Jeremy Buendia ジェレミーブエンディアをwiki風に解説

こんにちは、パーソナルトレーナーのダイナマイト息子(@dynamitemusuko6)です!

日本でも大人気の、オリンピア4連覇という偉業を成し遂げたジェレミーブエンディア。

世界で1番有名なフィジーク選手といっても過言ではありません。

今回は、そんなジェレミーブエンディアの

・プロフィール
・食事内容
・トレーニングメニュー
・サプリ
・スキャンダル

などを紹介していきます。

ジェレミー・ブエンディアのプロフィール・経歴

・身長172.5cm
・体重79.4kg~83.9kg
・1990年生まれ

ジェレミーは、父親がフィリピン人。アジア人のハーフということで、日本人としても親近感が湧きますね。

上の画像は、父と兄と一緒のもの。

ジェレミーのSNS(インスタ・Twitter・YouTube)

ジェレミーは、インスタとTwitterとYouTubeをやっています。

>>ジェレミーのインスタ
>>ジェレミーのTwitter
>>ジェレミーのYouTube

ジェレミーの幼少期〜学生時代

ジェレミーの父親は、元々ボディビルダーだったそうで、ジェレミー自身も小さい頃からダンベルを握っていた記憶があるそうです。

生まれながらにして、サイヤマンですね。

父親の影響で、子供の頃から負けず嫌いの性格でした。

後で紹介しますが、この負けず嫌いの面が悪い方向に出てしまうこともあります。

アメリカの典型的なスポーツマンと同じように、ジェレミーも高校時代まで様々なスポーツを経験。

その中でも、アメフトに情熱を注いでいました。

ポジションは、ラインバッカー。

ラインバッカーというのは、アメフトにおけるディフェンスの要で、最前線で相手とぶつかり合うポジションです。

ジェレミーは身長が173cm程度と小柄ですが、リーグにも表彰されるほどの選手だったそうです。

おそらく、当時からかなり筋トレをやり込んでいたのでしょう。

当然、アメフトの奨学生として大学に入る道も見えていましたが、首の怪我でアメフトも進学も断念することになります。

そして、ボディビルに専念すると決意しました。

ボディビルデビューからプロカード獲得まで

2008年、18歳のときにジェレミーはボディビル大会に初めて出場しました。

“INBF Capital City Natural Bodybuilding & Figure Championships”という大会で、結果は6位。

ジェレミーは異常なくらいの負けず嫌いな性格なので、めちゃくちゃ悔しかったのでしょう。

翌2009年は、大会に出ずに増量に専念しています。

結果、”2010 NPC California State Bodybuilding Championships”という大会で、3位入賞を果たしました。

翌2011年は、再度増量に専念。

そして、2012年は”NPC Excalibur Championships”での優勝など、数々の大会で好成績を残しています。

翌2013年、”NPC Junior USA Championships”での優勝で、ついにプロカードを取得。

そして、その年のMr.オリンピアのメンズフィジーク(この年からメンズフィジーク競技開始)に出場。2位という結果に終わります

この時優勝したのが、マーク・アンソニーという選手。

しかしジェレミーにとっては、2位もケツも同じ。

悔しいので、猛烈に筋トレしてリベンジを誓いました。

Mr.オリンピア4連覇から怪我と引退まで

ジェレミーはそこから、2014年~2017年までオリンピアのフィジークを4連覇しています。

完全にバケモノですね。

ところが、2017年にイベントで高重量ベンチプレスに挑戦した際、大胸筋を断裂する大怪我をしてしまいます。

医者に「お前来年のオリンピアは無理だよ」と言われながら、手術してなんとかオリンピア出場。

しかし、流石にトレーニングがまともにできなかったので、オリンピアでは4位に終わってしまいました。

それでも4位ですからね。

このオリンピアをもって、ジェレミーは第一線から退きました。

ジェレミーのフィジークの特徴

ジェレミーさんですが、フィジークのために生まれてきたような骨格をしています。

絞られたウエストから伸びる背中の筋肉。圧倒的Tシェイプ。

短足なのも、強みになっています。(脚が短いと、上半身の逆三角形が目立ちやすい)

