あなたも副業でパーソナルトレーナーをしませんか?【筋トレ歴半年でもOK】

カルム・ヴォン・モガー Calum Von Moger|アーノルド2世の全て

こんにちは、パーソナルトレーナーのダイナマイト息子(@dynamitemusuko6)です!

アーノルド・シュワルツェネッガーに似すぎているため、映画でアーノルド役に選ばれた男、カルム・ヴォン・モガー。

Netflixでは、2019年に彼の『カルム・ボン・モガー: 不屈の肉体』というタイトルでドキュメンタリーが作成されました。

また、同じくNetflixで観られるトップビルダーの世界を記録したドキュメンタリー『ジェネレーション・アイアン2』でも、スポットライトが当てられるなど、今大注目の選手

というわけで、今回はそんなカルム・ヴォン・モガーの、

・経歴

・トレーニング内容

・食事内容

などを徹底解説していきます。

>>あなたも今日から副業パーソナルトレーナーを始めませんか?【筋トレ歴半年でもOK】

カルム・ヴォン・モガーのプロフィールと経歴

・Calum Von Moger
・身長 188cm
・体重 111.1kg~115.7kg
・上腕 50.8cm
・胸囲 122cm
・ウエスト 81.28cm
・もも周り 66cm

>>公式インスタ
>>公式Twitter
>>公式YouTubeチャンネル

オンボロの器具で兄と筋トレを開始

カルム・ヴォン・モガーは、1990年にオーストラリアで生まれました。

5人兄妹で、実家は大きな農家だったそう。

家の近所には、古いジムがありました。

カルムが14歳の時、兄に誘われてそこで筋トレを始めます。

オシャレな器具はなく、錆びたダンベルとバーベルが散らかっているようなジムでしたが、カルムと兄にとっては充分

ジムのオーナーはとてもいい人だったそうで、カルムの家の郵便受けに、ジムの鍵を入れて、いつでもトレーニングできるようにしてくれたそうです。

“息子”
たまに、オーナーが鍵を入れるのを忘れた時は、シャッターをくぐってジムに忍び込んでいました。完全に筋トレ中毒ですね。

元々ガリガリ体型だったカルムは、みるみる変わっていく自分の肉体を見て、ますます筋トレにハマっていきます。

アーノルドをメインに、1975年のボディビルダーに密着した伝説のドキュメンタリー映画『パンピング・アイアン』が当時のバイブル。

この時は、まさか十数年後に自分がアーノルドを演じることになるとは、思ってもいなかったでしょう。

ボディビル大会に出場するようになる

パンピングアイアンを観て育ったカルムは、1970年代の「ボディビル黄金時代」のビルダーのようなフィジークを目指すように。

“息子”
後に「現代ボディビルには興味がない」とまで話すほどの1970年代ボディビル愛。

2010年には、初めて地元のボディビル大会に出場しました。

翌2011年は、Mr.ユニバース(かなり権威ある大会でアーノルドも優勝経験あり)のジュニア部門で優勝するなど、早くも世界レベルで結果を出します。

その後も活躍し、2013年にはMr.ユニバースで5位に入賞。

翌2014年、さらなる高みを目指すために、ある決断をします。

憧れの男アーノルドが、故郷オーストリアからボディビルの聖地であるカリフォルニアに移住したように、自分も故郷オーストラリアからカリフォルニアに移住したのです。

そして、この年のMr.ユニバースで優勝しました。

俳優としての活躍

インスタでは300万人のフォロワー、YouTubeチャンネルは100万人近い登録者がいるなど、ソーシャルでの影響力も絶大なカルムヴォンモガー。

2017年以降は、ボディビル大会には出場していません。

代わりに、いくつかの映画に出演しています。

まずは、2017年の『ジェネレーション・アイアン2』。

ジェネレーションアイアンは、現代ボディビルのドキュメンタリー映画。現在3作目まで制作されています。2と3は、Netflixで視聴可能。1は英語版をDVDを買うしかありません。

