最終決着! 重さは扱うべきか?高重量vs効かせるトレーニング

筋トレをしている方は、誰しも一度は悩んだことがあるのではないでしょうか。

高重量を扱うトレーニングと、いわゆる”効かせる”トレーニング。どっちがいいのか?

有名ビルダーや、フィジーカーでも”効かせる方が大事”と言っている人や、”いやいや重量扱ってナンボよ”と言ってる人がいる。

どうすりゃいいんだ?

今回は、そんな疑問にお答えします。多分この記事を読めば、ほとんどの人に納得していただけると思います。

前提として、今回はボディメイクが目的のトレーニングだということです。

パワーリフティングやスポーツ選手のトレだと話が全く違ってきます。

より筋肉を大きくしたい、見た目を良くしたい、そんなボディメイク目的でのトレをしている前提でお話します。

スポンサーリンク

結論、まず”効かせる”ことを意識すべき

まずは”効かせろ”

結論から言います。そもそも”効かせるトレ”か”高重量トレ”か、どちらかで悩んでいる人のほとんどは、効かせるトレをするべきです。

どういうことか。

特にトレーニングを始めたばかりの初心者や、ある程度経験を積んだ中級者でさえ、”重量”を最優先に意識してトレーニングをすると、ボディメイクの観点からするとまずいことになるんです。

パワーリフティングと違い、ボディメイクはシンプルに重量を追い求めればいいわけではありません。あくまで対象筋に負荷を集中させた上で、なるべく可動域を広く取り、ストレッチと収縮をさせてウェイトを挙げなければいけません。

巷で言うところの”コントロールする”ということです。

重量を最優先にすると何がまずいのか

具体的な例で考えてみましょう。

重量を最優先に考えて、ベンチプレスをした場合、どうなるか。

重量を挙げるために、高くブリッジをして、手幅を広げ、腕にも目一杯力を入れ、ボトムでは胸でパウンドさせるようなフォームで行うことになります。

人によっては、”ケツ上げ”、ケツを持ち上げてまでブリッジを高くする人もいます。

f:id:shun619:20180101225722p:plain

もちろん、このフォームが悪いと言っているわけではありません。

パワーリフティングの選手や、ベンチプレスのMAXをひたすら追い求めている人は、これでいいんです。

ただ、ボディメイク的観点から言うと、非効率的だということ。

ボディビルでは、トレーニングする対象筋の全体を強く刺激する、そして対象筋以外に負荷が逃げないようにする必要があります。

ベンチプレスの場合はなるべく大胸筋だけで、さらに大胸筋全体を使って、ウェイトを挙げるべきなのです。

これを頭に入れ、ベンチプレスをするとどうなるか。

ブリッジはなるべく浅めで、手幅はそれほど広げずに、可動域を広く確保。また、トップポジションで肘を伸ばしきると、大胸筋から負荷が抜けてしまうので、その手前で止めて収縮させる。そしてボトムでは、胸でパウンドはさせず、ストレッチさせる。

f:id:shun619:20180101225937p:plain

こんな感じになります。

ボディビルにおける理想的なフォームは、脚も含めた全身を使い、思いっきり踏ん張って高重量を挙げるパワーリフティング的フォームとは全く異なるということです。

ボディビル的観念から考えると、わざわざブリッジをして、可動域を狭めるメリットはありません。

Jay Cutler 2011 Olympia Prep – Chest 13 Weeks Out

超一流ボディビルダーのジェイ・カトラーの胸トレ動画です。8分52秒からベンチプレスです。

これを見れば分かりますが、まさに上に書いたようなフォームでベンチをしています。

この基本は、他の種目でも同じ

対象筋に負荷を集中させ、可動域を広く取り、かつ負荷が抜けないようにする。この基本はどの種目でも同じです。

アームカールだって反動を使わず、ボトムでは下ろしきらずにストレッチをかけた方がいいし、ラットプルも背中で引くべきなのです。

Youtubeとかで、海外選手のトレを見ると、バカでかい体の割に、”あれ、意外と大した重量使ってないじゃん”と思うことがあります。

世界レベルの彼らは、めちゃめちゃ効かせるのが上手いんです。

中には、海外選手はステロイド前提だから、参考にならないという声もあります。

しかしステ入れてようが、筋肥大のための最短距離は変わらないので、普通に参考になります。

あれ?そもそも”重さ”と”効かせる”って両立できるよね?