フィジークでは、肩がとても大切。腕の筋肉が発達していると、肩の筋肉が目立たなくなる傾向がありますが、ジェレミーの場合は関係なし

肩がそれ以上にデカイのと、恵まれた骨格のおかげです。

また、ジェレミーはポージングが上手いのも特徴ですね。

ボディビルやフィジークでは、弱点を隠しながら強みを活かすポージングが重要になります。

その点、ジェレミーは自分のT字シェイプを最大限に活かすポージングができていて、他の選手に差をつけています。

“息子”
アジア人のハーフなので親近感が湧きますが、こんな骨格の人はほぼいないのが現実…

ジェレミーの名言【冗談じゃない すぐトレーニングだ】

ジェレミーを知らない人でも、この画像は見たことがあるかもしれません。

これは、”The Perfect Physique”というドキュメンタリー映画のワンシーン。

「オリンピアを獲って満足しているか?」と聞かれたジェレミーは、こう答えます。

「確かに嬉しいけど、だからといって黙って喜びに浸るか?冗談じゃない すぐトレーニングだ

このセリフは、どんな時でも使えます。

「田中くん。今日は残業を頼めるかな?」「冗談じゃない すぐトレーニングだ

「明日はテストだ。今日は勉強しようかな…」「冗談じゃない すぐトレーニングだ

「今日は結婚記念日だ。家族でご飯でも行こうかな… 」「冗談じゃない すぐトレーニングだ

関連記事: トレーナーが選ぶ筋トレ・筋肉映画13選!モチベと知識を底上げする名作一覧

ジェレミーブエンディアのトレーニングメニュー

ジェレミーは、頻繁にメニューを変えるタイプの選手。

ここでは、そんな彼のトレーニングメニューの一例を紹介します。

“息子”
ジェレミーは、ベンチプレスとサイドレイズが好きらしい。 

ジェレミーの胸トレメニュー

・インクラインダンベルベンチプレス 6レップ・15レップ
・インクラインチェストプレス 5レップ・15レップ
・ケーブルクロスオーバー 18レップ×2セット
・マシンディップス 12レップ

ジェレミーの背中トレメニュー

・リバースグリップラットプル 12レップ×3セット
・マシンプルオーバー 15レップ×3セット
・マシンローイング 12レップ×3セット
・ダンベルローイング 10レップ×3セット
・ケーブルプルオーバー 15レップ×3セット

ジェレミーの肩トレメニュー

・ダンベルショルダープレス 15レップ×2セット・10レップ×2セット
・サイドレイズ  15レップ×3セット
・EZバーフロントレイズ 15レップ×3セット
・ケーブルフェイスプル 12レップ×3セット
・バーベルリアデルトロウ 12レップ×3セット

ジェレミーの脚トレメニュー

・スクワット 5~8レップ×6セット
・45度レッグプレス 8レップ×5セット
・ハックスクワット10レップ×5セット
・スティッフレッグドデッドリフト 12レップ×5セット

ジェレミーの腕トレメニュー

・EZバーアームカール 15レップ×3セット
・トライセラトップスプッシュダウン 8レップ×3セット
・ダンベルカール 10レップ×3セット
・ケーブルプレスダウン 12レップ×3セット

ジェレミーの有酸素運動

ジェレミーは、減量期には有酸素運動を入れます。

通常の有酸素運動の場合、朝食前。

あとは、HIITをすることもあるそうです。

ジェレミーとハニー・ランボッドのFST7

「ジェレミーブエンディアといえば、FST-7」というイメージがある人も多いと思います。

FST7は、ジェレミーの元コーチであるハニー・ランボッドが考案したトレーニング法。

筋肉に強烈なパンプを与えることで、筋肉を包む膜である筋膜を引き延ばし、筋肥大につなげるトレーニングです。

FST7は、

・アイソレーション種目(サイドレイズやケーブルフライなど)
・全て重量同じで7セット
・12~15レップ
・レスト45秒
・レスト中は筋肉を収縮させる(例えば、旨のFST7では、レスト中に胸を絞り込むようにする)

というトレーニング内容。詳しくは、以下の動画を参照してください。胸のFST7です。

FST7はジェレミーだけでなく、Mrオリンピア7連覇のフィル・ヒースなど、ハニー・ランボッドの他の教え子も取り入れていますね。

このFST7ですが、上級者向けのメニューと考えた方がいいでしょう。

普通のトレーニングでは、もう頭打ちになってしまった上級者が限界を超えて成長するための方法です。

関連記事: 【筋トレ】パンプアップは筋肥大に必要な刺激なのか?トレーナーが解説

ジェレミーブエンディアの食事とサプリ摂取

ここでは、ジェレミーの減量期の食事を紹介します。

食事1: 卵白200g オートミール100g
食事2: プロテイン1杯 オレンジかリンゴ1つ アーモンド24粒
食事3: テラピアか鶏むね226g スイートポテト200g
食事4: 牛肉226g アスパラ200g
食事5: テラピアか鶏むね226g アスパラ200g
食事6(トレ後): プロテイン2杯 オートミール100g ハチミツ1スクープ

