筋トレするならスーツにこだわれ!筋肉ガチ勢のためのスーツの選び方

薄着にならないと、自慢の筋肉をアピールすることはできないと思っていませんか?

そんなことはありません。なぜなら、スーツがあるから。

トレーニーなら、絶対にスーツにこだわるべきです。

そんなわけで今回は、

・筋トレをするなら絶対にスーツにこだわるべき理由

・トレーニーのためのスーツの選び方

について解説していきます。

スーツと筋肉の相性は最高

スーツと筋肉の相性は、マジで最高。

ガリガリがアルマーニを着るより、マッチョが安物のスーツを着る方が124倍カッコいいわけです。

スーツは肩と胸で着るものですからね。

トレーニーなら、ハリウッドの俳優のようなスーツの着こなしができるということです。

筋肉をアピールできる服装といえば、タンクトップが真っ先に思いつきますが、それよりもスーツの方が上。

正直タンクトップって周りから見て、いかにも「俺の筋肉すげえだろ??」感をプンプン出しているもの(笑)

スーツは、筋肉があるか無いかでカッコよさが187倍変わるのにも関わらず、この「俺の筋肉すげえだろ??」感が全くなく、スマート。

ビジネス面でも、圧倒的に差が生まれます。

スーツは大人の戦闘服なので、「仕事デキる感」が6倍に増加。

ガリガリでペラペラのスーツを着た同僚と、ビシッとスーツでキメたあなた。どちらが「強い」かは明白ですよね。

また、女性は男性のスーツ姿が好きな方が多いですが、ほとんどの人はスーツをカッコよく着こなせていないのが現実。

しっかり自分に合ったスーツを着るだけで、後輩社員のあなたを見る目が変わり、次の日からは「浮気をどうやって隠すか」の心配をする必要が出てきます

体を鍛えているなら、スーツにはしっかりとこだわるべきです。

「でも、自分はそこまで筋肉ないしな…」という方も、心配ありません。

例えば、タンクトップではあまりマッチョに見えないくらいの筋肉量でも、スーツならかなり変わります

あまりマッチョに見えない外国人でも、スーツが似合う方は多いですが、あれは「多くの日本人よりは」胸板が厚いからです。

スーツがカッコよく映えるレベルの筋肉量は、高いハードルではありません。筋トレを半年くらい続けている方なら、問題なくスーツを着こなせますよ。

ただし、サイズが合わないと中学生みたいになる

ただし、サイズ感がシビアなのがスーツの難しいところ。

サイズが合わないと、いくら筋肉があろうが関係ありません。

親戚の結婚式で、黙って制服を着とけばよかったところを、ちょっとカッコつけて兄貴のお下がりのスーツを着た中学生みたいになってしまいます。

しかも、トレーニーって既成品のスーツがフィットしにくい

肩に合わせると、ウエストがダボダボになるし、ウエストに合わせると肩がパツパツ。

というわけで、オーダースーツが選択肢になります。

オーダースーツといえば、高いイメージがありますが、最近は安くて質がいいオーダースーツも出てきました。

ハイクオリティのオーダースーツが29,800円で手に入る時代

オーダースーツって、基本的には高いです。そりゃオーダーメイドですからね。

実際、店舗で採寸するオーダースーツは、やはり高価。

例えば、高級スーツ向け生地の世界シェアで、3割を占める「ゼニア」の生地を使ったフルオーダースーツを提供するスプレーモでは、1番安いランクでも11万円からのお値段。

