アイリス・カイル Iris Kyleをwiki風に徹底解説!

こんにちは、パーソナルトレーナーのダイナマイト息子(@dynamitemusuko6)です!

女子ボディビル界の絶対女王、アイリス・カイル

IFBBプロビルダーの山岸秀匡さんの彼女兼ビジネスパートナーとして、NPCJの大会やセミナーで来日することも多く、目にしたことがある方も多いはず。

今回は、そんなアイリスカイルの経歴(2019年現在)トレーニングメニュー、食事など全てを紹介していきます。

>>あなたも今日から副業パーソナルトレーナーを始めませんか?【筋トレ歴半年でもOK】

アイリス・カイルの経歴・プロフィール

・身長170cm
・体重71~82kg
上腕 43cm
もも周り 73cm
・1974年生まれ

>>アイリス・カイルのインスタ
>>アイリス・カイルのTwitter

数字を見れば分かるように、筋肉量やばすぎますよね。男性顔負け

上腕43cmって何ですか?

アイリス・カイルの幼少期〜学生時代

アイリス・カイルは1974年、アメリカのミシガン州で6人兄妹の5人目として生まれました。

学生時代はスポーツ万能で、ソフトボールやバスケに熱中。

特にバスケは激ウマだったらしく、高校時代には年代別の全米代表にも選ばれています。

大学も、バスケで奨学金を得て進学しました。

ボディビルとの出会い

大学卒業後、カリフォルニアに移住します。

そこで、周りのマッチョマン達を見て、突然彼女のボディビル魂が目覚めました。

今でもその時のことははっきり覚えているそうで「私もあんな風になれる」と考えたそうです。

“息子”
「私もあんな風になりたい」ではないのが面白いですね。

そしてジムに通い始め、ガツガツ筋トレにハマっていきました。当時の愛読書はIRON MAN。

1994年には、知り合いの薦めで初めて大会に出場し、優勝してしまいます。

その勢いで、1998年には23歳でIFBBプロカードを取得。

プロとしてのキャリア

プロになってからも、Ms.インターナショナルなど様々な大会に出場し、2001年のMs.オリンピアのヘビー級で優勝します。

Ms.オリンピアとは

オリンピアの女子ボディビル部門。1980年〜2014年に実施されていた。2020年に復活予定。

2002年と2003年のオリンピアは、レンダマレー(1990年代女子ボディビル界のトップ選手)に敗れ、2位に。

2004年、ついにマレーを破り、オリンピアのタイトルを奪還しました。

レンダマレーは、アイリスカイルがボディビルを始めた時に憧れてた選手の1人で、彼女に勝てたのは大きな喜びだったでしょう。

引退宣言まで

2005年はMsオリンピアの審査基準の変更により、2位になってしまいました。

しかし、翌2006年から2014年までは、一度も王座を譲ることはありませんでした。

合計で10回Ms.オリンピアで優勝しています

オリンピア男子の優勝回数の最高がリー・ヘイニーロニー・コールマン8回なので、いかにアイリスカイルが無敵なのかが分かりますよね。

そして、2014年を最後に現役を退きました。

引退から復活〜現在まで

2015年9月、引退からカムバック。

復帰後、アイリスは2016年のRising Phoenix World Championshipsという女子ボディビルの大会に出場すると宣言。

しかし、ここで問題が。

彼女は2015年にどの大会にも出場していないため、IFBBはRising Phoenix World Championshipsの出場資格がないと表明。

同時に、他の大会に出場して上位を取り、改めてRising Phoenix World Championshipsの出場資格を獲得するように言いました。

これにアイリスはブチ切れ

「自分は女子ボディビルの伝説的存在なのだから、例外として認めろ」と。

この発言だけを見ると「ずいぶん偉そうだな」と思うかもしれませんが、実はそうとも言えません。

1975年を最後にボディビルを引退したアーノルドシュワルツェネッガーは、1980年に突如として現役復帰し、特例でオリンピアに出場し優勝しています。

なので「アーノルドはいいのに、なんで私はダメなの?」というアイリスの気持ちも分かります。

結局、彼女はRising Phoenix World Championshipsには出場せず、彼氏(我らが山岸秀匡)と筋トレしたり、セミナーなどをこなしていました。

とはいえ、そこは女子ボディビルで世界ランク1位のアイリスさん。

2020年には、Ms.オリンピアが6年ぶりに帰ってきます

アイリスも、優勝を狙って準備しているようです。

山岸秀匡さんとの関係

アイリスカイルが山岸秀匡さんと一緒にセミナーしたり、合トレしてるのを見たりして、どんな関係なのか気になる方もいると思います。

上にも書いた通り、彼女兼ビジネスパートナーですね。籍は入れていないようです。

山岸さんとは、一緒にセミナーをしたり、Bodi Cafeというフィットネスストアをラスベガスで運営していたり、サプリブランドのギャスパリのプロモーションもしています。

また、NPCJの大会やセミナーで山岸さんと来日することも多いですよね。

画像

これ、、、

日本なら男子に混ざっても大きめの大会で入賞できるくらいのレベルですよ、、

アイリス・カイルのトレーニング

背中トレ例

・チンニング(オーバーグリップ)
・チンニング(ニュートラルグリップ)
・ベントオーバーロー
・Tバーロー
・ケーブルロー
・ケーブルプルダウン
・DYロー

胸トレ例

・インクラインベンチプレス
・インクラインダンベルベンチ
・ダンベルベンチプレス
・ケーブルクロス
・腕立て伏せ

インクラインダンベルベンチを27kgストリクトでやってますからね。恐ろしいです。

肩トレ例

・スミスマシンショルダープレス
・サイドレイズ
・フロントレイズ
・ケーブルアップライトロー
・リアデルトマシン

腕トレ例

・ケーブルカール
・スカルクラッシャー
・バーベルカール
・ナローグリップベンチ
・インクラインダンベルカール
・ナロー腕立て伏せ
・プリーチャーカール

脚トレ例

・レッグカール
・垂直レッグプレス
・ハックスクワット
・45度レッグプレス
・フロントスクワット

アイリス・カイルのサプリ

スポンサーのギャスパリ・ニュートリションのサプリを使っています。

プロテイン、プレワークアウト、マルチビタミン、EAA、グルタミン、ファットバーナーを使っているようです。

2020オリンピアに注目

6年ぶりに復活するMs.オリンピア。

絶対女王、アイリスカイルが優勝するのか。それとも…?

楽しみですね。

>>あなたも今日から副業パーソナルトレーナーを始めませんか?【筋トレ歴半年でもOK】

この記事のURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。

筋トレ・運動に関する記事

>>筋トレと運動に関する記事

ボディメイクやダイエットの柱である「筋トレと運動」をテーマにした記事。筋トレや運動の効果的な方法や、コラムをまとめました。

食事・栄養に関する記事

>>食事と栄養に関する記事

カラダづくりで最も大切な「食事と栄養」をテーマにした記事。効果的な栄養摂取の方法や、サプリメントなどに関するコラムも。

初心者向けの記事

>>筋トレ初心者向けの記事

特に筋トレをこれから始める方・始めたばかりの方におすすめの記事です。

女性向けの記事

>>女性向けの記事

ダイエット・美ボディメイクを目指す、女性におすすめの記事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

月間10万人が読む、NSCA認定パーソナルトレーナー運営のフィットネスメディアです。国内外の情報を元に、筋トレやダイエットに関する正しい情報をどこよりも分かりやすく解説しています。「ダイエットしたい」「マッチョになりたい」など、一人ひとりの目的に合わせたボディメイクをサポートします。