【糖質制限】医者が勧めるダイエットを真に受けるな【プロテインは危険】

こんにちは、パーソナルトレーナーのダイナマイト息子(@dynamitemusuko6)です!

ここ数年は、フィットネスブームの影響でダイエットを意識したり、ジムで筋トレに励んでいる人も多いですよね。

また糖質制限ダイエットがトレンドになり、シャリを少なめに出す寿司屋まであるほど。

テレビでは、医師が出演する健康番組が毎日のように放送され、書店に行けば「医者が教える〜」なる健康本が平積みになっています。

医師が発信しているので、なんとなく信用できそうな情報に見えてしまうものですが、中は嘘とデタラメにまみれたものも多いんです。

この記事では、僕の専門であるフィットネス関連の情報を例に、世に出回る医者が発信している情報は、一概に信用できる内容ではないということを解説していきます。

医師のデタラメその1. プロテインは危険

本も出してる医者の記事

ダイヤモンド・オンラインに掲載されたこの記事は『医者が教える食事術 最強の教科書』という本からの抜粋。

一発ギャグかと思うほどの記事なので、紹介していきます。

“息子”
ダイヤモンドに真面目な顔してツッコむのもギャグなんですが、いきます

人工的なタンパク質とは

記事のはじめ、自称医者の著者は、「人工的なタンパク質」の大量摂取は、腎臓を悪くすると書いておられます。

人工的なタンパク質ってなに??

記事では自然食品に含まれていないタンパク質を「人工的なタンパク質」と呼んでますが、多分プロテインのことを言ってるのでしょう。

まずプロテインは「人工的につくられたタンパク質」ではありません。

ホエイプロテインとカゼインプロテインは牛乳。ソイプロテインは大豆が原料です。

それぞれ牛乳と大豆から、タンパク質を抽出して粉にしています。

プロテインが「人工的なタンパク質」なら、人の手で精製された白米は「人工的な糖質」とでも呼ぶのかな。

ヨーグルトは「人工的な食品」?納豆は?

そもそも、「人工=危険、天然=安全」という考え方に根拠がないです。

西洋医学を全否定するんですかね。医者なのに。

“息子”
多分この人は、片岡鶴太郎みたいな食生活してるんでしょう。

タンパク質の大量摂取は危険?

次に、人工的なタンパク質の大量摂取は危険だと説明しています。

「天然のタンパク質ならいいのかよ」という非常に鋭い疑問は置いといて、そもそもタンパク質の大量摂取は健康によくないのでしょうか。

腎臓に疾患がある方の場合、タンパク質の摂取を制限する食事療法が処方されたりします。

以前、オーストラリアでプロテイン飲んでタンパク質を「大量摂取」していた女性が亡くなったというニュースがありましたが、彼女は腎臓に持病を持っていました。

腎臓疾患を持つ方にとっては、タンパク質の大量摂取は有害といえます。

しかし、健康な人であれば、タンパク質の摂取は全く問題になりません。

ググれば大量に研究が出てきます。

毎日体重×3gのタンパク質を摂取しても、健康に影響はなかったという論文

体重×4.4gを毎日摂取しても影響はなかったという論文など。

日本語ならこれとか。

普通に筋トレをしている人が1日に摂取するタンパク質の量は、男性でせいぜい体重×2.5g。

プロテインで健康被害なんて出るわけないです。

そんなに危険なら、世界中で販売禁止されてるでしょうね。

どう考えても年間で300万人死んでる酒の方が危険。

プロテインに含まれるタンパク質の量

このお医者さんによると、プロテインなどの人工的なタンパク質には、自然食品とはレベルが違うほど大量のタンパク質が含まれているそう。

プロテイン1杯に含まれるタンパク質って、だいたい25gほど。

これ、鶏肉100gちょいくらいと同じです。コンビニのサラダチキンと同じくらい。

どこが「大量のタンパク質」なのかよく分かりません。

彼は普段、道端に生えてる天然の雑草でもむしって食ってるから、タンパク質についてご存知ないのでしょうか。

日本人は、タンパク質不足

むしろ日本人は、圧倒的にタンパク質の摂取量が不足しています。

終戦直後と同じレベルです。栄養不足の状態。

“息子”
戦後は続くよどこまでも、、、

まともな医者なら、タンパク質の過剰摂取が云々と言う前に、この異常事態に警鐘を鳴らすはずです。

医師のデタラメその2. ダイエットにカロリーは関係ない

糖質制限ブームの闇

糖質制限が流行りだしてから、痩せるにはカロリーは関係なく、「血糖値さえ上げなければいい」という極端な内容の本が多く出版されています。

ネットにある記事だと、この記事とかこの記事とか。

“息子”
さっきのプロテイン記事と同じ医者だったwww

たまたまこの医者の記事を見つけましたが、他にも同じような主張をしてる医者が何人かいますね。

太る原因は糖質

脂肪が合成される唯一の原因が、余った糖なんだそうです。

意味が分からない

じゃあ毎日脂身だらけの肉を300kgぐらい食ってみてくれ。白鵬に勝てるから。

タンパク質は脂肪になりにくいですが、脂質は普通に脂肪になります。

カロリー制限は意味がない?

