[画像あり] スポーツ選手の筋肉まとめ! プロ野球選手から格闘家まで!

筋トレは苦行。なので目標を持つことが大事。

”自分の理想の体”をイメージするからこそ、頑張れる。

目標のない筋トレは地獄。時給800円の軽作業日雇いバイトより地獄。

目標として、ボディビルダーやフィジーク選手以外にも、アスリートに憧れを持つ人も多いと思います。

競技のために鍛えられたアスリートの肉体は、機能美があふれているもの。

というわけで、野球、バスケ、格闘技、陸上、アメフトなどの競技から、”こいつヤベえ”と思う超絶BODYのスーパースター達を紹介していきます。

一部、実際のトレーニング内容も紹介していきます。

スポンサーリンク

野球選手の筋肉

野球は、本当に選手それぞれが色々な体格をしてます。

他競技と比べると、野球は脂肪があっても問題ないので、バキみたいにバキバキの選手はあまりいません。

一方でサバシアみたいなピザもいます。

見ていきましょう。

松井稼頭央 東北楽天ゴールデンイーグルス

f:id:shun619:20170119014321p:plain

NPBでマッチョな選手、真っ先に思いつくであろうこの選手。

ユニフォームを着ていると、着痩せしてよくわかりません。

脱ぐと、ヤバイ。誰だお前。

f:id:shun619:20170119014406p:plain

さすがに身体能力球界NO.1と言われていた男の肉体、違いますわ。

バレーボールなら、ダンクできるらしいですからね。バケモンすぎる。

松井選手は、メジャー挑戦する前から、ウェイトに取り組んでいたそうです。

当時のプロ野球界では、数少ない存在でした。

去年は、怪我などもあり、ちょっとアレでしたが、今年は頑張ってもらいたいです。

41歳。全国のおっさんの星。

糸井嘉男 阪神タイガース

糸井!!!!糸井もやばい。

プロ野球界でも、筋トレに熱心な選手のひとり。そしてダルビッシュさえ羨むほどの肉体を持っています。

見ろこの肩幅。なにして生きてきたらこうなるんだよ。

f:id:shun619:20170119014429p:plain

糸井の身体能力の高さは、有名ですね。

でも、ちょっと「頭に振る分のバロメーターを体に全振りした感」はあります。

糸井選手、プロ入り3年目までは、投手でした。

150km以上の速球が持ち味でしたが、ノーコンすぎたため、野手に転向することに。

野手転向からたったの5ヶ月で、イースタン・リーグの月間MVPを取りました。

鬼すぎる。リアル宇宙人。

糸井は昨シーズンオフ、フィジーク選手と共に筋トレをしていました。体型からも分かるように、普段のトレーニングもかなりビルダー寄りのメニューになっているはずです。

ブライス・ハーパー ワシントン・ナショナルズ

MLB版レブロン・ジェームズ。

高校時代から、ずば抜けた成績で、メジャー入り。2015年には、ホームラン王、MVPを獲得。

次世代MLBのスーパースターです。髪型以外パーフェクト。

f:id:shun619:20170119014713p:plain

このゴリゴリの筋肉よかっこいいから髪型だけどうにかしてくれ。

f:id:shun619:20170119014618p:plain

スクワットは、183kg挙げるらしいです。

まーまーやることなすこと型破りで、

ベンチでチームメートと殴り合いしたり

www.youtube.com

また、MLBでは珍しく、試合中に感情を積極的に表に出す選手です。

メジャーでは、不文律とかいう、クソくだらない暗黙のルールが多いです。

例えば、ホームラン打ったときなど、相手投手に敬意を払うため、喜びすぎてはいけません。意味不明。

彼は、それが野球人気低迷の原因となっていると考えていて、現状を変えようと頑張っています。

そりゃそうだ。NBAなんて、人気選手は大抵オリジナルのガッツポーズとかしてますもんね。

子供目線でどっちが楽しいかって考えるまでもない。

ブライス・ハーパーのトレーニング

ハーパーのトレーニングで特徴的なのは、トラップバーデッドリフト。

通常のバーで行うデッドリフトとは違い、トラップバーを使ったもの。

下半身により強い負荷がかかります。

スクワットといい、下半身をかなり重点的に鍛えている印象です。

ジャンカルロ・スタントン ニューヨーク・ヤンキース

スタントンは、MLBでNo.1の飛ばし屋です。

去年のホームラン競争でも、ぶっちぎりで優勝しました。

ゴツすぎ。もはやゴリラ。

ゴリラに近い人間。いや、人間に近いゴリラ。

f:id:shun619:20170119014957p:plain

さて今年からヤンキースに移籍したスタントン。昨年新人王&HR王のアーロン・ジャッジとの二枚看板です。

レッドソックスとの優勝争いは、終盤までもつれそうです。

スタントンのトレーニング

スタントンはメニューがそのまま見つかりましたので、のせときます。

ダンベルプレス 10×4

パラレルグリップチンニング 10×4

ケーブルフライ 15×4

ラットプルダウン 10×4

スクワット 8×4

デッドリフト 8×4

基本的な種目が多いですね。やっぱり基礎が大事。キソキソキソ。

バスケットボール選手の筋肉

レブロン・ジェームズ クリーブランド・キャバリアーズ

