【筋トレ】脂肪が筋肉に変わる?1回太る?失敗したくないならやめとけ

こんにちは、パーソナルトレーナーのダイナマイト息子(@dynamitemusuko6)です!

筋トレでダイエットやボディメイクに挑戦しようとしている方は、こんな話を聞いたことがあるかもしれません。

「脂肪が筋肉に変わるから、1回太るのが効果的」「1回太ってから痩せるといいよ!」

この考え方は、失敗の原因になります。

この記事の内容

・脂肪は筋肉に変わらない

・「1回太ってから痩せる」では失敗する理由

・具体的なボディメイクの方法を、男女別に解説

脂肪は筋肉に変わらない。2つは全く別のもの。

「脂肪が筋肉に変わる」というのは、です。

筋肉と脂肪は、全く別の組織なので、筋肉は脂肪に変わりませんし、脂肪は筋肉に変わりません。

肉の脂身を、全て赤身に変える方法なんてないですよね。

また、痩せる過程で筋肉が脂肪と混ざる、とかいう「ミルフィーユ現象」という話もあります。それも嘘。

筋肉内に脂肪ができることはありますが、それはミルフィーユ現象とは全く違う話で、病的な状態です。

トレーナーでも、当たり前のように「筋肉が脂肪に変わる」とか「ミルフィーユ現象が起きてる」とか言う人が結構いるので、注意してください。

間違いなく詐欺師なので、すぐ逃げましょう。

「1回太ってから痩せる」ことの害

「筋肉が脂肪に変わる」は完全な嘘ですが、「1回太ってから痩せる」という考え方は、100%間違ってはいるわけではありません。

その理由は、後ほど詳しく解説しますが、まずは「1回太ってから痩せる」ことのデメリットについて解説しますね。

「1回太ってから痩せる」の害1: 見た目が悪い

太ると見た目が悪いです。

冷静に考えると、見た目を良くするために、ダイエットやボディメイクを頑張ろうとしているのに「太る」とか意味不明じゃないですか?

「見た目を良くするために、見た目を悪くする」のは本末転倒。

「1回太ってから痩せる」の害2: 減量が面倒くさい

人間の体は、面白いことに「太っている人は太りやすい」「痩せている人は、太りにくい」という仕組みになっています。

特に、男性の場合はその傾向が強いです。

「1回太ってから痩せる」と言いますが、太った後に痩せるのって面倒くさいんですよ。

時間もかかるし、労力もかかります。

僕はトレーナーをしてますが、基本的には「1回太る」のではなく、逆に「まず痩せる」ことを勧めているのは、これが理由。

「1回太ってから痩せる」ってどういうこと?脂肪は筋肉に変わらないんじゃ?

でも、上に書いたように「1回太ってから痩せる」のは、あながち間違いではないんです。

太るくらい食べないと、筋肉はつかない

男性も女性も、筋肉を増やすためには摂取カロリーを増やさなければいけません。

筋肉を増やすためには、「摂取カロリー>消費カロリー」の状態にする必要があります。

脂肪を減らすためには、「消費カロリー>摂取カロリー」の状態にする必要があります。

「筋肉を増やす」のと「脂肪を減らす」のは相反するものなんですね。

基本的には、どれだけ筋トレを頑張っても、筋肉を増やしながら脂肪を減らすのは難しいのが現実。

だからこそ、筋肉を増やすためには「太るつもりで」食べないと、筋肉は増えずに中途半端になってしまうよ、ということで「1回太るのが効果的」という説明をする場合があります。

