あなたも副業でパーソナルトレーナーをしませんか?【筋トレ歴半年でもOK】

レイウィリアムズの全て|バケモノ級パワーリフターの恐るべき記録など

こんにちは、パーソナルトレーナーのダイナマイト息子(@dynamitemusuko6)です!

スクワットの世界記録を持つ男、レイウィリアムズ。

その記録は、なんと490kg

この記事では、そんなバケモノな彼の経歴・記録・トレーニングなどを徹底解説していきます。

>>あなたも今日から副業パーソナルトレーナーを始めませんか?【筋トレ歴半年でもOK】

レイウィリアムズのプロフィールと経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

Not just working to build muscle and strength…. Also training to build confidence @sbdapparel @sbd.usa

Ray “Ray Ray” Williams(@optimusprime_334)がシェアした投稿 –


・Ray Orlando Williams
・身長 185cm
・体重 164kg

>>レイウィリアムズのインスタ

身長185cmの体重164kgって、怖すぎる。

自己ベスト記録は、

・スクワット 490kg
・ベンチプレス 247.5kg
・デッドリフト 392.5kg
・トータル 1112.5kg

やんちゃだった少年時代とアメフト

レイウィリアムズは、1986年にアメリカのアラバマ州で生まれました。

小さい頃はやんちゃで、喧嘩ばかりしていたそうです。

何度も停学になり、学校から電話が来るたびに両親はヒヤヒヤしていたそうです。

高校になると、友達に「アメフトやってみなよ」と言われ、アメフトを始めることに。

レイにとってアメフトは「合法的に」タックルをぶちかませるという最高なスポーツでした。

結果、喧嘩をすることもなくなったそうです。

NFL入りを目指した大学時代

大学はテネシー大学マーティン校に進学。

上級生のときには、全米代表にも選ばれるほど活躍しましたが、NFL入りすることはできませんでした。

卒業後は、カナダでアメフトを続ける選択肢もありましたが「遠すぎて無理」ということでアメフトは引退。

パワーリフティングの道へ

アメフトの練習の一環として、高校時代から筋トレをガチっていたレイ。

高校では、全校生徒のパワーリフティング記録でトップでした。

スクワットは247kg、ベンチプレスは200kgと、当時からバケモノ。

アメフトをやめてからも筋トレを続けていたレイは、兄の勧めもあり、パワーリフティングの世界に飛び込みました。

2016年には、スクワットで1005ポンド(455kg)という世界記録を打ち立て、人類で初めて1000ポンド以上をスクワットした男になります。

2019年には、さらに記録を伸ばし490kgを達成。

この時の動画がこれ。

3年振りに世界記録を更新した瞬間です。

自己ベストは、

・スクワット 490kg
・ベンチプレス 247.5kg
・デッドリフト 392.5kg
・トータル 1112.5kg

です。恐ろしい。

プライベートは?子供と奥さんなど

レイウィリアムズは結婚していて、子供も4人います。最近1人生まれたようです。

お子さんの1人は、生後すぐに亡くなってしまったそうです。

レイは、このお子さんの存在が、今でもパワーリフティングのモチベーションになっていると話しています。

レイウィリアムズのトレーニング

パワーリフターは、補助種目(BIG3以外の種目)をやり込む選手もいますが、レイほとんどやらないそうです。

1週間のトレーニング例

月曜

・スモウデッドリフト

火曜

・スクワット

1セット目:142kgを5レップ
2セット目:183kgを1レップ
3セット目:226kgを1レップ
4セット目:272kgを1レップ
5セット目〜9セット目:317kgを5レップ

水曜

・ベンチプレス

204kgを5レップ。数セット行う。

肩と腕を痛めているので、軽めのナローグリップで行う。

木曜

・レスト

金曜

・補助種目

腕や脚を中心に、アイソレーション種目を取り入れる。

土曜

・軽く有酸素

日曜

・レスト

レイウィリアムズのトレーニングの様子。

こんな感じで、パートナーと一緒に鍛えています。

食事に関しては、揚げ物と脂っこい食べ物を避ける以外は、特に意識していることはないそうです。

やたらとマウンテンデューが好きらしい。

>>あなたも今日から副業パーソナルトレーナーを始めませんか?【筋トレ歴半年でもOK】

この記事のURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。

シェアボタンはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です