【トレーナー監修】ダイエットでは絶対に我慢するな【ストレスは敗北】

こんにちは、パーソナルトレーナーのダイナマイト息子(@dynamitemusuko6)です!

「ダイエット=我慢」というのは、多くの人が持っているイメージ。

「ダイエットに失敗する人は、我慢ができなくて失敗する」と考えている人もいるでしょう。

しかし、ダイエットで「我慢」はあまり必要ないもの。

というより、「我慢」しているなら、その時点でダイエットは失敗しています

この記事では、

・誤解されがちな「ダイエットと我慢」の関係

・どうしても我慢出来ない時の対処法

について解説していきます。

我慢した時点で、ダイエットは負け【ストレスは敵】

「ダイエット=我慢」というのは、間違いです。

ダイエットでは、食べなければいけない

ダイエットを始めると、9割の人は「食べる量をひたすら減らしまくる」という手段で痩せようとします。

これでは、ダイエットは失敗してしまいます。

ダイエットでは、食べなければいけません

食べる量を減らし、摂取カロリーを落とせば落とすほど痩せる、というわけではないからです。

そもそも、太る原因は「習慣」にあるわけです。

仮に「食べないダイエット」で痩せたとしても、元の生活に戻せば体型も元に戻るだけ。

「習慣」を変えないと、ダイエットは成功しません。つまり、ダイエットは一生続くんです。

だからこそ「我慢」とか「好きなものを食べない」とか「ストレス」とか、ありえませんよね。

“息子”
「それ一生続けるの?」っていうこと!

摂取カロリー量と、満腹度は比例しない

腹いっぱい食べたからといって、必ずしも摂取カロリーも多くなるとは限りません。

逆に、少なめに食べたつもりでも、摂取カロリーが増えまくる、ということは起きます。

“息子”
「太る」かどうかは、食べた量ではなくカロリーで決まる。

ピザを少し食べるのと、キャベツを腹いっぱい食べるので、摂取カロリーはどちらが大きくなるか。

もちろんピザ。

これは極端な例ですが、本来「食べなすぎて腹が減る」ということは、まず起きないんです

無駄にカロリーが高いくせに、腹を満たさないものを食べるから、腹が減るのであって、「ちゃんと」食べていれば、食欲に悩まされることはありません。

まず「ちゃんと」食べてみる

ダイエットをしていて「我慢できない」ことで悩んでいるなら、まずダイエットをやめましょう。

「ちゃんと」食べることができないなら、ダイエットもできません。

まずは栄養バランスを考えながら、「消費カロリー≒維持カロリー」の状態にすること。

「消費カロリー≒維持カロリー」ってのは、リコンプのことです。

これを1ヶ月くらい続けましょう。

この時点では、間食などを我慢する必要は全くありません

とにかく「ちゃんと」食べることだけを心がけてください。

やってみると分かりますが、「ちゃんと」食べていれば勝手に食欲は減ります

“息子”
「我慢する」ではなく「食べる気が起きない」状態になる!