筋肉と脂肪を増やして、後で脂肪だけ削る

人によっては「1回太ってから痩せる」をもう1つの意味で使っていることもあります。

上に書いたように、筋肉を増やすには食べないといけません。

そこで、

  1. 脂肪も増えるけど、気にせずに筋肉を増やすことに集中
  2. 後で、筋肉を残しながら脂肪だけを削る「減量」をする

という手順で「筋肉を増やす」ことを勧める人もいます。

まさに、「1回太ってから痩せる」ですよね。

これは、実はボディビルの考え方が元になっているんです。

ボディビルでは、筋肉を増やす「増量期」と、筋肉を残しながら脂肪を削る「減量期」に分けて、食事を組み立てていくのが一般的。

この考え方を、ダイエットを含めた一般人のボディメイクに応用したのが「1回太ってから痩せる」という理論です。

これは時代遅れの考え方

ですが、この考え方は少し時代遅れ。

確かに、一昔前のボディビルダーは、筋肉を増やす「増量期」には、めちゃくちゃ食いまくってデブになるというやり方をする人が多かったんです。

ですが、今は違います

ここ最近の主流は、増量期でもバカ食いはせずに、脂肪をなるべく増やさずに筋肉だけ増やす、「リーンバルク」。

今のボディビルダーは、「増量期」でも腹筋がバキバキに割れた状態をキープしている人が多いんです。

それは、必要以上に多く食べても、その分が筋肉になるわけではなく、ただ脂肪が増えるだけだから。

脂肪を落としながら、筋肉を増やすのは難しい。

でも、正しく栄養摂取を組み立てれば、脂肪をなるべくつけずに、筋肉だけを増やすのは可能です。

わざわざ「1回太る」必要がないんですね。

また、大会を目指してトレーニングしないなら、いわゆる「増量期と減量期」を分ける必要はありません。

「1回太ってから痩せる」は意味なし。じゃあどうする?

ここからは、具体的にどうボディメイクを考えていけばいいのかを、性別・目標・現在の体型などに合わせて解説していきます。

女性のボディメイクとダイエット

「1回太ってから痩せる」必要はありませんが、女性の場合は特に、そういう発想で筋トレをしていくのは大切です。

というのは、多くの女性は「ダイエット」をする必要がないのに「ダイエット」をしてしまうからです。

理想の体型を手に入れるためには、「体重を減らす」ことが必ずしもベストではありません。

例えば、日本人に多いスキニーファット(隠れ肥満)と呼ばれる状態なら、いわゆる「ダイエット」では解決しません。

必要なのは「増量」「減量」「リコンプ」の3つの中から、あなたに必要な食事法を見分けること。

それがボディメイク・ダイエットを成功させる秘訣です。

必要な食事法の見分け方、筋トレの方法、食事の方法などボディメイクに必要な情報は全て、こちらの記事にまとめてあります。

男性のボディメイクとダイエット

男性向けのボディメイク・ダイエットの方法は、こちらの記事で解説しています。

ダイエットやボディメイクに必要な情報の全てを、網羅しています。

脂肪は筋肉に変わらない。1回太ってから痩せる必要はない

「1回太ってから痩せる」はまだしも、脂肪が筋肉に変わるのは完全な嘘。

他にも、ダイエット関係では間違った情報が多くあります。

いろいろ疑いながら、正しい方法を身につけていきましょう。

ダイエット関連では、間違った情報が非常に多く溢れています。

それらの情報を信じてしまうと、結果が出ずに挫折してしまう原因に。

免許を取る時に、教習所に通うように、まずはオンラインパーソナルトレーニングで正しいトレーニングを学んでみてはいかがでしょうか。

歩いていくのではなく、新幹線のキップを買ってしまいましょう。

>>ダイナマイト息子のオンラインパーソナルトレーニングについて・無料カウンセリングはこちら

ダイナマイト息子のSNS

noteはこちら

この記事のURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。

男女別筋トレのまとめ記事(無料)

>>男性向け筋トレまとめ記事 >>女性向け筋トレまとめ記事

筋トレ・運動に関する記事

>>筋トレと運動に関する記事

ボディメイクやダイエットの柱である「筋トレと運動」をテーマにした記事。筋トレや運動の効果的な方法や、コラムをまとめました。

食事・栄養に関する記事

>>食事と栄養に関する記事

カラダづくりで最も大切な「食事と栄養」をテーマにした記事。効果的な栄養摂取の方法や、サプリメントなどに関するコラムも。

初心者向けの記事

>>筋トレ初心者向けの記事

特に筋トレをこれから始める方・始めたばかりの方におすすめの記事です。

女性向けの記事

>>女性向けの記事

ダイエット・美ボディメイクを目指す、女性におすすめの記事です。

一生体型で悩まないボディメイク術を教えます

2ヶ月で10kg痩せても、何の意味もありません。習慣を変えなければ、いずれ元通りになるからです。ダイナマイト息子のオンラインパーソナル指導では、5年後、10年後を見据えた「一生モノ」のボディメイク術をコーチングします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

月間10万人が読む、NSCA認定パーソナルトレーナー運営のフィットネスメディアです。国内外の情報を元に、筋トレやダイエットに関する正しい情報をどこよりも分かりやすく解説しています。「ダイエットしたい」「マッチョになりたい」など、一人ひとりの目的に合わせたボディメイクをサポートします。