万年チキンレッグだった俺が改心して脚トレを始めた4つの理由!

#NSLD!!!!!!

Never Skip Leg Day。それなりに筋トレしている人であれば、聞いたことがあるでしょう。”脚トレさぼんな”ってことです。

脚トレは大事。とても大事。それは知ってる。みんな言ってるし。でもどうしてもサボってしまう。やりたくない。そんな人は多いと思います。

僕も以前はそんな感じで、脚トレは全くやっていませんでした。「ゆーて脚トレとか、クソほどキツい割に、そんなに意味ないっしょ。ズボン履いたら見えないし。」くらいに思っていました。デッドリフトはやってたんですけどね。

でも、トレーニングの経験を積むにつれて、脚トレの大切さが分かってきました。今では脚トレをしていなかったことを、ものすごく後悔しています。あれはとんでもない過ちだった。

もうこれ以上脚トレの大事さに気づかずに時間をムダにする人が出ないように、脚トレの重要さを松岡修造くらい熱く語ります。

今は脚トレをしていないあなたも、多分明日から脚トレしたくなるでしょう。

スポンサーリンク

「脚なんて服着たら分からない」は大きな間違い。

脚トレをしない理由の1つとして、「服を着たら、脚の筋肉なんて見えないから」というのがあります。

そもそも、見た目のために筋トレしてるんだから、見えない部位を鍛えたところで意味なくね?というわけです。

僕が脚トレをしていなかった理由でもあります。これ、大きな間違いです。

服を着ればチキンレッグがバレないなら、フィジーカーは必死に脚トレをしません。

ラッパーみたいな、よほどダボダボのボトムでない限り、チキンレッグはバレます。

脚トレをしている人としていない人では、ケツが全く違うからです。

プリケツになりたい女性が、何をするかと言えばスクワットです。

そもそも、脚トレで服を着てしまえば分からない程度しか見た目に変化が起きないならば、プリケツを手にするためにスクワットをする女性がこの世に存在するわけがありません。

男性に比べ、筋肉がつきにくい女性ですら、スクワットをするかしないかで違いが出るんです。男性が脚トレをする、しないでは、大変な差になります。

特に夏、脚トレをしない人が短パンを履くと、周りから見たらスカスカです。

上にある、なぜか崖っぷちでサイドレイズしてる男の写真を見ると分かりやすいでしょう。

アンバランスで大変気持ち悪いです。

大きめのジムに通っている方は、ドヤ顔でジム内を闊歩してる重鎮気取りの腹が出たベンチプレス以外やらないチキンレッグのブタ中年を見たことがあるかもしれません。(言い過ぎか)

脚トレをしなかった人間の末路があれです。

カッコいい体を手にするために、筋トレをしているのに、カッコ悪くなったら最悪ですよね。

見た目を重視するのであれば、尚更脚トレが大切なんです。

脚トレをしてもジーンズは履ける。

かつて、下半身を鍛えない理由を問われ、こう言い放ったプロ野球選手がいます。

”ジーンズが似合わなくなるのが嫌だから”

聞いたことがあるかもしれませんが、新庄剛志という男です。

実際にジーンズが履けなくなるとか、似合う服がなくなるから、といった理由で脚トレをしない人がいます。

これも大きな間違いです。合戸孝二レベルにならない限り、ジーンズは余裕で履けます。

国内、海外問わずフィジーカーとかスポーツ選手を見ると分かりますが、みんな普通にジーパン履いてます。インスタとか探してみてください。

鍛えてる人がテーパードのダメージジーンズとか履くと、めちゃくそかっこいいんですよ。これが。

もちろん、手元にスキニーのボトムスがあれば、それは履けなくなるでしょう。しかし、全てのジーパンが履けなくなるとか極端なことにはなりません。

海外だと特に、日本よりも体を鍛えている人が多いので、ちょっと脚鍛えたくらいで履けなくなるような軟弱なパンツは売っていません。

リーバイスとかGAPとかその辺のアメカジブランドなら、絶対に履けなくなることはありません。保証します。

とか言いながら、僕はユニクロなんですけどね。ユニクロも全然履けます。

人間の筋肉の6割は下半身にある

下半身を鍛えると、全身の筋肉量が激増

人体の筋肉の総量の6割は下半身にあります。

全身で1番体積の大きい筋肉は、太ももの前面である大腿四頭筋。2番目はふくらはぎの下腿三頭筋。3番目は太もも裏のハムストリングス。4番目はケツ、大臀筋です。

人間の体でデカい筋肉、上から4つが下半身にあるんです。(ちなみに次点で三角筋)

これだけではピンとこないかもしれません。筋肉が増えると何のメリットがあるのか。

代謝がケタ違いに上がる

筋肉をつけると、代謝が上がるのはご存知だと思います。

そうです。全身の6割を占める下半身に筋肉がつけば、代謝がバカ上がります。

筋肉が1kgつくと、基礎代謝は1日あたり50kcalほど上がるとされています。基礎代謝が上がれば、活動代謝も上がる(体が重くなれば運動に必要なエネルギーも増える)ので、合計で大体100kcal前後は代謝が増えるとみていいです。

