あなたも副業でパーソナルトレーナーをしませんか?【筋トレ歴半年でもOK】

セドリックマクミラン Cedric McMillanの全て|破天荒すぎるビルダー

こんにちは、パーソナルトレーナーのダイナマイト息子(@dynamitemusuko6)です!

2019年11月にに行われたジャパンプロで、サプライズとして出場し大会を大いに盛り上げたセドリックマクミラン

デカすぎる彼ですが、実はアメリカ陸軍の所属としてイラクに派兵されていた経験もあります。

イラクにはジムがなかったので、鉄くずを集めて自分で作ったそうです。

この記事では、そんな破天荒な彼の経歴・トレーニング、食事など全てを徹底解説していきます。

>>あなたも副業でオンラインパーソナルトレーナーを始めませんか?【筋トレ歴半年でもOK】

セドリック・マクミランのプロフィールと経歴

・身長 185.5cm
・体重 133.8kg~140kg
・上腕 57cm

愛称は、”The One“。選ばれし者。

>>公式インスタ

5歳でボディビルダーに憧れる

セドリックマクミランは、1977年にアメリカで生まれました。

彼がボディビルと出会ったのは、5歳の頃。

テレビで見たボディビルダーのマッチョさに衝撃を受け「俺もあんなマッチョになりたい!」と強く思ったそうです。

その後、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の『コナン・ザ・グレート』を観て、アーノルドに憧れるようになりました。

他の子供達が、アメコミのスーパーヒーローやスポーツ選手に憧れる中、彼は1人オリンピアに出場するボディビルダーに憧れていたのです。恐ろしい子供ですね。

この頃から、腕立て伏せや腹筋などの簡単な筋トレは行っていたようです。

筋トレにガンガンのめり込んだ学生時代

中学生になると、母親がダンベルを買ってくれました。

さらに、近所に住んでいるパワーリフターのおじさんが、セドリックに筋トレを教えてくれたそうです。

セドリック自身も、かつてはボディビルダーの写真を眺めるだけだったのが、ボディビル雑誌の記事をしっかりと読み込むように。

こうして、セドリックが持つ才能と環境が融合して、彼の筋肉はガンガン成長していきました

“息子”
親には「自分のいない時に筋トレしたらダメ」と言われていたそうですが、フルシカトして四六時中筋トレしていたようです。

身長もデカい上に身体もデカいセドリックは、学生時代にアメフトやバスケなどのスポーツをするチャンスもありました。

しかし、彼はチームスポーツよりも、1人で黙々と筋トレをするのが好きだったので、結局部活にも入らなかったそうです。

大学を卒業すると、セドリックは陸軍に入隊しました。

入隊してから数ヶ月で、5kg近く筋量を増やしたそうです。訓練サボって筋トレだけしてた説

軍人として勤務しながらボディビルデビュー

ある日、セドリックはサプリ屋でマークというアマチュアビルダーに出会います。

彼の肩が尋常ではないデカさだったため「どうしたらそんな肩になる?」と聞いたところ、マークは「もっと食え」と一言。

それ以降、セドリックはたびたびマークにうざいくらいに質問をしまくったそうです。

ちなみに「もっと食え」というアドバイスを忠実に実行した結果、彼の体重は1ヶ月で14kg増えました。

これを気に、マークは今までの自分が全然食べていなかったことに気づきます。

食事を改善したことで、短期間でセドリックの身体が劇的に変化したのを見たマークは、ボディビル大会への出場を勧めました。

マークのコーチングを受けながら、大会に向けて仕上げたセドリック。

地元の小さな大会だったため、彼と同じ階級の出場者はセドリックともう1人だけ。

もちろん、優勝を果たしました。この時の体重は、92kg。まだまだ小さいですね。

ジムがないイラクに派兵される

初出場の大会で優勝し、これからも頑張るぞ・・・と思っていた矢先、セドリックはイラクに派兵されることになりました。

彼はボディビルダーである以前に、軍人です。

なんと、彼が派兵された基地には、ジムがありませんでした。しかし、セドリックはそんなことで諦める男でありません。

その辺に落ちてる木や、ガラクタを使って筋トレ器具を作り出して筋トレを始めたのです。

驚くことに「普通のジムと変わらないレベル」の設備を自分で作り出したそうです。

イラクでの2年間の勤務を終えて、帰国したのは2004年でした。

プロとしてのセドリック

(アーノルドクラシックで優勝した時の1枚。子供の頃から憧れてきたアーノルドとステージで対面できて嬉しそう)

