[ワイヤレスイヤホン]SoundPEATS Q30のコスパが異常すぎてBeats買ったの後悔した

iPhoneは7からイヤホンジャックが抹消され、帰らぬ人となりました。Appleさんが、半ば強制的にBluetoothへの移行を薦めてきたわけです。

それに加え、ここ最近Bluetoothイヤホン、ヘッドホンの品質が向上したことで、通常のイヤホンから無線イヤホンに変える人が増えたような気がします。

街を歩くと、Appleの無線イヤホンである、うどん(通称AirPods)やBeats製品などなど、みなさん色々なイヤホンを使ってますね。

Bluetoothイヤホンって想像以上に便利で、一度使うともう有線は煩わしくて使用不可能になります。

だいたいBluetoothイヤホンって、1万から2万ぐらいが平均的な価格帯。うどんやPowerBeatsもこの価格帯です。ところが!

SoundPEATSというブランドのQ30という製品は、なんと税込3380円

しかも何がヤバいかというと、この価格破壊っぷりに対して、何一つ犠牲にしていないという事実。
無線イヤホンにありがちなバッテリーの心配、防水、音質などなど、5倍以上値段が張る他のイヤホンに比べ、品質面で何も劣らないんです。最高に欲張りなイヤホン。

僕はPowerBeats3も持っているのですが、まじで遜色ないです。と言っても信じられないと思うので、レビューします。

スポンサーリンク

ヤバさ1:安すぎ

SoundPEATSは、中国のメーカーです。

ですが、Q30は”中国製品”で真っ先に思い浮かべるであろう、低品質な大量生産された量産型女子大生みたいな品質じゃないから驚き。中国には絶対に勝てない。まさにこの一言。

もう一度言います。3380円です。

参考までに、PowerBeats3が19251円、うどん(通称AirPods)が21598円です。

僕は勝手なイメージで、Bluetoothイヤホンはこれくらいの額を出さないと、まともな製品は買えないもんだと思いこんでいました。だって普通のカナル型イヤホンですら1500円ぐらいするし。

なんで、このQ30の値段を見た時は、『絶対に中国には勝てない』以外の感想が浮かびませんでした。

ところが、よく考えてみると意外とそんなもんなのか?と思ったんですよ。iPhoneXの原価が4万円ほど、それを12万ほどで売ってます。

とすると、Beatsやうどんも、ブランド料に金を払っているだけで、実際はもっと安いもんだろうと。さらに、Q30は中国という地上最強国家のメーカーであることを考えると、意外と納得いく価格設定なのかと。

ちなみに国産イヤホンでも、5000円ぐらいから買えたりしますが、品質はお察し。バッテリーも弱いし、だめ。国産であれほどの値段、品質を両立させるのは無理です。安物買いの銭失いになります。Amazonのレビュー見れば分かりますよ。

ヤバさ2:バッテリーが強すぎ

安いから、バッテリーもチンケなもんだと思うかもしれませんが、バッテリー持ちもめちゃくちゃ良いんです。

公式によると、8時間の連続音楽再生が可能です。これって、PowerBeatsと同じです。AirPodsより長いです。

AirPodsは、ケースが充電器になっているので直接比較はできませんが、値段を考えるとヤバすぎることが分かると思います。

てか、外に持ち出しても四六時中音楽聴くわけじゃないし、8時間もあれば、どんな人でも1日は余裕で使えます。

僕の場合、感覚としてはフル充電で3日ぐらい持ちます。

しかも、1時間半でフル充電できるので、朝起きて充電器しても、家を出る頃には充電が終わってます。朝起きて3秒で家出る、のび太みたいな奴なら知らんけど。

ヤバさ3:安心のIPX6防水

このイヤホンは、防水仕様になっています。なので、運動する時や、シャワー浴びるときでも使えます。

一口に防水といっても色々あるんですが、このIPX6ってのはかなり強いので安心できます。

どれくらい強いかというと、100L/分の水を3分以上ホースでぶっかけても壊れないレベルです。こんな機動隊の暴徒鎮圧みたいなことやっても壊れないわけですから安心です。

ぼくは毎日風呂はいる時に使ってますが、壊れる気配はありません。

ヤバさ4:怒涛の1年保証

なんとこのQ30、この安さで1年保証がついています。中東の戦場に持って行った際に、爆発に巻き込まれ故障したとしても、大雪でイヤホンが凍死したとしても、理由はなんであれ無償で新品に交換してくれます。

いくら防水製品と謳っていても、浸水して壊れることがあるもんですが、それでも心配ないです。

なんなら、壊れてもいないのに交換もできます。

正確に言うと、交換ではないんです。メーカーに”壊れたわ”とメールすると、一方的に新品を送ってきてくれるんです。故障したやつを送り返す必要はありません。

多分安すぎるから修理しない方が利益出るんでしょうね。

ヤバさ5:音質もよし

Bluetoothイヤホンは、勝手なイメージで音質が悪いものだと思っていましたが、全然そんなことありませんでした。

音質厨が言うところの、”重低音が響く”あの感じ。Q30でもしっかり味わえます。もちろん、無線だからといって、音飛びなどもありません。

なんか欠点あんの?

ありません。だいたいなんか製品紹介するときは、デメリットも書くんですが(その方が読者が安心する)Q30に限ってはまじでありません。PowerBeatsも使ってますが、品質面で一切劣りません。

Beats製品や、AirPodsはApple製品と親和性が高いので、ワンタッチでペアリングできたりしますが、別にQ30だってすぐペアリングできますからね。

一度ペアリングすると、次からは電源入れれば勝手に繋げてくれるし。本当に不満がなさすぎです。多分人生で買ったものの中で”コスパいい部門”余裕で1位だと思う。

まとめ

Bluetoothイヤホンは、本当に便利です。コードが絡まることもなくなるし、何かに引っかかることもなくなります。

スマホと5mくらい離れても、通信は途切れません。

Q30は、イヤホンの両側に磁石がついていて、使わない時はネックレスのように首にかけておけます。

iPhone使ってる人で、変換コネクタ使いながら有線イヤホンを使っている人も多いと思いますが、せっかくなのでBlutoothイヤホンを使ってみてはいかがでしょうか。

3000円なんて飲み会1回分です。本当におすすめです。

関連記事グラミー賞5冠、アデルの魅力4つ! Hello他、オススメ曲も

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です