“息子”
それでも店舗で採寸するフルオーダースーツ店の中では、スプレーモは破格なんです。しかも生地は最高級品を使ってますからね。

もちろん、お金に余裕があるなら、スプレーモのように実際に店舗でプロの方に採寸してもらうのが「オーダースーツらしい」です。

一方で、あまり予算がない方も多いと思います。

実は、もっと安い値段でも、質の良いオーダースーツが作れるんです。

Suit-Yaのオーダースーツは29,800円




僕は、Suit-Yaでオーダースーツを初めて仕立てました。

Suit-Yaのオーダースーツは、ジャケットとパンツのセットで29,800円(追加料金一切なし)というバケモノじみた価格。

その上で、イタリア製・英国製・日本製の高品質な生地を、季節や場面別に多数取り揃えています。

これまでに2着仕立てましたが、正直言って品質の高さに対して不安を覚えるほどの値段設定です。

“息子”
同品質のオーダースーツだと、12~3万円は下らないようなレベル。

しかし、ここまで値段を抑えることができる理由はちゃんとあります。

安い理由1: ベトナムの自社工場からの直送

全てのスーツは、ベトナムの自社工場からの直送のため、コストが抑えられます。

もちろん、コスト削減のために工場がベトナムにあるだけで、経営者は日本人。

そして、スーツの仕立てから配送まで、間に卸業者が一切入っていないため、中間マージンがゼロです。

安い理由2: 無店舗型。自分で採寸をする仕組み

Suit-Yaは、無店舗型。そのため、固定費がかかりません

また、一般的なオーダースーツは店舗に出向いて採寸をしてもらう形になりますが、Suit-Yaの場合は自分で採寸をします。

面倒臭く感じますが、注文する際の画面の指示通りに採寸すれば、簡単です。

採寸の方法を動画で解説してくれるので、全く心配ないです。僕は15分ほどで終わりました。

安い理由3: セミオーダースーツだから

Suit-Yaのオーダースーツは、セミオーダースーツです。

セミオーダースーツは、自分の体型に近いスーツの「型」をベースに、採寸したデータを元に調整を加えてスーツを仕立てる方法。

型がある分、完全にゼロから仕立てるわけではないので、コストを抑えることができます。

もちろん、セミオーダースーツといえども、個々の体型に合わせて仕立てるわけですから、予算を抑えながら自分の体にフィットするスーツを仕立てることができるのがメリット。