彼らによると、太る唯一の原因は、血糖値が上がってインスリンが分泌されるから。らしいです。

もちろん、これは間違いではないですが、インスリンは太る唯一の原因ではありません。

信じられない方は、毎日そばと焼肉3kg食べてみるといいです。

血糖値は上がりませんが、余裕で相撲部屋に入れます。

テレビで有名な南雲先生のダイエット

南雲先生は1日1食しか食べないらしい

テレビにもよく出ている南雲吉則。

何冊か本を出していますが、1日1食のダイエットを勧めています。

痩せる上に、健康に生きられるそうです。

あのさあ、、、、、

不健康の極みですよこんなの。

1日1食だと、ほとんどの人は1日の摂取カロリーが基礎代謝以下になります。

片岡鶴太郎とか絶対不健康じゃないですか。

上にも書きましたが、現代の日本人の栄養摂取レベルは終戦直後と同じレベルです。

女性は特にひどい。

“戦後レベル”の20代女子痩せすぎ問題。痩せ妊婦は子どもの生活習慣病を引き起こす

日本女性の摂取カロリーは終戦直後以下、食糧難のケニア並み 医師は「このままでは国が滅びかねない」

普通に考えて、栄養不足で健康に生きるのは無理です。

空腹で脳が活性化する?

空腹って、体のエネルギーが足りていない状態。

脳もエネルギー不足。活性化なんかするわけないです。

脳は追い詰められたらパワーアップなんてしません。人間はパワプロとは違います。

てか南雲吉則って、乳腺が専門ですよね。なんでこんなこと書いてるんでしょう。

僕は、この人が人類の絶滅を狙う闇の組織の首領だと思ってます。ロケット団かなんかの。

フェイクニュースと同じ流れ

結局、こういう医者は売名するのに必死なだけ。人の健康を害してまで、金が欲しいと。

医者という肩書にものを言わせて、センセーショナルな内容を発信していく。

その方が、多くの人に届くのが現実。フェイクニュースと同じ。

まともなこと言ってても、誰も見向きもしないですからね。

「ダイエットには食事制限と適度な運動が必要で〜」なんて喋っても、全員シカトです。

ダイエットやフィットネスの分野だけでなく、トンデモ医者はたくさんいます。

健康番組という体のバラエティ番組にもいっぱい出演してます。

なんなら、私たちの身近にもいるかもしれません。

肩書で殴りつけてくる連中がいる中で、できることは「自分で判断する」こと。

「医者だから」「弁護士だから」「税理士だから」「パーソナルトレーナーだから」

なんでも同じだと思います。名前だけじゃ信用できない。もちろん、この記事も同じ。

肩書で物事を見るのではなく、自分で内容を判断できないと、下手すりゃ命が危ない。

世知辛い世の中ですが、今日も頑張って生きましょう。

>>ダイナマイト息子のオンラインパーソナルトレーニングについて

ダイナマイト息子のSNS

noteはこちら

この記事のURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。

男女別筋トレのまとめ記事(無料)

>>男性向け筋トレまとめ記事 >>女性向け筋トレまとめ記事

筋トレ・運動に関する記事

>>筋トレと運動に関する記事

ボディメイクやダイエットの柱である「筋トレと運動」をテーマにした記事。筋トレや運動の効果的な方法や、コラムをまとめました。

食事・栄養に関する記事

>>食事と栄養に関する記事

カラダづくりで最も大切な「食事と栄養」をテーマにした記事。効果的な栄養摂取の方法や、サプリメントなどに関するコラムも。

初心者向けの記事

>>筋トレ初心者向けの記事

特に筋トレをこれから始める方・始めたばかりの方におすすめの記事です。

女性向けの記事

>>女性向けの記事

ダイエット・美ボディメイクを目指す、女性におすすめの記事です。

一生体型で悩まないボディメイク術を教えます

2ヶ月で10kg痩せても、何の意味もありません。習慣を変えなければ、いずれ元通りになるからです。ダイナマイト息子のオンラインパーソナル指導では、5年後、10年後を見据えた「一生モノ」のボディメイク術をコーチングします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

月間10万人が読む、NSCA認定パーソナルトレーナー運営のフィットネスメディアです。国内外の情報を元に、筋トレやダイエットに関する正しい情報をどこよりも分かりやすく解説しています。「ダイエットしたい」「マッチョになりたい」など、一人ひとりの目的に合わせたボディメイクをサポートします。