僕の個人的な経験からも、こんなもんだと思います。

今まで脚トレを一切していなかったのであれば、2~3kgの筋肉なんてすぐにつきます。

なので脚トレをするだけで、かなりの代謝アップに繋がります。もちろん先ほど書いたように、脚の筋肉は体積が大きいため、筋トレそのものの消費カロリーも莫大。

代謝が増えまくるというわけです。

するとどんな良いことがあるか。

飯が食える!!!!!!!

脚トレをすれば、その分余分に飯を食っても太らなくなります。また、余分に飯を食っても減量できるようになります。

300kcal分余分に飯を食っても大丈夫ってのは、本当にありがたい。おにぎり2つ分ですからね。

当然、脚トレを続けていけば、もっと筋肉は増えるので、もっと食えるようになります。

減量する際も、かなり楽に食事制限ができます。なんたっておにぎり2個分。

脚トレそのものより、脚トレなしでの減量による厳しい食事制限の方がキツいですよ。

脚トレで、腹筋が割れる

ジムにいるチキンレッグを見ると分かりますが、体が絞れている人は稀です。ほとんどの人が、腹筋すら割れていません。僕も脚トレをする前はそうでした。

脚トレなしの減量は難しいですからね。

仮に腹筋が割れる程度まで減量したとしても、脚トレなしで低い代謝のまま、それをキープするのは大変です。すぐに腹筋は消えてしまうでしょう。

リフターやアスリートは別にして、いくら体がデカかろうと、絞れていなければ全く意味がないんです。周りから見たら”ただのデブ”だから。

絞れていないと、”筋肉がある”とは思われません。デブです。

一度、自分がなぜ筋トレを始めたのか思い出してください。ランボー見てスタローンに憧れたから、ファイトクラブでブラピに惚れたから、などなど。人それぞれ”理想の体”の基準は違うかもしれません。

それでも共通しているのは、腹筋が割れていることではないでしょうか。目標は”デブ”ではないはず。

ゴールドジムですら、体を絞ることができている人は少なく、多くの人が初心を忘れて、ただ体をデカくすることだけを考えているのが現状です。

大会に出るレベルまで仕上げるのであれば話は別ですが、脚トレで代謝が上げれば、腹筋を割る程度の減量なら厳しい食事制限は必要ありません。あとはやるか、やらないかです。

ちなみにトップのフィジーカーやビルダーは、減量期の脚トレの追い込み方が半端じゃないです。

それだけ絞れるんです。脚トレで。

今一度、頭の中に思い描いていた理想の体を思い出してください。脚トレをすれば、それが手に入ります。

実際の脚トレのメニュー

とはいっても、今まで脚トレをしてこなかった人に、いきなりフルでバリバリの脚トレをやれといっても続かないでしょう。だってキツいもん。

そこで、まずはスクワットだけやってみることをおすすめします。毎回のトレーニング後に、スクワットを3セット追加してみてください。

キングオブエクササイズのスクワットは、下半身全体を鍛えられる種目。

脚トレといってもスクワット3回程度の負荷なら、中1日空ければ回復します。その分頻度を増やすのが大切。スクワットだけでもかなり違いが出ると思います。

普段のトレーニングにスクワットをプラスするだけなら、時間もかかりません。

効果が実感できれば、もっと脚トレをしたくなる気持ちも芽生えるでしょう。

僕もそんな感じで、最初はスクワットのみ始めました。しばらくすると物足りなくなり、レッグカールとレッグエクステンションを追加しました。

今度はそれでも物足りなくなりましたが、そのまま種目を追加するとトレーニング時間が長くなるので、今では脚の日を単独で設けています。

やりたくないことを始める時は、少しずつで大丈夫。鉄則ですね。

僕はスクワットを始めてから、明らかに代謝の向上を実感するようになりました。減量も、前よりガンガン食べても体重は落ちるし、むしろ気をつけないと体重が落ちすぎるくらいです。

腹筋も、常に割れた状態をキープできています。

まとめ

脚トレの大事さがお分かりいただけたでしょうか。

結局、みんな各々の”カッコいい”体になりたくて筋トレを始めるんです。理想は違えど一般的に共通しているのは、割れた腹筋と迫力。

しょーもないアンバランスなチキンレッグとプヨプヨしたデブではないはずです。

本文中にも書きましたが、サーフショーツを履き、直接下半身を晒さないフィジーク選手達だって、必死こいて脚トレをしているんです。

脚トレをしないと、ショーツを履いていてもスカスカに見えるし、減量も進まないからです。

本当に、スクワットだけでもやってみてください。世界が変わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です