【トレーナー監修】おすすめホエイプロテインランキング4! 【選び方】

こんにちは、パーソナルトレーナーのダイナマイト息子(@dynamitemusuko6)です!

男女問わず、筋トレサプリの定番、プロテイン。

1日に必要なタンパク質を、食事だけから確保しようとしようとすると、キツいので、プロテインは便利。

また、タンパク質1gあたりの値段で考えると、プロテインよりコスパのいい食品はありません。

最近は様々なメーカーからプロテインが発売されていて、昔と違い、値段も下がり、味も美味しくなってきました。

逆に言えば、たくさん種類があるもんだから、どれを買うか迷ったり「結局同じタンパク質だろ?」とか思ってしまうかもしれません。

“息子”
違うんだ!!!!!!!

何が違うか。ポンコツなプロテインはタンパク質の量が少なかったり、余計な成分でごまかしたりしてるんです。

というわけで、今回はおすすめのプロテインを紹介していきます。

コスパ、味、クオリティ、などの観点で比較。女性向けのプロテインも紹介。

タイトルにはランキングって書きましたが、それぞれにメリットデメリットがあって、順位つけるもんじゃないんで順不同でやります

スポンサーリンク

プロテインは、モノによってこんなに違う!

ホエイプロテインには、3種類ある。WPIとWPCとペプチド

ホエイプロテインには、WPCとWPIとペプチドの3種類があります。

一般的にWPIの方が、1杯あたりのタンパク質が多く含まれています。

ホエイは牛乳から作られるのですが、より細かくタンパク質だけを抽出しているのがWPI。

牛乳を飲むと2秒で下痢する乳糖不耐症の方は、プロテインでも乳糖の関係で下痢することがあるのですが、WPIなら乳糖がほぼ除去されているので心配はありません。

WPCなら、プロテインの粉のうち、7割から8割くらいがタンパク質になります。

WPIなら、9割以上がタンパク質。

もちろん、その分WPCより、WPIの方が高価です。

で、ペプチドってのはWPIより更に高いプロテイン。

タンパク質は、20種類のアミノ酸が鎖のようにつながってできています。

このタンパク質の鎖をほどく作業が、「消化」なんですね。

ペプチドは、最初から鎖がほどけた状態のプロテイン。つまり、消化する必要がないので吸収が圧倒的に速いのが特徴。

また、ペプチドなら普通のプロテインのようにお腹が張ることもないです。

なぜホエイプロテインを飲むべきか。カゼインは?ウェイトゲイナーは?

プロテインには、ホエイの他にも、カゼインやソイプロテインなどもあります。

ですが、わざわざ買い分ける必要はないです。ホエイだけでOK

カゼインは、ホエイに比べて遅く、ゆっくり吸収されます。

なので、寝る前に飲むと朝までアナボリック(筋肉の合成が優位な状態)を保ちやすいのがメリット。

ですが、ホエイを牛乳で溶かせば同じようにゆっくり吸収させることができます。

ソイプロテインに関しては、ベジタリアンの方以外飲む意味がないです。あれ基本的に糞まずいです。

また、メーカーによっては増量用のウェイトゲイナーだったり、減量用のプロテインとかを謳っている製品もあるのですが、一切必要ありません。

カロリーを増やしたいなら、プロテインに粉飴とハチミツをブチ込めばいいので、わざわざ高い金を出してウェイトゲイナーを買う必要はないです。

減量用のプロテインに至っては理解不能すぎて、消費者を騙して金を取ろうとしてるのが見え見え(ウィダーとか)。

ソイプロテインを「減量用」として売ってたりしますが、ホエイが「増量向き」でソイが「減量向き」なんてのは根拠がありませんので注意を。

というわけで、特別な理由がなければホエイプロテインをおすすめします。

おすすめホエイプロテイン1: ビッグホエイ(WPC)

国産なのに安くて高品質なホエイプロテイン

まずはバルクスポーツのビッグホエイ。

「国産」と聞くと、なんとなく品質がいいイメージを持つ方も多いと思います。

しかし、スポーツサプリメントに関しては例外。海外サプリの方が高品質。

その割に、国産のサプリは値段が高い。本当に最悪。

数少ない例外が、バルクスポーツ。品質も高く、コスパもいいというメーカー。

このビッグホエイは、1kgあたり3,000円と海外製のサプリに匹敵するコスパです。

WPCなので、タンパク質の割合は少なめ。乳糖不耐症の方はブリブリ下痢するかも。

とはいえ、美味いし、溶けやすいのでおすすめのプロテイン。

created by Rinker
バルクスポーツ
¥6,901 (2019/04/23 12:23:25時点 Amazon調べ-詳細)

iHerbでWPCのプロテインなら、マッスルファームのコンバットがおすすめ。

おすすめホエイプロテイン2: ゴールドスタンダード(WPI)

