチャーカール
・トライセプスプレスダウン
・ケーブルエクステンション
・スカルクラッシャー
・ディップス

彼のYouTubeチャンネルでも、トレーニングの様子を観ることができます。

スティーブン・カオの食事とサプリ

使用しているサプリは、スポンサーのBPIのもの。

・プロテイン
・クレアチン
・BCAA
・プレワークアウト
・ベータアラニン
・ファットバーナー

を摂取しています。

寿司が好きらしいです。

食事の例(増量期)

1食目

・卵白283g
・全卵3
・肉50g
・チーズ30g
・ほうれん草

2食目

・胸肉170g
・白米170g

3食目

・エビ170g
・白米170g

4食目

・おかゆ50g
・アーモンドバター16g
・プロテイン

5食目

・テラピア170g
・白米170g

6食目

・プロテイン
・アーモンドバター16g

食事の例(減量期)

淡白な食事になりがちな減量期ですが、カオは料理を勉強して味付けを頑張っているそうです。

1食目

・プロテイン
・アーモンドバター12g

2食目

・牛肉170g
・白米113g

3食目

・テラピア170g
・白米113g

4食目

・胸肉170g
・ブロッコリー113g

5食目

・プロテイン
・アーモンドバター16g

スティーブン・カオの画像

(彼のスポンサーのアパレルブランド、ジムシャークのモチベ爆上げ動画)

アジア人最強フィジーカーを見逃すな

一昔前は、フィットネスにおいて世界レベルで活躍するアジア系の選手はほとんどいませんでした。

しかし、今は彼のようにカッコいい選手も出てきています。

彼と日本人のIFBBプロ選手たちが同じステージで戦う日も遠くないはずです。

これからも楽しみですね。

>>あなたも副業でオンラインパーソナルトレーナーを始めませんか?【筋トレ歴半年でもOK】

この記事のURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。

シェアボタンはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

月間10万人が読む、NSCA認定パーソナルトレーナー運営のフィットネスメディアです。国内外の情報を元に、筋トレやダイエットに関する正しい情報をどこよりも分かりやすく解説しています。「ダイエットしたい」「マッチョになりたい」など、一人ひとりの目的に合わせたボディメイクをサポートします。