帰国したセドリックは、2005年に早速地元の大会に出場。クラス別で優勝を果たします。

その後、徐々にレベルの高い大会に出場しつつ、彼自身の身体もレベルアップ。

2009年には、仕上がり体重が110kgにまで到達しました。

そして、全米アマチュア最高峰の大会であるNPCナショナルズでオーバーオールを制覇。プロカードを獲得します。

プロでは、2012年ニューヨークプロ優勝や、2017年のアーノルドクラシック優勝など結果を残しています。

しかし、ミスター・オリンピアでの最高成績は2016年と2019年の7位と、今ひとつ。

“息子”
しっかり仕上げてくれば、もっと上位を狙えるのは間違いないです。

もう40歳も半ばに到達し、現役生活も長くないセドリック。オリンピアのタイトルは、絶対に欲しいはずです。

ジャパンプロに突如出場し、2位に

2019年11月に日本で行われたジャパンプロ。この大会に、セドリックマクミランが出場し、2位になっています。

元々の出場選手リストには入っていなかったセドリックですが、大会直前にサプライズで出場が発表

大盛りあがりでしたね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nothing will make u go home and sit down like a good old fashioned ass whoopin! Haha

Cedric McMillan -The One(@cedricmcmillan)がシェアした投稿 –


2020年以降も来日を期待しましょう。

—2020年3月14日追記—

マクミランは、2020アーノルドクラシックで6位入賞を果たしました。

セドリック・マクミランのトレーニング

あまり1つのメニューにこだわらずに、「筋肉の声」を聞いてトレーニングをしていくそうです。

肩トレの例

・スミスマシンショルダープレス
・ケーブルサイドレイズ
・リアレイズ
・フォワードショルダー・プレス

フォワードショルダープレスは、かなり独特なトレーニング。文字通り、前方にショルダープレスします。

(フォワードショルダープレス)

背中トレの例

・スミスマシンベントオーバーロウ
・ラットプルダウン
・ロープーリー
・ハイロー
・ケーブルプルダウン
・バックエクステンション

胸トレの例

・インクラインベンチプレス
・ケーブルクロス
・ペックフライ
・インクラインダンベルフライ

腕トレの例

・ケーブルトライセプスエクステンション
・バーベルカール
・フレンチプレス
・オルタネイトカール
・スカルクラッシャー
・プリーチャーカール

脚トレの例

・レッグカール
・ルーマニアンデッドリフト
・スタンディングレッグカール
・45度レッグプレス
・スクワット
・ランジ

セドリック・マクミランの食事

食事は普通。

食事の例

1食目

・オートミール
・卵白
・全卵

2食目

・鶏むね肉
・玄米
・サラダ

3食目

・ステーキ
・サツマイモ
・サラダ

4食目

・白身魚
・玄米
・サラダ

5食目

・プロテイン

6食目

・ステーキ
・サラダ

セドリック・マクミランの画像と名言

名言

人生は、訳のわからない他人に何かを証明するためのものじゃない。好きなようにやればいいんだ。

>>あなたも副業でオンラインパーソナルトレーナーを始めませんか?【筋トレ歴半年でもOK】

この記事のURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。

シェアボタンはこちら

コメントを残す

ABOUT US

月間10万人が読む、NSCA認定パーソナルトレーナー運営のフィットネスメディアです。国内外の情報を元に、筋トレやダイエットに関する正しい情報をどこよりも分かりやすく解説しています。「ダイエットしたい」「マッチョになりたい」など、一人ひとりの目的に合わせたボディメイクをサポートします。