「我慢する」っていうのはストレスが溜まるのでよくないし、溜まったストレスはいつか爆発します。

人間は「食べちゃダメ」って思うから、食べたくなるんですよね。

どうしても我慢できない時の対処法【ストレスが爆発する前に】

とはいえ、おいしいものに限ってカロリーが高いのも事実。

また、毎日「ちゃんと」食べるのは大変です。人によっては、それはそれでストレスが溜まるでしょう。

何より最初から、上に書いたことを完璧に実行するのは難しいでしょう。

ここからは、ダイエット中「どうしても我慢できない時に」どう対処すればいいかを解説していきます。

対処法1. カロリーゼロ・糖質オフ系の食品をうまく使う

21世紀は最強なので、「美味いのに低カロリー」という食品も増えてきました。

ダイエット中でも食べられるアイスや、パンケーキなど。色々あります。

それらの食品を、うまく使っていくことで、ストレスを軽減しましょう。いい時代だ。

対処法2. フルーツを食べる

甘いものが食べたくなったら、フルーツを食べるのがおすすめ。

スタバのいかれたラテと違って、フルーツならダイエット中に食べても全く問題ありませんし、むしろ積極的に食べたいくらい。

どんなフルーツでもいいですが、果物ジュースやスムージーはやめましょう。

あれは、ジュースです。果汁100%でも同じ。

果糖ブドウ糖液糖という、この世で1番最悪な糖分が大量に含まれています。

どうしても飲みたいなら、ミキサー使って自分で作りましょう。

で、作ったらすぐに飲むこと

対処法3. プロテインを使う

最近のプロテインは美味いので、それ自体でも満足度が高いです。

おやつの代わりにプロテインを飲むだけで、満足度は同じでも、結果は全く違います。

そして、もう1つプロテインで素晴らしいのは、食欲を抑制する効果があること。

例えば、食前(30分前くらい)にプロテインを飲むことで、食べる量を控えめにすることができます。

また、食後の血糖値の急上昇を防ぐという点でも、食前のプロテインはおすすめ。

“息子”
野菜にも同じような効果が期待できます!

対処法4. そもそも食べていい。我慢の必要はない

対処法というか「食べてもいいよ」っていう話。

“息子”
「ちゃんと」食べろ、って言うけど、ピザは食べちゃだめなの?ラーメンもだめなの?

と思うかもしれませんが、そんなことはないです。食べてもいいんです

ストレスを感じるくらいなら、食べましょう。自己嫌悪する必要もありません。

ただ、バランスを考えましょう。

具体的には、前後でしっかり調整してください。

それができれば、「食べてはいけないもの」なんてのはありません。完璧じゃなくてもいいんです。

対処法5. 我慢しないダイエットの経験を積むこと

これも「対処法」というか、「我慢」の原因を取り除くようなアプローチ。

なぜダイエットでは「我慢」するのか。そりゃ「太る」からですよね。

なぜ「太る」のが嫌なのか。まず見た目ですよね。

そして、もう1つの理由として「ダイエットが面倒くさいから」ってのがあるんです。

太ると、辛い辛いダイエットをしなければいけない。だから「我慢」しなきゃいけない。

これって、ものすごい悪循環にハマった状態

ストレスなしでダイエットができるなら、多少太ったところで全く問題ないんです。

その気になれば、思ったとおりに体型をコントロールできるわけですから。

年末年始などで「少し太ったな〜」と感じても、すぐに元に戻せる。

「我慢しないダイエット」をすることで、「ストレスなしで痩せられる」という自信がつく。

それは、食べ過ぎた後の、自己嫌悪から逃れることにもつながります。

だからこそ、ダイエットでストレスを溜めてはいけないんです。

“息子”
「正しいダイエットができる」スキルは、英検1級より人生で役に立つスキルです!

ストレスはダイエットの敵。我慢したらダイエットは負け

というわけで、ダイエットで「我慢」しないことが、どれだけ大切か、ということがお分かり頂けたと思います。

今回紹介した方法を使いながら、ストレスや不安を感じずにダイエットをする。

それができれば、少し食べ過ぎたくらいでストレスを感じることはなくなり、快適に人生を送ることができます。

少しずつでいいです。まずは「ちゃんと」食べるところから始めてみましょう。

最初は面倒かもしれませんが、慣れると簡単ですよ。

>>最短距離で体を変えたい方・筋トレの成果が出ずに悩んでいる方はこちら

この記事のURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。

筋トレ・運動に関する記事

>>筋トレと運動に関する記事

ボディメイクやダイエットの柱である「筋トレと運動」をテーマにした記事。筋トレや運動の効果的な方法や、コラムをまとめました。

食事・栄養に関する記事

>>食事と栄養に関する記事

カラダづくりで最も大切な「食事と栄養」をテーマにした記事。効果的な栄養摂取の方法や、サプリメントなどに関するコラムも。

初心者向けの記事

>>筋トレ初心者向けの記事

特に筋トレをこれから始める方・始めたばかりの方におすすめの記事です。

女性向けの記事

>>女性向けの記事

ダイエット・美ボディメイクを目指す、女性におすすめの記事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

月間10万人が読む、NSCA認定パーソナルトレーナー運営のフィットネスメディアです。国内外の情報を元に、筋トレやダイエットに関する正しい情報をどこよりも分かりやすく解説しています。「ダイエットしたい」「マッチョになりたい」など、一人ひとりの目的に合わせたボディメイクをサポートします。