あなたも副業でパーソナルトレーナーをしませんか?【筋トレ歴半年でもOK】

マイクオハーンをwiki風に解説|伝説の男のトレ内容から人生まで

こんにちは、パーソナルトレーナーのダイナマイト息子(@dynamitemusuko6)です!

Mr.ユニバースを4回制覇するなど、ボディビル界のトップに君臨した一方で、パワーリフティングでも好成績を残した二刀流、マイク・オハーン。

パワーリフティングとボディビルを融合させたトレーニング法、”Power Building”を考案した人物でもあります。

彼は現在でもフィットネス界でカリスマ的人気を誇り、日本でもとても人気。

IFBBプロのJinさんでも、オハーンの前ではこの笑顔です。


この記事では、そんなマイクオハーンの、

・経歴

・トレーニング内容

・食事内容

など全てを解説していきます。

>>あなたも副業でオンラインパーソナルトレーナーを始めませんか?【筋トレ歴半年でもOK】

マイク・オハーンのプロフィールと経歴

Mike O’Hearn
・身長 190.5cm
・体重111.1kg~115.7kg
・上腕 53.34cm

ニックネームは”Titan”です。巨人という意味。

>>公式インスタ
>>公式Twitter
>>公式YouTubeチャンネル
>>公式Facebook

家族全員トレーニーという環境で育った幼少期

オハーンは、1969年にアメリカのワシントン州で9人兄妹の末っ子として生まれます。

父親がアメフトとボディビルをしていた影響で、なんと家族全員がトレーニーという恐るべき家庭環境で育ちました。

また、格闘技も家族全員の必修科目。

大家族なので、当然子どもたちはみんなケンカをします。

まだ幼かったマイクオハーンは、よくボコボコにされていたそうです。バリバリ筋トレして、格闘技もやってる相手に勝てるわけがありません。

そんなわけで、オハーンも13歳の時に筋トレと柔道を始めました。

もちろん、彼はそんじょそこらの子供とは体のデキが違うサラブレッドなので、15歳の頃には

・柔道
・ジュニアボディビル
・パワーリフティング

の3つの競技でワシントン州No.1になってしまったそうです。

大学では、アメフトをしていました。

もちろんアメフトでも無双。

在学中は、州のポジション別最優秀選手に3度も選ばれ、オールアメリカンにも1度選ばれるほどでした。

フィットネス界のスターとして

大学卒業後は、フィットネス界で活躍。

パワーリフティングでは、カリフォルニア州王者に4回輝いています。

自己ベストは、

・スクワット 295kg
・ベンチプレス 205kg
・デッドリフト 320kg

・トータル 820kg(体重110kg)

です。鬼ですね。

ボディビルでは、Mr.ユニバースのナチュラル大会(以下動画)や、Mr.ワールドなどの大会で優勝するなど、活躍しました。

オハーンがすごいのは、ドラッグテスト有のナチュラル大会で結果を残していること。

ほとんどユーザー顔負けの肉体を、ナチュラルで作り上げた。これは、オハーンがカリスマ的人気を誇る理由の1つでもあります。

もちろん、ナチュラルの大会に出ていたからと言って、オハーンが100%ナチュラルとは言えません。ただ、ほぼ100%ステロイドというのが確定している他のビルダーよりは、少なくとも夢を見させてくれる存在だよね、ということです。

最近では、ボディビルダーとして大会に出場することはありませんが、たまに大会でゲストポーズをすることはあります。(以下動画)

アラフィフになってもこの体。恐ろしい

ボディビル・パワリフ以外での活躍

オハーンは、フィットネスモデルとしても活躍しています。これまでに、500以上の雑誌の表紙を飾ってきました。

2000年代以降は、俳優にも挑戦。ドラマに出演したりしていました。

また、チャリティ活動にも熱心に取り組んでいます。

犬が大好きなオハーンは、捨て犬を保護する施設をロサンゼルスに設立。

「これは俺の使命だ。恵まれない犬たちを助ける。動物、特に犬と俺は固い絆で結ばれているんだ」と話しています。

もちろんオハーン自身も犬を飼っていて、ステージに連れてきたことも。インスタでも、ちょくちょく犬の画像を投稿していますよ。

また、犬のチャリティの他に、”Just keep Livin”という、色々な著名人の講演会を開く活動もしています。

最近のオハーン|子供に英才教育中

最近もベニスのゴールドジムで筋トレを続けながら、アパレルの販売や、フィットネス関連ブランドのスポンサーをしているようです。

プライベートでは、お子さんが1人います。

今から英才教育をされているようで、将来が楽しみです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

MIKE O’HEARN TITAN(@mikeohearn)がシェアした投稿

マイクオハーンのトレーニング

ボディビルとパワーリフティングの二刀流として活躍したオハーンは、30年以上の筋トレ経験から、”Power Building”という独自のトレーニング法を提唱しています。

