学生から社会人までこれ一冊でOK! “究極の”英単語がオススメすぎる! アプリもあり

「究極の英単語」という単語帳があります。

「究極とか大げさなこと言ってんじゃねーよ」と思うかもしれません。

しかし、この単語帳はまさしく究極です。なぜか。

中学生から、TOEIC満点、英検1級狙いの猛者まで、ありとあらゆるレベルに対応できる、唯一の単語帳だからです。

また、単にテストの点数が欲しいだけでなく、留学や海外駐在を控えた方の、実践的な英語学習にも対応できます。

そんな「究極の英単語」の最強っぷりを、ご紹介しましょう。

スポンサーリンク

出る順に12000単語まとめている

この「究極の英単語」は、アルクという会社から発売されています。

英語学習者の方は、聞いたことがあるかもしれませんね。

アルクは、英語教材関連の企業の中では、老舗です。

そんなアルクが、実際に英語圏でネイティブスピーカーに使われている英単語を、使われる頻度順に上から12000語並べた単語帳が、この「究極の英単語」なんです。

その12000語を、更に12レベルに分けています。

レベル10を越えてくると、映画やドラマ、本などを読んでいても、知らない単語に悩まされることはほとんどなくなります。

もちろん、TOEICや大学受験レベルでは、知らない単語に出会うことはありません。

また、そのレベルになれば、分からない単語があっても、文脈から意味を推測できるようになります。

辞書で調べる煩わしさから解放される上、単語帳などを使ってボキャビルをしなくても、生の素材からバンバンボキャブラリーを増やすことができる、好循環が生まれるんです。

TOEIC・TOEFL頻出単語は印あり

とはいえ、TOEICやTOEFLといった、特定のテストに向けた集中的な単語学習をしたい方もいると思います。

「究極の英単語」は、そんな人にも対応できるようにTOEICとTOEFLの頻出単語にはマークがついていて、ひと目で分かるようになっています。

TOEICで900点を越えるのが目標であれば、レベル10までの全ての単語と、頻出単語を抑えれば充分です。

800点レベルなら、全ての頻出単語を抑えるだけで単語面はクリアできます。

ホンモノの英語力がつく

「究極の英単語」を使えば、TOEICやTOEFL、大学受験などのテストを越えた、ホンモノの英語力が身につきます。

というのは、留学や駐在などで実際に英語圏で生活したり、英語の本やウェブサイト、映画を観る力がつくということです。

当然ですよね。実際に使われている単語が12000語並んでいるわけですから。

12000語レベルになると、専門的な文章を除くと、どんな文もスラスラ読めるようになります。

日常生活で分からない単語もなくなり、映画もボキャブラリー面での問題はなくなります。

どうせ英語を勉強するなら、テストだけに留まらない英語力を身に着けたいと考えている人も多いと思います。

現在大学受験などを目標にしている人でも、将来海外留学をするかもしれませんし、出張や駐在で英語を使う機会はあるでしょう。

そのレベルに対応できるこの単語帳は本当にオススメです。

12000語の対応レベルを見ると、英検1級レベルになっています。

このレベルであれば、99%の人にとっては充分です。

単語帳としての機能もバッチリ

・単語、例文のブックマーク機能

・テスト機能

・例文と単語を音楽のように聞き流せる機能

等が使えます。

先ほど紹介したTOEIC・TOEFL頻出単語のマーク以外にも、単語のブックマーク機能や、例文もついています。

チェックを入れた単語は、まとめて確認できます。そして、単語だけでなく例文のブックマーク機能もあります。

使いやすい単語帳に必須の機能ですよね。当然、発音も音声で確認できます。

テスト機能もついていて、弱点となる単語がハッキリ分かるのも特徴です。

実際にこの単語帳を使った結果は?

私は1年間英語圏に留学をしました。

留学前に、レベル10までの単語を覚えた状態でした。

その1年間、スラングなどを除くとボキャブラリーの面で困ったことはありませんでした。

分からない単語は、授業で出てくる超専門的な単語だけ。

テストの点数でいえば、TOEICは955点、TOEFLは97点を取得。使った単語帳は、この「究極の英単語」だけです。

“息子”
一冊で充分やんけ!

まとめ

単語帳にしろ文法書にしろ、幅広く手を出すより、どれか1冊を選んで絞る方がいいです。

「これさえやればいい」と分かると、ゴールが分かりやすく気持ちが楽になります。

その点、この単語帳はモンスター。これさえやればボキャブラリーに関しては完璧です。

値段は高めですが、この1冊だけでボキャビルが完成すると考えると、値段以上の価値があります。

何冊も単語帳を買うと、もっと値段が張りますからね。

アプリ版とKindle版は、これ一つで12000語すべての単語と、音声がついています。

書籍は、4つに分かれている上、音声は別売りです。

なので、基本的にはアプリ版かKindle版をオススメします。

しかし書籍であっても、自分にあったレベルの範囲だけを買えば、そこまで値段は張りません。

例えば、今まである程度英語を勉強してきた人であれば、Vol.3から始めてもいいでしょう。

また、Vol.4までのレベルは必要ない、という人もいるでしょう。書籍はそういった柔軟な使い方もできます。

iPhoneアプリ版はこちら↓

現時点でAndroid版のローンチは未定です。

しかし、代わりにKindle限定で、Vol.1から4までセットになったバージョンがあります。

もちろんAndroidスマホで利用できます。

音声で発音も確認できるなど、iOSアプリ版と遜色ありません。そちらもオススメです。Kindle版はこちら↓

 

書籍版はこちら↓

Vol.1

Vol.2

Vol.3

Vol.4

音声データはこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です