ジェレミーさんは、インタビューで白米とサーモンが好きと話していましたが、それは増量期の話なのでしょう。

テラピアは魚です。

ジェレミーのサプリ摂取

ジェレミーは、トップ中のトップ選手にもかかわらず、あまりサプリを摂取しないそうです。

ただ、サプリが嫌いなわけではなく「必要だと思えば摂取するが、必要だと思わない」らしいです。

ただその分、食事には相当こだわっている様子

摂取するサプリは、普通のホエイプロテインと、大会前のファットバーナーだけだそうです。

動画などを見ると、他のサプリを摂取していたりしますが、おそらくスポンサーへの忖度でしょう。

ジェレミーブエンディアの画像

ジェレミーブエンディアの性格と現在

そんなジェレミーさんですが、引退後は何をしているのでしょうか。

性格と現在の動向についてまとめました。

ジェレミーは喧嘩っ早い性格

現役時代から、ジェレミーは割とトラブルメーカー的なところがありました。

2017年のオリンピア前の記者会見では、他選手が「俺が勝つ」と宣言したことで、イライラするなど。

傲慢と自信は紙一重なので、それだけトレーニングしてきたという自負もあるのでしょう。

引退後も、喧嘩したりと忙しそうです

これは、先日話題になった動画。

喧嘩を売った(売られた?)ジェレミーがノニト・ドネアばりの一撃をアゴに食らい、KOされてしまいました。

ジェレミーのDV疑惑

そんなジェレミーさん、流行りの#MeTooブームにも見事に乗っかっています。

元カノのHilda Amaralさんが、ジェレミーからのDV被害を訴えたのです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hilda Laura Amaral 🇻🇪🇵🇹さん(@hilda.laura.amaral)がシェアした投稿

要約すると、「ジェレミーに殴られたわ、あいつ口も悪いし最低のモラハラ男だわ」ということになります。

DV被害を訴えているのがHildaさんだけなら、ハメられた可能性も否定できませんが、なにせ他にも被害を訴えている女性が複数いるんですよね。

しかも、警察に通報した記録も残ってると。

結局、ジェレミーはインスタで謝罪動画を出しました。(今は消えた)

ジェレミー曰く「悪口言ったり怒鳴ったりはしたけど、殴ってはいない」「確かに俺はモラハラ男でキレやすいから、精神科行ってる」らしいです。

真相がどうであれ、この件でスポンサーが撤退しているので、影響は大きいですね。

ジェレミーのアパレルは?

ジェレミーは、HERA HEROというアパレルブランドをプロデュースしていました。

しかし、最近のインスタにHERA HEROを着た画像がアップされなくなったので様子がおかしいと思っていたら、CEOとモメて契約解除したらしいです。

「今後、俺はHERA HEROは着ないよ!」って言っています。

現在は、日本のCronosというブランドと契約をしています。

その関係で、先日ジェレミーは来日していましたね。

「日本サイコー!チュッチュッ」だそうです。

ジェレミーの更生を応援しよう

色々トラブルもありましたが、ジェレミーを擁護する声もあります。

多分、根は悪い人ではないのでしょう。

今後、日本に来る機会も増えると思うので、応援したいですね。まずは更生してください。

>>あなたも今すぐ副業パーソナルトレーナーとして月100万円を稼ごう【筋トレ歴3ヶ月でもOK】

この記事のURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。

筋トレ・運動に関する記事

>>筋トレと運動に関する記事

ボディメイクやダイエットの柱である「筋トレと運動」をテーマにした記事。筋トレや運動の効果的な方法や、コラムをまとめました。

食事・栄養に関する記事

>>食事と栄養に関する記事

カラダづくりで最も大切な「食事と栄養」をテーマにした記事。効果的な栄養摂取の方法や、サプリメントなどに関するコラムも。

初心者向けの記事

>>筋トレ初心者向けの記事

特に筋トレをこれから始める方・始めたばかりの方におすすめの記事です。

女性向けの記事

>>女性向けの記事

ダイエット・美ボディメイクを目指す、女性におすすめの記事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

月間10万人が読む、NSCA認定パーソナルトレーナー運営のフィットネスメディアです。国内外の情報を元に、筋トレやダイエットに関する正しい情報をどこよりも分かりやすく解説しています。「ダイエットしたい」「マッチョになりたい」など、一人ひとりの目的に合わせたボディメイクをサポートします。