複数のビルダーにスポットライトが当てられている中で、カルムも登場します。

そして、大きな話題になったのが2018年の『Bigger』。

ウィダー兄弟(ミスター・オリンピアの創設者)を中心に、アーノルドなど当時のボディビルダーの様子を描いた作品です。

この映画で、カルムはアーノルド役に抜擢されました。

“息子”
日本では配給されていないので、アメリカのAmazonで買うか海賊版を観るしかありません。

これが登場シーン。

“息子”
体はそっくりですけど、顔は、、、それなりですね笑

2019年には、Netflixで自身のドキュメンタリー『カルム・ボン・モガー:不屈の肉体』が配信開始。

カルムのボディビル以外の面や、怪我をした時(詳しくは後述)の裏話などが楽しめます。

2度の怪我に悩まされた過去|自業自得な原因

『カルム・ボン・モガー:不屈の肉体』でも触れられていますが、カルムは2回ボディビル人生に関わる大怪我をしています。

1度目は、上腕二頭筋の断裂。

2019年のミスター・オリンピア、クラシック・フィジークで優勝した次世代のエース、クリス・バムステッドと、2人で180kgのアームカールをしたところ、上腕二頭筋がブチ切れてしまいました。

その様子がこちら。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Calum 🇦🇺(@calumvonmoger)がシェアした投稿


断裂したのに、全く緊張感がなくて面白いです。

2018年には、ロッククライミング中に崖から落ちて膝の靭帯を断裂。

おまけに、前年に断裂した上腕二頭筋をまた断裂しました。

それでもカルムは人気者なので、2019年にはビルダーとして初めてGUCCIの広告に起用されるなどしています。

2020年以降、ボディビルダーとしてオリンピアを獲りに行く!

ここ数年は、ボディビルの大会には出場せずに、俳優をしたり上腕二頭筋を断裂したりしていたカルム。

しかし、今後ボディビルに復帰する意思があるそうです。

オリンピアでクラシックフィジークのタイトルが欲しい。ただその前に、まずIFBBのプロカードを取らなきゃいけない。だから、来年出るかもしれないけど、分からない。

「70年代のフィジーク」を目指してトレーニングしてきた彼にとって、クラシックフィジークで勝つのは天命と言ってもいいでしょう。

来年以降のクラシックフィジーク戦線に、カルムが加わればめちゃくちゃ面白いです。楽しみですね。

カルム・ヴォン・モガーのトレーニング

メニューは、コンパウンド種目中心のクラシックなスタイル。

カルムは、週に3日は完全オフを入れるそうです。

“息子”
ちなみに、カルムはステロイドの使用を認めている数少ないビルダーの1人。

胸トレの例

・ベンチプレス
・インクラインベンチプレス
・ダンベルフライ
・プルオーバー
・ディップス

背中トレ

・懸垂
・ベントオーバーロウ
・ラットプルダウン
・ワンハンドロウ
・クローズグリップラットプルダウン

肩トレの例

・オーバーヘッドプレス
・ダンベルショルダープレス
・サイドレイズ
・リアレイズ
・シュラッグ

脚トレの例

・スクワット
・レッグプレス
・レッグエクステンション
・スティッフレッグドデッドリフト
・レッグカール
・垂直レッグプレス(スミスマシン)
・カーフレイズ

腕トレの例

・バーベルカール
・プリーチャーカール
・コンセントレーションカール
・スカルクラッシャー
・ケーブルトライセプスエクステンション
・ケーブルプレスダウン

カルム・ヴォン・モガーの食事とサプリ

元々痩せ型だったこともあり、基本的に何を食べても太りにくいそうです。

使用しているサプリは、

・プロテイン
・プレワークアウト
・クレアチン
・BCAA
・マグネシウム
・亜鉛
・マルチビタミン
・フィッシュオイル

です。

食事の例

1食目

・全卵4
・バナナ1
・牛乳1
・アイスクリーム
・ピーナッツバター
・オートミール
・プロテイン
・はちみつ

2食目・3食目・4食目

・鶏むね(牛肉)
・白米

5食目

・プロテイン

6食目

・じゃがいも
・ステーキ
・サラダ

7食目

・プロテイン
・牛乳
・亜麻仁油
・トースト
・ピーナッツバター
・バナナ

カルム・ヴォン・モガーの画像

「1970年代みたいな体を作りたい」と思って、本当に作ってしまうという…

彼から学べること

彼から学べるのは、高重量バーベルカールは非常に危険だということと、ふざけて筋トレすると痛い目にあうということです。

>>あなたも今日から副業パーソナルトレーナーを始めませんか?【筋トレ歴半年でもOK】

この記事のURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。

シェアボタンはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です