世界一の人気を誇る、ホエイプロテイン

オプティマムニュートリションのゴールドスタンダード。

トップ選手でも、これ飲んでる人本当に多いです。世界シェアNo.1のプロテイン。

で、めちゃくちゃ美味い。僕が今まで飲んだプロテインで一番美味い。デザート。ご褒美。

しかも、めっちゃ溶けやすい。全然ダマにならない。

また、タンパク質の純度が高い、WPIのホエイプロテインが主原料になっています。乳糖不耐症でもOK。

値段はそこそこ。僕はこれ飲んでます。

created by Rinker
オプティマムニュートリション(Optimum Nutrition)
¥9,200 (2019/04/23 12:49:00時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめホエイプロテイン3: ホエイペプチド アミノコンプレックス

金に余裕があるなら。最高のホエイプロテイン

ゴールドジムの、ホエイペプチド アミノコンプレックス。

ゴールドジムブランドも、国産では信頼できるメーカーです。

通常のホエイプロテインは、飲んでからタンパク質を消化し、アミノ酸として血に乗るまで1時間程度はかかります。

筋トレをした直後にプロテインを飲んでる人は多いと思いますが、実際に飲んでから効果を発揮するまで1時間かかるってのは、実は大きなロスです。

もちろん、タンパク質は内臓で消化します。

しかし、筋トレ直後は筋肉に血流が集中しているので、内臓に血が回りにくい状態。

これにより、さらに消化が遅くなることも。

筋トレした直後が、1番筋肉の合成が活発になってる時間ですから、できれば1秒たりともムダにしたくないですよね。

そこでホエイペプチド。

アミノ酸とタンパク質の中間の状態が、ペプチド。

アミノ酸がつながったものをペプチドと呼びますが、アミノ酸が50個以上つながれば、それはタンパク質と呼ばれます。

ペプチドは、粉の時点である程度消化されているようなもので、普通のプロテインより内臓にも負担が少ないです。

最強のプロテインなので、これを飲めるなら飲みたいところ。

しかし!!!!!

高いんですよこれ。。。。。。。。。。。

普通のプロテインの倍くらいするので「筋トレ後はペプチド、他のタイミングでは普通のプロテイン」のように使い分けてもいいかもしれません。

created by Rinker
ゴールドジム(GOLD'S GYM)
¥14,040 (2019/04/23 18:45:48時点 Amazon調べ-詳細)

iHerbなら、もう少し安くペプチドが買えます。

Dymatize NutritionのISO-100がおすすめ。

女性におすすめプロテインのプロテイン: ウェリナ

トレーナーをしていて、女性のクライアントさんも多く見ていますが、ウェリナは女性人気No.1のプロテインだと思います。

「女性のために作られたプロテイン」がこのウェリナ。

タンパク質だけでなく、ビタミン・ミネラルや、水溶性食物繊維を配合しているので、美しく痩せたい女性にピッタリ。

味も美味しいとのこと。ほうじ茶や抹茶、黒蜜きなこなど、他のメーカーにはないフレーバーが特徴。

ウェリナは、ホエイプロテインではなくソイプロテインです。

created by Rinker
AIGエム
¥4,050 (2019/04/23 18:17:40時点 Amazon調べ-詳細)

大切なのはやる気。

初めてプロテインを買うなら、ビッグホエイを選ぶのがいいと思います。安いですからね。

少しお金を出してワンランク上の「いいもの」が欲しいなら、ゴールドスタンダード。

金に余裕があるなら、ペプチド。

そんな感じで選ぶのがいいと思います。やる気と気合がいちばん大切。

関連記事: BCAA・HMBは必要なし! 筋トレに本当に必要なサプリ4選。これだけだ。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

SNSでは、新記事のお知らせや、海外の筋トレ・ダイエット情報を日本語の解説付きでお届けしています。質問もお気軽にどうぞ!

\フォローはこちらから!/

noteはこちらからどうぞ

こちらの記事も人気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

サイト運営者のダイナマイト息子です。サラリーマンをしながら副業でパーソナルトレーナー(NSCA-CPT)をしています。早大国際教養学部→イギリス留学→サラリーマン|TOEIC955点|SNSでは、新記事のお知らせや、海外の筋トレ・ダイエット情報を日本語の解説付きでお届けしています。質問なども、お気軽にどうぞ!