あなたも副業でパーソナルトレーナーをしませんか?【筋トレ歴半年でもOK】

リーガングライムス Regan Grimesの全て|未来のMr.オリンピア王者

こんにちは、パーソナルトレーナーのダイナマイト息子(@dynamitemusuko6)です!

近い将来、ボディビル界の頂点に君臨するであろう若きホープ、リーガングライムス

26歳とまだ若い彼(しかも筋トレ歴たった10年)は、今後無限の可能性を秘めた選手です。

また、2019年のジャパンプロでは3位に入賞。日本でも高い人気を誇ります。

今回は、そんな彼の経歴・トレーニング・食事内容など全てを徹底解説していきます。

>>あなたも副業でオンラインパーソナルトレーナーを始めませんか?【筋トレ歴半年でもOK】

リーガン・グライムズのプロフィールと経歴

・身長 180cm
・体重 93kg~113kg
・上腕 45cm
・胸囲 125cm
・ウエスト 78cm
・もも周り 71cm

>>公式インスタ
>>公式YouTubeチャンネル
>>公式Facebookページ

筋トレを始めたきっかけは、モトクロス

リーガングライムズは、1993年にカナダのオンタリオ州で生まれました。

父親がバイク好きだった影響で、リーガンも小さい頃からモトクロスを楽しんでいたそうです。

小さい頃は、単純にモトクロスが楽しくてやっていましたが、大きくなるにつれて楽しめなくなっていきました。

それは、彼が勝てなかったからです。

負けず嫌いのリーガンは、何が原因なのか考えた結果、フィジカルの弱さが原因だと考えたのです。

モトクロスでは、激しい動きの中でバイクをしっかりとコントロールするために、強い腕力や背筋力が必要になります。

というわけで、フィジカルを強化するためにジムの門を叩きました。これが17歳の時。

スマホでトレーニング動画を観てフォームを確認しながらトレーニングしていたそうです。

モトクロスは忘れて筋トレに熱中|完全に筋トレの世界へ

(筋トレ始めて1年、18歳の頃)

最初はモトクロスのためにジムに通い始めたリーガンですが、次第に目的が変わってきます。

筋トレでモトクロスのパフォーマンスが上がるより、自分の身体が日に日にデカくなるのを見る方が楽しくなってきたのです。

また、単純に「重いものをブチ上げる」こと自体にもハマっていったリーガン。

いつの間にか、モトクロスのことは頭から消えていました。

IFBBプロのトレーニング動画を観ながら筋トレに励むと、なんと筋トレを始めて1年後にはもう地元のボディビル大会に出場しています。

さらにリーガンがすごいのは、この時点で既に自身のビジネスも並行して始めた点

21歳の時には、地元にジムを開業。サプリやアパレルの販売も開始しました。

また、YouTubeチャンネルも作ったことでスポンサーも獲得。

IFBBプロになる前に、既にここまでやっていたのだから恐ろしい男です。

プロとしてのリーガン

(ジャパンプロ2019のリーガン)

その後も順調に筋トレを続けると、2014年にはプロカードを獲得。

その後、しばらくプロで戦える体作りに専念し、2017年にデビュー。

デビュー当時は、まずボディビル部門で戦っていました。

バンクーバープロで2位に入賞するなど、それなりの結果を残していましたが、翌2018年はクラシックフィジーク部門への転向を表明

ニューヨークプロで優勝し、オリンピア出場権を獲得すると、8位に入賞。

“息子”
ちなみに、同じカナダ人で2歳年下のクリスバムステッドは2位に入賞しています。リーガンは相当悔しかったでしょう。

オリンピア初出場で8位という、我々凡人からすれば上出来な結果すぎる結果です。

しかし、上を目指すリーガンは、また新たな決断をしました。

2019年シーズンから、オープンボディビル部門に再転向すると表明したのです。

体重を95kgから110kg以上まで増やし、しっかりボディビルに合わせていきました。

そして、初戦のルーマニアプロで3位に入賞すると、11月のジャパンプロでも3位に入賞。

“息子”
ジャパンプロはめちゃくちゃ盛り上がりました!

2020年は、さらにレベルアップして本気でオリンピアを狙いに行くでしょう。

まだまだ若いだけに、今後も非常に楽しみです。彼女さんのためにも頑張って欲しいですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

REGAN GRIMES(@regangrimes)がシェアした投稿


見てくださいこの画像のシュールさ。

彼女さんも、競技者ではありませんが筋トレ好き。仲良く合トレしています。

リーガン・グライムスのトレーニング

トレーニングに関しては、強いパンプアップを意識しているようです。

胸トレの例

・ケーブルフライ
・インクラインチェストプレス
・チェストプレス
・ダンベルプレス
・ケーブルクロス

背中トレの例

・リバースグリップラットプルダウン
・ダンベルロウ
・Tバーロウ
・ケーブルロウ
・マシンロウ
・デッドリフト
・クローズグリップラットプルダウン

肩トレの例

・ショルダープレス
・ケーブルサイドレイズ
・フロントレイズ
・マシンリアデルトフライ
・サイドレイズ
・ケーブルフロントレイズ

脚トレの例

・レッグカール
・レッグプレス
・フロントスクワット
・レッグエクステンション
・スタンディングレッグカール
・スティッフレッグドデッドリフト

腕トレの例

・トライセップスプレスダウン
・ディップス
・クローズグリップベンチプレス
・スカルクラッシャー
・ケーブルカール
・プリーチャーカール
・ハンマーカール
・バーベルカール

リーガン・グライムスの食事

最近のビルダーの多くは、オフでもリーンな食事をしますがリーガンは違います。

オフはドカ食いで「多少の脂肪は気にしねえ」タイプです。

たまにYouTubeにやたらデカいハンバーガーを食べる様子をアップすることも。

食事の例(増量期)

1食目

・七面鳥226g
・玄米200g
・りんご
・オレンジジュース

2食目

・ハンバーガー
・ポテト
・シェイク

3食目

・ステーキ226g
・パスタ500g
・バナナ
・オレンジジュース

4食目

・てりやきチキン
・白米200g
・バカでかいパンケーキ3つ(バナナとチョコソース)

5食目

・ステーキ226g
・パスタ500g
・バナナ
・りんごジュース

6食目

・プロテイン2杯
・シリアル

リーガン・グライムスの画像と名言

さすがクラシックフィジークで戦っていただけあって、バキュームが半端ないです。

(モチベーション動画)

>>あなたも副業でオンラインパーソナルトレーナーを始めませんか?【筋トレ歴半年でもOK】

この記事のURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。

シェアボタンはこちら

コメントを残す

ABOUT US

月間10万人が読む、NSCA認定パーソナルトレーナー運営のフィットネスメディアです。国内外の情報を元に、筋トレやダイエットに関する正しい情報をどこよりも分かりやすく解説しています。「ダイエットしたい」「マッチョになりたい」など、一人ひとりの目的に合わせたボディメイクをサポートします。