[20卒]デキるOB訪問のやり方! 依頼からお礼まで全て網羅!

就活の第一歩、OB訪問。

「そもそも、どうやって、誰に、OB訪問頼むの?」

「普段、社会人と飯食う機会なんてないし、どういう顔すりゃいいんだよ」

などなど、色々な疑問が浮かぶと思います。

今回は、そんなOB訪問の手順と、それぞれの段階で大切なポイントを紹介します。

そもそも、訪問するOBが見つからない勢はこちらの記事を。

関連記事:OB訪問したいのにOBがいない! 誰でも出来るコネの作り方。

“息子”
始めから終わりまで解説!

スポンサーリンク

ステップ1: OB訪問のアポを取る

王道は、電話かメール

OB訪問のアポを取る際、王道の方法は電話とメールです。

これがねえ、、、めんどくさい!!!!!!!

メールならまだしも、電話。もうだるすぎ。

実は社会人も、同じこと思ってます。

メールならいつでも返信できますが、電話の場合、その時にしている作業が強制的に中断ですから。

ホリエモンも「連絡を電話でしてくる奴とは仕事するな」って言ってますしね。

なので、電話はやめた方がいいです。

メールでアポを取るにしろ、電話にしろ、基本的に内容はテンプレです。

テンプレに沿って、喋るか、メールを送りつけましょう。

メールのテンプレ↓

======

件名:【OB訪問のお願い】○○大学の○○○○です

株式会社○○○○

○○部 △△課

○○ ○○様

突然のご連絡を差し上げまして、

大変恐れ入ります。

私、○○大学の○○○○と申します。

大学のキャリアセンター名簿で○○様のことを知り、

ご連絡させていただきました。

現在広告業界に魅力を感じており、

多くの実績を持つ貴社に非常に興味を持ちました。

その貴社にて活躍されているOB(OG)の○○様にお話を伺いたく、

本日ご連絡をさせていただいた次第です。

こちらの都合で大変恐縮ではございますが、

下記日程でご都合よろしい日時はございますでしょうか。

  • 月●●日(●)10:00〜15:00
  • 月●●日(●)15:00〜20:00
  • 月●●日(●)終日可能

ご多忙とは存じますが、

いずれの日程でもご都合つかない場合、

再度改めてご連絡させていただければと思います。

お忙しいところ重ね重ね大変恐縮ですが、

何卒よろしくお願い申し上げます。

――――――――――――――――――――

○○大学○○学部○○学科△年

  • ● ●●

Tel:090-0000-0000

E-mail:xxxx@gmail.com

======

出典:https://jobrass.com/magazine/research/14256/

電話なら、これ↓

「○○大学の山田花子と申します。キャリアセンターの名簿で鈴木太郎さんを知り、お電話させて頂きました。現在、就職活動を控えており、企業研究にて御社に大変興味を持ちました。そしてぜひお話を聞かせていただきたいと考えました。お忙しいところ大変恐縮ですが、OB訪問のお時間いただくことはできますでしょうか? 」

出典:【アポイント】OB訪問の電話応対をマスターしよう!

  • 「どこで俺の事知ったんだよ」と思われないように、連絡先の入手経路を明かそう

それより、今は21世紀です。

メールと電話より、もっと便利な方法があります。

「OB訪問専用」マッチングサービス

TwitterなりFacebook経由でOB訪問の依頼をする人も中にはいます。

が、私のオススメはビズリーチ・キャンパスです。

転職サイト大手、ビズリーチのサービスで、OB訪問希望者とOBのマッチングサービスです。

OBに辿り着くツテがなくても、OB訪問が出来る素晴らしいサービス。もちろんタダ。

ありがとうインターネット。

ビズリーチ・キャンパスで、具体的にどうOB訪問をするのか。

  1. 企業名を調べる
  2. OB一覧が表示される
  3. メッセージを送る
  4. 返事が来るので、日程を合わせる
  5. OB訪問をする

という流れです。Tinderより簡単。

見ての通り、メールや電話などをする必要なく、サービス上で全てが完結します。

しかも、メッセージはLINEのようなチャット形式です。

メールや電話と違い、必要以上にかしこまった雰囲気を醸し出す必要はありません。

割とカジュアルで大丈夫です。もちろん程度はありますが。

「明後日OB訪問おけ?」とかは流石にダメです。

「こんにちは。メッセージ失礼します。(会社名)を志望していて、お話を聞かせてもらえればと思い、連絡しました。ご検討よろしくお願いします。」

ぐらいで大丈夫。

で、返信きたら日程調整してください。

このサービスは、総合商社など一部の企業が、公式でOB訪問を受け入れるツールとして利用されているほどのサービスです。

電話とか緊張するし、アプリで完結するならそれが最高ですよね。おすすめです。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

ステップ2: OB訪問の日程調整をする

気をつけるポイント

  • 向こうの都合を最優先。できるだけ合わせる
  • どうしても無理なら、超へりくだって「無理。他の日程は?」と言う

さて、OB訪問を依頼する電話をした場合、そのまま日程調整に移る場合もあります。

その時にテンパらないように、しっかりポイントを頭に入れときましょう。

僕はここでテンパり「OB訪問のアポの電話をしてきた学生」から「無言電話をかけてきた不審者」に突如として変貌したことがあります。

メールやビズリーチ・キャンパスで連絡をする場合も、テンパる心配はありませんが、これらのポイントを抑えておきましょう。

「無理。他の日程は?」のへりくだった言い方

  • 必ず代替案を提示しろ

就活という階級社会では、就活生は犬です。

これでもか、というほどへりくだっていきましょう。

「大変申し訳ないのですが、都合がつけられない状況です。〜日はいかがでしょうか?」

というような言い方が正解。100回暗唱して、頭に叩き込もう。

“息子”
代替案を提示するのが大切。「都合つかない?知らねえよ」となりかねない。

ステップ3: OB訪問の服装。第一印象で勝負

企業によって異なる

OB訪問の際の服装ですが、これは企業によって異なります。

ガチガチのスーツじゃないとダメな企業から、ビーサンに短パン、TシャツでもOKな企業もあります。

企業のホームページや、過去の選考体験談などから、どんな服装が適切か分かるはずです。

もし分からないのであれば、リクルートスーツが無難です。

どんな企業でも共通するのは、清潔感。

フケだらけだと一発で終わります。

“息子”
スーツのシワも確認!