対して、フルオーダースーツは自分で採寸したデータで、ゼロから「型」を作ります。

その分、かなり高価になってしまうのが特徴。

上で紹介したスプレーモは、フルオーダースーツのお店。11万円〜というお値段ですが、フルオーダースーツとしては破格です。

生地もフィット感もしっかりしている

Suit-Yaが、お手頃な価格でオーダースーツを提供できるのは、このような理由があるから。

こちらのページでは、高いコストパフォーマンスを実現している秘密や、品質へのこだわりを紹介しています。

実際、肝心の生地やフィット感は、全く問題ありません。非常に満足な出来です。

生地サンプルは、無料で送ってもらえるので「生地の色や質感など、実物を見て決められない」という心配はありません。

また、スーツは1度まで無料でサイズのお直しが可能なので、初めての方や自分で採寸するのが不安な方でも安心。

実際に採寸したデータの数値が不自然な場合、スーツを仕立てる前に確認の連絡が入るのも心強いです。

レビューを見ても、品質の高さとコスパの良さが分かりますよ。

全トレーニーはオーダースーツを買うべき

最近は筋トレ人口も増えてきましたが、せっかくの筋肉を上品にアピールできるオーダースーツを着ているトレーニーは多くありません。

「オーダースーツ=お金がかかる」というイメージが強いのでしょう。

まだまだ、他人に理解されにくいのが「筋肉・筋トレ」です。しかし、スーツにこだわると周囲の目は変わります。マジで。

周りとは一味違う、ハリウッド俳優のような自分に生まれ変わりましょう。

Suit-Yaでは、今なら会員登録で1,000円OFFクーポンがもらえます。チャンスです。

Suit-Yaでオーダースーツを注文する手順・注意点

会員登録で1,000円クーポンをゲット

まずは、会員登録で1,000円引きのクーポンを手に入れましょう。

項目を選択する

「スーツ」「ジャケット」「パンツ」「シャツ」「ベスト」「コート」「レディース」などの項目があります。

ジャケットとパンツのセットは「スーツ」の項目。

もちろん「ジャケット」「パンツ」の項目では、それぞれオーダーメイドできます。

また「シャツ」「ベスト」「コート」は「スーツ」のセットには含まれていません。

「スーツ」は、ジャケットとパンツのセットのみです。

「シャツ」は、1枚4,980円でオーダーメイドできるので、オーダースーツと一緒に注文する方も多いみたいですね。僕も一緒に仕立てました。

生地を選択する

さて、「スーツ」の項目を選ぶと、早速生地を選ぶことになります。

かなりの数があるので、迷いますね。

それぞれの生地は、イメージ画像で確認することができます。

実際に生地を見たい方は、こちらのページからサンプル生地を無料で送ってもらうこともできますよ。

場所が少し分かりにくいです。ページの1番下のフッターから請求できます。

デザインを選ぶ

ここからは、ボタンやポケットのデザインを選択します。

結構細かくデザインを選べますよ。

それぞれ「どんなデザインが人気・定番なのか」については、画面上で教えてくれるので、スーツのデザインについて分からない方も安心です。

ボタンのデザイン

僕は「2つボタン」にしました。

3つボタンは、基本的にゆったり目のシルエットのスーツになります。

ゆったり目のシルエットでは、せっかくの筋肉をアピールできません。オーダースーツの意味ないやん。

また、最近の流行はタイトなシルエットですからね。

ラペルのデザイン

僕は、定番のノッチにしました。

ベントのデザイン

ベントは、定番のセンターベントに。

ポケットのデザイン

ポケットは、ノーマルにしました。スラントでも良いと思います。

袖口のデザイン

袖口は、ノーマル。

パンツの裾のデザイン

定番のシングルを選びました。

ダブルでもいいんですが、個人的に短い裾はあまり好きじゃないんですよね。

タックのデザイン

タックは、ノープリーツ。

裏地のデザイン

裏地は、総裏。

裏地とボタンの柄

裏地とボタンのデザインを選ぶことができます。

あまり派手な色のものでなければ、どのボタンでもOKでしょう。迷ったら黒が無難です。

パンツとベストの追加・刺繍

ここで、パンツを追加することが可能です。

また、ベストも追加可能。

その後、ネームの刺繍を選択し、一旦お支払いになります

お支払い後は、採寸

お支払いの後に、採寸をします。

採寸方法は、

  1. 自己オート採寸
  2. お気に入りを採寸
  3. 採寸代行

の3種類。

下の2つは事実上過去にオーダースーツを購入したことがあるのが前提なので、初めてオーダースーツを作る場合は「自己オート採寸」になります。

メジャーを使用して、全部で13箇所採寸をします。

こちらの採寸マニュアルでは、採寸方法が全て動画で解説してあるので、初めてでも大丈夫ですよ。

僕の場合は、20分くらいで終わりました。

また、サイズは1度までなら無料でお直しが可能。

採寸が終われば、全て完了です。

あとは、スーツが届くまで待つだけ。(1ヶ月程度)

1万円以上の購入で、送料無料に。スーツを買えば送料無料ですね。

オーダースーツ・シャツをネットで注文|高品質・サイズ保証【Suit ya】

オーダースーツで映える筋肉を!




あまりスーツにまで気を使うマッチョがいない今こそ、チャンス。

自慢の筋肉で「本当のスーツの着こなし」たるものを見せつけてやりましょう。

家族や同僚、取引先の見る目が変わりますよ。

ダイナマイト息子のSNS

noteはこちら

この記事のURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。

筋トレ・運動に関する記事

>>筋トレと運動に関する記事

ボディメイクやダイエットの柱である「筋トレと運動」をテーマにした記事。筋トレや運動の効果的な方法や、コラムをまとめました。

食事・栄養に関する記事

>>食事と栄養に関する記事

カラダづくりで最も大切な「食事と栄養」をテーマにした記事。効果的な栄養摂取の方法や、サプリメントなどに関するコラムも。

初心者向けの記事

>>筋トレ初心者向けの記事

特に筋トレをこれから始める方・始めたばかりの方におすすめの記事です。

女性向けの記事

>>女性向けの記事

ダイエット・美ボディメイクを目指す、女性におすすめの記事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

月間10万人が読む、NSCA認定パーソナルトレーナー運営のフィットネスメディアです。国内外の情報を元に、筋トレやダイエットに関する正しい情報をどこよりも分かりやすく解説しています。「ダイエットしたい」「マッチョになりたい」など、一人ひとりの目的に合わせたボディメイクをサポートします。