Power Buildingのポイントは、

・1種目目に高重量のコンパウンド種目
・限界まで追い込む
・ハイボリューム

の3点。

一言でいうと、めちゃくちゃキツいです。

トレの頻度は、各部位週に1回。

(腹筋は例外で、毎回のトレで鍛える)

他に、30分~40分ほどの有酸素を、週に3~4回やります。

背中トレの例

・デッドリフト 3レップ×7セット
・ワンハンドロウ 10レップ×5セット
・ラットプルダウン 8レップ×3セット

デッドリフトは、300kgとか平気で扱います。

脚トレの例

・スクワット 3レップ×7セット
・レッグプレス 10レップ×5セット
・レッグエクステンション 10レップ×3セット
・レッグカール 10レップ×3セット

胸トレの例

・ベンチプレス 3レップ×7セット
・インクラインダンベルプレス 5レップ×6セット
・ダンベルフライ 10レップ×5セット
・ケーブルクロス 10レップ×3セット

—2020年2月9日追記—

なかやまきんに君が、謎のコネでマイクオハーンと合トレしていますwww

“息子”
ボディビルを知らない方にこの意味のわからなさを一言で説明すると、ゴールデンボンバーがマドンナとコラボするようなものです。

噂通りの超高重量トレ。インクラインベンチのアップで180kgって…

そして何より、オハーンさんめちゃくちゃいい人ですね。

日本語の解説付きで、彼のトレーニング内容を観ることができるとは。しかも無料で。

必見です。

腕トレの例

・バーベルカール 12レップ×3セット
・ダンベルカール 12レップ×3セット
・プリーチャーカール 12レップ×3セット
・スカルクラッシャー 8レップ×3セット
・ケーブルプレスダウン 8レップ×3セット
・トライセプスエクステンション 8レップ×3セット

肩トレの例

・オーバーヘッドプレス 5レップ×7セット
・アップライトロウ 8レップ×3セット
・サイドレイズ 10レップ×3セット
・リアレイズ 10レップ×3セット
・シュラッグ 5レップ×4セット

マイクオハーンの食事

モデルの仕事が頻繁に入るオハーンは、オフでも体重をあまり増やさず、リーンな食事を意識します。

あまり同じ食事を続けるのは好きではないようで、毎日違うものを食べると話しています。

サプリに関しては、プロテイン程度。

食事が何より大切と考えています。

「食事と休養が体を作り上げる」だそうです。

食事の例

1食目・2食目

・全卵2
・卵白4

3食目

・ツナ缶1

4食目

・ステーキ140g

5食目

・サーモン140g
・ブドウ
・海藻オイル

サプリ: MCTオイル・プロテイン・コラーゲン

“息子”
これは、ドラマの撮影のために減量した際の食事。ケトジェニックダイエットを取り入れています。

マイクオハーンの画像・名言

名言

キツい筋トレをすればするほど、オフにリラックスできるんだ。

「絶対にできない」と思うことにこそ、挑戦しろ。

誰もお前ができると思っていない?なら、絶対にやり遂げろ。

犬好きに悪いやつはいない

オハーンがこれほどフィットネス界で人気があるのは、やはり犬が好きだからです。

みんなオハーンの犬に癒やされているんです。

>>あなたも副業でオンラインパーソナルトレーナーを始めませんか?【筋トレ歴半年でもOK】

この記事のURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。

シェアボタンはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

月間10万人が読む、NSCA認定パーソナルトレーナー運営のフィットネスメディアです。国内外の情報を元に、筋トレやダイエットに関する正しい情報をどこよりも分かりやすく解説しています。「ダイエットしたい」「マッチョになりたい」など、一人ひとりの目的に合わせたボディメイクをサポートします。