ステップ4: OB訪問の持ち物

メモとペンだけでOK。

あとは、名刺があれば理想です。

というのは、OB訪問に行くと、OBの方が名刺を渡してくることが多いです。

名刺というのは、本来「交換する」もの。

こちらが、何も渡すものがなければ、なんとなく気まずい空気になります。

「あ〜〜〜、名刺くれなくていいよ。俺名刺持ってないから。」とは言えませんよね。

そんなに金かかるものでもないので、とりあえず作っておくのがオススメ↓

ビジネス名刺専門通販サイト「名刺通販ドットコム」
“息子”
100枚あれば、まず安心。

ステップ5: いざ、待ち合わせ!

遅刻は、死を意味する。

遅刻しない。遅刻だけはマジでやばい。

僕の個人的な経験ですが、OB訪問に10分ほど遅刻したことがあります。

待ち合わせ場所にOBはおらず、その後音信不通になりました。はい。

遅刻は気をつけて。

“息子”
10分前には着いてるくらいの余裕が理想!

あいさつする

元気よくあいさつ。軍隊並みの気合を見せろ。

OBから、名刺を受け取る時は両手で。

就活サイトを見ると「両手を胸の高さまで上げて〜」とか「自分の指を会社名や名前に重ねない」とか宗教じみたことが書いてあります。

普通に、そんなとこまで見てないので大丈夫です。社会人の身になって考えてみてください。

いちいちそんなことで「あっっっっ!!こいつ手をヘソの高さまでしか上げてない!!!!!ダメだ!!!」なんて思うわけないですよね。

マナーは、基本的に入社してから研修で学ぶもの。

学生の時点で完成されていたら、企業もわざわざ金かけて研修なんかやりません。

今、自分が知っている範囲で、丁寧な対応を心がければ充分です。

ステップ6: OB訪問の本番

あらかじめ質問を用意。

  • 対話を意識

適当に聞いときたい質問をメモっておいて、聞きましょう。

大切なのは、用意した質問を消化しようとしすぎないこと。

OB訪問は、あくまでも対話です。自然な会話を心がけてください。

OBが話しているときは、適当にフンフン言いながら相槌を。もちろん目を見て。

そしてメモを取りましょう。

“息子”
頭振りながらのメモは、就活の基本。

ステップ7: 食事の注文

注文のポイント

  • OBと同じものを頼め

OB訪問をすると、だいたい飯を食うか、お茶をすると思います。

ポイントは、OBが頼んだものと同じものを注文すること。

そうすると、大抵同じタイミングで運ばれてきます。

違うものを頼むと、気まずくなる可能性があります。

仮に、OBが「自家燻製したノルウェーサーモンと帆立貝柱のムースのキャベツ包み蒸し 生雲丹とパセリのヴルーテ」を頼んだとしましょう。

ここで、あなたが「味噌汁」を頼むと、大変なことになります。

あなたは、OBが頼んだ「自家燻製したノルウェーサーモンと帆立貝柱のムースのキャベツ包み蒸し 生雲丹とパセリのヴルーテ」がテーブルに来るまで、味噌汁に手をつけられません。

非常に気まずい空気が流れる上、味噌汁も冷めてしまいます。

“息子”
OBの頼んだ料理が、あなたの嫌いなものだったらしゃあなし!

お会計。タダ飯だけど…?

  • 一応財布出せ

OB訪問をすると、まず間違いなく食事代はOBが出してくれます。

ですが、一応財布を出して「え???いや俺が払うよ、遠慮すんなよ」みたいな顔しときましょう。

そして、「ありがとうございました、ごちそうさまです」とお礼を忘れず。

印象が変わりますからね。さすがに。

もちろん、食事代はOBのポケットマネーではなく、会社の経費です。そんなにペコペコしなくても大丈夫。

お別れ

  • 他のOBの連絡先を聞くのもあり。

「貴重なお時間を割いていただき、ありがとうございました。」とか言って別れましょう。

OB訪問の感触がよければ、他のOBの連絡先を聞いてみるといいでしょう。

ネットワークが広がるのでオススメ。

OB訪問の後の、お礼メール

  • 帰りの電車で、真っ先にお礼メール

「貴重なお時間を割いていただき、ありがとうございました。」

「〜さんとお会いして、ますます貴社で働きたいという気持ちが高まりました。」

「特に、〜のお話が大変参考になりました。」

「また、ご相談をさせていただく機会があれば、よろしくお願いします。本日はありがとうございました。」

OBと別れ、電車に飛び乗った瞬間、このようなテンプレ構成によるメールをOBに送りつけよう。

早ければ早いほど効果的。

何が参考になったかを、具体的に示すと印象に残るよ。

ビズリーチ・キャンパスなら、もう少しカジュアルなメッセージでも大丈夫でしょう。

まとめ

OB訪問は、面接とは違います。

相手は、訓練を受けた人事部の面接官ではありません。OBです。

後輩がわざわざ連絡して、会いに来てくれるわけです。

就活の大変さも知っているだけに、親身になって話を聞いてくれますよ。

緊張するかもしれませんが、意外と軽いノリだったりするので、ご安心を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です