あなたも副業でパーソナルトレーナーをしませんか?【筋トレ歴半年でもOK】

エディホールの経歴やトレーニング 世界最強ストロングマンの全て

こんにちは、パーソナルトレーナーのダイナマイト息子(@dynamitemusuko6)です!

バキバキの肉体美を競い合うボディビルダもカッコいいですが、地球上で最強の男を決めるストロングマンもカッコいいですよね。

そんなストロングマンの中でも、最強な「ストロンゲストマン」として知られる男がエディホール。

デッドリフトのベストは500kg(世界記録)

スクワットも400kgオーバー。

この記事では、そんな最強の男の経歴やトレーニングを徹底解説していきます。

>>あなたも今日から副業パーソナルトレーナーを始めませんか?【筋トレ歴半年でもOK】

エディホールのプロフィールと経歴

・身長 190cm
・体重 159kg

>>公式インスタ
>>公式YouTubeチャンネル
>>公式Twitter
>>公式Facebookページ

体重159kgで腹筋割れてるっておかしいでしょwww

パニック障害に悩んだ少年時代

エディは1988年にイギリスで生まれました。

裕福な家庭で、家政婦もいるほどでした。

エディは子供の頃からラグビーや水泳などのスポーツを楽しんでいましたが、12歳の頃に家政婦がガンと診断されたことで、パニック障害を患ってしまいます。

パニック障害は少しずつ悪化していき、大好きだった水泳もやめてしまうことに。

また、学校も退学しホームスクーリングをすることになりました。

結果、エディは荒れてしまい、友人や家族との関係も悪くなったそうです。

変わったきっかけはストロングマンに出会ったこと

その後も数年間、荒れた生活を送っていたエディ。

「このままではいけない」と考え、カウンセリングを受けることにしました。

自分と向き合うという辛い時間を過ごしながら、少しずつパニック障害を克服していきます。

車の整備士として働き始めていたある日、彼は筋トレを始めました。

すると、驚くことにパニック障害が治ったのです。

当初はパワーリフティングと並行してボディビルも行っていましたが、ある日ストロングマンコンテストという大会を知り、出場してみることに。

なんと、エディは初出場のストロングマンでいきなりイギリス王者になってしまいます。

こうして、彼は世界最強の男への1歩を踏み出したのです。

イギリスから世界のストロングマンへ

その後、まずは「バイキングホールド」という種目で1分18秒のイギリス記録を樹立。

バイキングホールドは、40kgの斧をどれだけ長く持っていられるかを競う競技。

(バイキングホールド)

以降、活躍の場をヨーロッパ全体に移したエディは、世界中で名の知られた存在になっていきます。

2012年、ストロングマンの世界大会に初めて出場し、18位という結果を残しました。

2014年には、6位に入賞。

2015年には、アーノルドクラシック・オーストラリアでデッドリフトの世界記録を樹立。

この時の記録は462kgでしたが、現在の記録はなんと500kg。

人間が500kgをデッドリフトできるとは信じられませんが、こちらが動画です。

デッドリフトし終えたあとに、力尽きて倒れ込んでいます。意味がわからない世界…

そして、2017年にはついにストロングマンで世界一になりました。

今後は、ストロングマンには出場せずに「健康な」生活を送っていくそうです。

エディホールのトレーニング

世界一の男のトレーニング内容は、どんなものなのでしょうか。

筋トレをガンガンやり込んでいるわけではなく、マッサージやストレッチ、アイスバスなど、体のケアにもかなり気を使っているそうです。

瞑想もして、1日13時間の睡眠もするとのこと。

家族に会えるのが週に1~2時間だけで、めちゃくちゃ辛いと話しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Working out with wifey this morning @alexandra_stronglife ❤️ #TheWorldsStrongestMan Big Love Team Beast

Eddie hall – The Beast(@eddiehallwsm)がシェアした投稿 –

月曜日のトレーニング

・水泳
・スクワット
・レッグプレス
・レッグカール
・グッドモーニング

火曜のトレーニング

・ベンチプレス
・インクラインベンチプレス
・インクラインダンベルプレス
・トライセプスエクステンション
・ローププレスダウン

水曜のトレーニング

・ストロングマンの種目練習

木曜のトレーニング

・デットリフト
・ラットプルダウン
・シーテッドロウ
・バイセップカール

金曜のトレーニング

・ダンベルショルダープレス
・スミスマシンプレス
・サイドレイズ
・シーテッドサイドレイズ
・カーフレイズ

土曜のトレーニング

・コンディショニング

日曜のトレ

・コンディショニング

エディホールの食事

エディホールは人ではないので、増量期は1日12,000kcalを摂取するそうです。

食事例

「食ってるものは普通だよ、量が違うんだよ」と話す食事の例を紹介。

1食目

・果物やらウェイトゲイナーやらブチ込んだスムージー
(800kcal)

2食目

・大量の卵でオムレツ
・オートミール
・フルーツ
(2,200kcal)

3食目

・ココナッツオイル30g
・プロテイン
・アーモンド75g
(750kcal)

4食目

・胸肉300g
・米500g
・野菜200g
(1,400kcal)

5食目

・バナナ
・プロテイン
・アーモンド80g
・牛乳
・ピーナッツバター50g
(1,300kcal)

6食目

・クランベリージュース1リットル
(750kcal)

7食目

・バターミルク1リットル
・ココナッツウォーター1リットル
(1,200kcal)

8食目

・ボロネーゼ(パスタ300gとひき肉300g)
・ジュース
(1,150kcal)

9食目

・軽食
・プロテイン

エディホールの画像と名言

世界で1番「力」というタトゥーが似合う男。

名言

俺は不健康だよ。人間の体はこのサイズになるようにできていないからな。

脂質は1gで9kcalも稼げる。しかも消化しやすい。俺にとっては最高の燃料だったんだ。

>>あなたも今日から副業パーソナルトレーナーを始めませんか?【筋トレ歴半年でもOK】

この記事のURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。

シェアボタンはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です