なぜか対立する要素として語られるこの2つ

ここからが本題です。

”重量を扱う”と、”効かせる”こと。なぜか、相反する真逆の要素で両立不可能かのように語られているこの2つ。

全然両立できるじゃん。

効かせて、その上で高重量扱えばいいじゃん。そもそも”高重量”か”効かせる”か、なんて質問自体がおかしいじゃん。

これがポイントです。

有名なビルダーやフィジーカーに重量か効かせるかという質問をしても、答えはバラバラ。

”高重量が大切だ”という選手にとっても、そもそも対象筋に”効かせる”ことは大前提で当たり前すぎるんです。

そんなことはわざわざ意識することでもなく、当然のこと

その中で重量を求めることも当然なので、重量を求めるべきか?という質問をされても、”そりゃそうだろ”としか言えないんです。

重量を求めることも大事。当たり前だけど。

重量も効かせることも両方大切

ここまで、”効かせる”方が大事だとでも言いたげな書き方をしてきましたが、そんなことはありません。

重量を扱うことも、効かせることもどちらも同じくらい大切です。

では、なぜ”効かせることを意識すべき”と書いたかと言うと、最初の話に戻ります。

”そもそもこの疑問を持っている人は、重量を最優先で考えるとまずいから”です。

筋肉を成長させるのではなく、重量を挙げることを優先したフォームになってしまいます。

具体的には、ベンチプレスの例でお話しましたね。

しかし、重量は絶対に追い求めるべきです。ただし、一定の条件の下で。

崩れないフォームの範囲で、重量を求める

ウェイトを”挙げる”こと自体が目的なのではありません。

それまでの重さでは不十分になったから、重量を”上げる”んです。

上に書いた、可動域を広く取り、対象筋に負荷を載せるといった条件(コントロールする)のもとで、重量を上げていくのです。

斬進性過負荷の原則(プログレッシブオーバーロード)に従い、負荷を伸ばしていかないことには筋肥大は望めません。これは当たり前です。

ただし、コントロールできない、自分のキャパを越えた重量は扱うべきではありません。

効かせられる範囲で、重量を伸ばしていきましょう。それが”高重量”と両立させるということです。

日本の若きエース、横川尚隆選手は、インクラインベンチは100kgが2,3レップ、ダンベルベンチは26kg10レップが限界だそうです。

しっかり効かせれば、横川選手レベルでもこれが”高重量”なんです。

効かせることを意識してトレすると、今までよりも、使用重量はかなり落ちるでしょう。

デカくなるので、耐えよう。

重量と見た目は比例しない

筋トレを始めたばかりの頃は、重量に比例して筋肉もデカくなっていきます。しかし、レベルが上がるにつれ、 そうはいかなくなります。

パワーリフターはものすごい重量を挙げられますが、ボディビルダーやフィジーカーの方がデカいし、かっこいい体をしていますよね。そもそも競技の目的が違いますけど。

f:id:shun619:20180101231406p:plain

トップのリフターやビルダーのレベルまでいかなくても、もっと早い段階でその飽和点は訪れます。

ベンチ120kg上がっても100kgしか上がらない人より胸がペラペラなんてことはよくあります。

筋肉を大きくするトレーニングと、重量を挙げるためのトレーニングは違うということ。

マインドマッスルコネクションの大切さ

マインドマッスルコネクションとは

効かせる大切さ、その上で重量を上げていく大切さを理解した上で、具体的にこれからのトレーニングでどのように実践していけばいいのか。

それには、マインドマッスルコネクションを確立することが大切になります。聞いたことがある人も多いと思います。

以前より、その重要さは謳われてきましたが、最近になってその効果が科学的に証明されました。

f:id:shun619:20180101231943p:plain

といってもそんな難しい話ではなく、ただトレーニング中に対象筋を意識して動かしていく、ということです。

闇雲にウェイトをぶち上げるのでなく、例えばベンチをやるなら大胸筋で上げる意識をする。

簡単そうに聞こますが、結構難しいです。最初は、ボトムでしっかりストレッチを感じて、トップで収縮を意識することから始めるといいです。

12レップがオススメ

とはいっても、ウェイト挙げるときってそこまで意識する余裕ないですよね。特にコンパウンド種目の場合は、ウェイトを挙げるのでいっぱいいっぱい。

そこで、おすすめしたいのが、12レップでやること。

筋肥大に有効なレップ数は、一般的に8レップから12レップとされています。

その中でも軽い重量の方が、マインドマッスルコネクションを意識する余裕ができます。

8レップだと最初は難しいので、12レップでトレーニングをすると、やりやすいですよ。

実際この12レップは、”魔法のレップ数”とか呼ばれたりもします。

最適なレップ数は種目によって違う

上では、12レップがおすすめだと書きましたが、種目や部位によって最適なレップ数は違います。

例えば、上腕三頭筋は、8~12レップが筋肥大させやすいのに対し、上腕二頭筋は20レップ程度のハイレップが最大の筋肥大効果がみられます。

大事なのは、例えばこの場合は20レップで効かせつつ、その20レップの枠組みの中で、できる重量を伸ばしていくということです。

アームカールなら、10kgで20レップやっているのを、12kgで出来るようにすることを目指しましょう。

また、ケーブルクロスオーバーなどのパンプ狙いの種目も、15レップ程度のややハイレップ狙いがおすすめです。

バリエーションも大事

また今書いたことと正反対みたいな話で恐縮なんですが、12レップに固執するのはやめましょう。

筋トレをする上で一番まずいのは、マンネリ化です。

それまで、一つのやり方で効果が出ていたとしても、筋肉がそれに適応してしまえば効果は出なくなります。

大切なのは、常に筋肉に新鮮な刺激を与えることです。プロには、毎回のトレーニングごとに何かしらメニューに変化を入れる選手もいます。

12レップを基本にしつつも、種目によらずたまには15レップや、5レップでトレをすることも必要なんです。

パワーリフティングのようなフォームで、可動域を狭めてでも重量を上げにかかることだってマンネリ防止のためには効果があるんです。

バリエーションはとても大切です。

しかし、基本は最初に書いたように、しっかり”効かせる”こと。これを忘れないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。そもそもボディメイクにおいて効かせることも重量を求めることも両立して当然ということなんです。

最後に、このカリマッスルの動画をどうぞ。

Kali muscle – カリ マッソ バカなボディービルダーになるな

パワーとは違い、ボディビルは重量を挙げることは目的ではありません。

ジムでベンチの重量を競っているうちはまだまだなんです。

こんな記事↓を書いてるうちはウンコなんです。 (俺が書いた)

関連記事ガリが8ヶ月でベンチプレス100kgを挙げるまでにしたこと

意識を変えるだけで、成長の速度は驚くほど変わります。今回紹介したことを、意識できている人は少ないです。

周りに差をつけましょう。

関連記事万年チキンレッグだった俺が改心して脚トレを始めた4つの理由!

1 個のコメント

  • ジムでの筋トレを本格的に始めて2ヶ月です。
    今までとにかく高重量を扱うことばかりを目指して、フォームをないがしろにしている自分がいました。
    非常に参考になりました、ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です