あなたも副業でパーソナルトレーナーをしませんか?【筋トレ歴半年でもOK】

IFBBエリートプロとは?”2つのIFBB”と分裂の経緯を解説

こんにちは、パーソナルトレーナーのダイナマイト息子(@dynamitemusuko6)です!

世界最高のボディビル団体として知られるIFBB。

元々は1つの団体でしたが、2017年に分裂。現在では、2つのIFBBが存在する状況が続いています。

1つが、オリンピアなどを主催するIFBBプロリーグ

そして、もう1つが今回紹介するIFBBエリートプロです。

“息子”
先日、横川尚隆選手がIFBBエリートプロとなることを表明しました。

この2つの団体は、全くの別物。

この記事では、IFBBエリートプロの仕組みや特色、IFBBプロリーグとの分裂の経緯などを解説していきます。

「IFBBエリートプロって何?」と疑問に思っている方は、ぜひご覧ください。

“息子”
IFBBプロリーグに関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

>>あなたも今日から副業パーソナルトレーナーを始めませんか?【筋トレ歴半年でもOK】

2つのIFBBと分裂の経緯

1946年にIFBBが設立されてから、2017年までIFBBは1つの団体でした。

しかし、その中に2つの派閥があったのです。

1つは、アマチュア派。

彼らは、IFBB世界選手権などを開催し、アマチュアボディビルを発展させてきました。

もう1つは、プロ派。

彼らは、ミスター・オリンピアなどの華やかなプロ戦を開催し、ショーとしてのプロボディビルを発展させてきました。

それぞれの違いはありながらも、2017年までは同じIFBB内で共存していたのです。

方向性の違いから、2団体に分裂

アマチュア派のトップはラファエル・サントンハという方。

そして、プロ派のトップはジム・マニオンという方。

2017年、ついに2つの派閥が完全に分裂し、別団体となってしまいます。

プロ派はIFBBプロリーグとして、それまでと同様に変わらずミスター・オリンピアなどのプロ戦を運営。

対してアマチュア派は、それまでのアマチュア戦(IFBB世界選手権など)に加えて、独自のプロ資格を作りました。

それが、IFBBエリートプロです。

ミスター・オリンピアに出場しているのは、IFBBプロリーグのIFBBプロ。

IFBBエリートプロは、IFBB(元アマチュア派)が認定しているプロということで、全くの別物です。

日本ではあまり話題になりませんが、IFBBエリートプロもプロ戦を開催しています

IFBBプロリーグは、アメリカを中心に世界中で大会を開催しているのに対して、IFBBエリートプロはヨーロッパを中心に大会を開催しています。

IFBBエリートプロの特徴

では、IFBBエリートプロは、IFBBプロリーグと何が違うのでしょうか?

それには、2つの団体の考え方の違いを知る必要があります。

ショースポーツとオリンピック種目

(IFBBプロリーグの最高峰、ミスター・オリンピア)

(IFBBアマチュアの最高峰、IFBB世界選手権)

IFBBプロリーグは、ボディビルをショースポーツとして考えています。

大会の雰囲気も派手で盛り上がりますよね。

もちろん、ステロイドの使用も黙認されています。

一方で、IFBBエリートプロはボディビルをオリンピック種目にしたいと考えています。

大会はIFBBプロリーグと比べると淡々としていますし、ドーピングチェックと違反者への処罰もしっかり行います。

“息子”
といいつつも「お前ステロイド使ってるだろ」という選手もいたり、大会期間中にドーピングチェックをしなかったりという話もありますが…

「ボディビルをオリンピック種目にするとか、無理でしょ」と思う方もいるかもしれませんが、意外とそうでもないんです。

実際、IFBB(アマチュア派)の日本支部、JBBFはJOCの加盟団体です。

また、2002年と2006年のアジア大会では、ボディビル競技が行われたこともあります。

30年後くらいには、オリンピックの舞台でボディビル競技が開催されているかも…

他団体への出場禁止

 

この投稿をInstagramで見る

 

皆さまへご報告。

🇯🇵 Junpei Taguchi(@junpei_taguchi_ifbbpro)がシェアした投稿 –

IFBB(アマチュア派)は、所属選手に他団体の大会への出場を禁止しています。

彼らは、IFBBプロリーグを嫌いまくっているからです。

実際、JBBFでは他団体へ出場した選手に対し、2年間の出場停止と過去の成績を全て剥奪するという処分をしたことも。

田口純平選手(現IFBBプロ)が、JBBFに所属していた時、IFBBプロリーグ主催のアマチュアオリンピアに出場をしたことで、このような結果になりました。

とはいえ、田口選手はそのアマチュアオリンピアで見事にIFBBプロカードを獲得したので、JBBFから出場停止処分をされようが、痛くも痒くもないはずですが。

やはり、ボディビルといえばIFBBプロリーグ

やはり、ボディビルといえばIFBBプロリーグなんですよね。

ボディビルダーなら、やはり目指すのはミスター・オリンピアの舞台ですから。

IFBBエリートプロに世界的に有名な選手はいませんし、今後状況が変わるとも思えません。

NPCJが国内でIFBBプロリーグのプロクオリファイを開催するようになったことで、日本においてもJBBFからNPCJへ選手が移籍することも増えてきました。

JBBF→IFBBエリートプロ
NPCJ→IFBBプロリーグ

となると、そりゃNPCJを主戦場にしたいと考える人の方が多くなりますよね

個人的には、よほど熱心なボディビルファン以外は、IFBBエリートプロをチェックする必要はないかな、と思います。

>>あなたも今日から副業パーソナルトレーナーを始めませんか?【筋トレ歴半年でもOK】

この記事のURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。

シェアボタンはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です