“キング”ジェームズ。

最近は、どいつもこいつもカリーカリー言ってます。

でも本物のキングはコイツです。

完全にゴリラ。少なくとも人間ではない。

f:id:shun619:20170119015134p:plain

こんなゴリラがゴール下に突っ込んできて、1mも飛んでダンクするんだから、NBAは怖すぎる。俺なら帰る。

レブロンに限った話ではないですが、高校時代やルーキーの時の写真を見ると、ガリガリです。

でも、今はあのゴリラ。どんなトレーニングをしているのでしょう。

レブロンのトレーニング

かなりシンプル。

インクラインダンベルプレス 10×4

ダンベルショルダープレス 10×4

ハンギングレッグレイズ 15×4

ケーブルプレス 10×4

ひとつひとつの動作を素早く行っているのが印象的。

ブレイク・グリフィン ロサンゼルス・クリッパーズ

NBA屈指のダンカー。バコバコダンクします。

www.youtube.com

学生時代から、凄まじい筋肉のこの選手。

NBAのインサイドなんか、バケモンだらけです。その中でも、一際ゴツいです。

喧嘩っ早く、しょっちゅう乱闘騒ぎを起こします。

が、こいつとまともにやり合って勝てるやつはほとんどいないと思います。

ドラフトコンバインでは、ベンチプレス84kgを、22回挙げました。

バスケにおいて大胸筋は、当たり負けしないためには必要ですが、プレイで直接使うわけではないのにこの数字です。

スクワットなんて伊東四朗2人分くらい挙げられるでしょう。

格闘家の筋肉

山本”KID”徳郁

日本最強の格闘ファミリー、山本家で、いまだ現役で戦う山本KID。

圧倒的カリスマ性で、2000年代中頃の格闘技シーンを引っ張っていました。

KIDのこの筋肉を目標に、筋トレをがんばってる人も多いのではないでしょうか。

f:id:shun619:20170119020624p:plain

この大胸筋と肩。かっこよすぎるわあ。。

格闘家ながら、かなり魅せる筋肉も意識してると思います。

大胸筋は、ベンチプレスだけでこんなんならないですからね。フライやインクラインもやらないと。

その肉体を活かし、身長163cmながら、DREAMでは本来より2階級上のミドル級で活躍。

飛び膝で相手を開始4秒で、文字通り秒殺するなど、凄まじい選手でした。

この記事でもKIDについて触れています。

関連記事チビの希望!身長が低いスポーツ選手まとめ!バスケ、野球、サッカー他

山本KIDのトレーニング

特徴的なのは、ハイクリーン。筋肥大に有効なトレーニングではありません。

しかし、全身の瞬発力を高める効果があります。アスリートの皆さんは取り入れてみてもいいかもしれません。

木村ミノル

ブラジル人で、3歳の時から日本に住んでいます。

いい筋肉のつき方してますよね。

f:id:shun619:20170119020709p:plain

やっぱ軽量級の選手はかっこいい。

K-1で活躍し、去年は、RIZINのリングにも上がりました。

そのビッグマウスから、かなり注目されていましたが、結果は秒殺

秒殺されました。たまたま最初に突っ込んでいったところに相手のパンチが上手く入ってしまいました。

大晦日でリベンジを果たそうと、意気込むも、相手選手のビザが発給されなかったため、中止に。

このままだと、ケンカに弱い剛田武という、誰も得しないキャラで終わってしまいます。

不運な人ですが、普通に強いんで、頑張ってほしいです。

木村ミノルのトレーニング

どうやら、最近はウェイトトレーニングを行っていないようです。

格闘技の練習で自然に筋肉がついていくと言っていました。お前ほんとに人間か。

ベイカー茉秋 柔道

リオ五輪男子90kg級金メダリスト。日本柔道復活の象徴でしょう。

身長178cmと大きくないものの、90kg級で圧倒的強さを見せつけ、金メダルを獲得しました。

まだ21歳と若いので、東京五輪での活躍も期待されます。

f:id:shun619:20170119020830p:plain

強そーな体してますねえ。ベンチプレスは、160kg挙げるそうです。熊かよ。

最近の柔道選手は、ウェイトをよく取り入れていますね。

アメフト選手の筋肉

栗原嵩 IBMビッグブルー

日本人で最もNFLに近い男。栗原嵩。

ポジションはワイドレシーバー。身体能力が日本人としては飛び抜けています。

圧倒的なクイックネス。簡単に言えば、「鬼ごっこで絶対に捕まらないので、お昼休みが終わってしまう人」。

後ほど紹介しますが、NFLは「朝青龍が桐生祥秀並みの速さで突っ込んでくる」世界です。

そんな中で戦うには、鋼のような筋肉が必要。

栗原選手は、ただ速いだけでなく、強い体を持っています。

普段はベンチプレスをほとんどやらないそうです。

しかし、その気になればベンチプレスは100kgを常にポンポンと挙げ、スクワットも200kg以上。

パワーリフターでもないのにこれは、まさにフィジカルエリートです。

多分、なんのスポーツをやっても成功していたでしょう。

もしカバディをやっていれば、インドでスーパースターになっていたでしょう。カバディカバディ。

バーノン・デービス ワシントン・レッドスキンズ

f:id:shun619:20170119021059p:plain

スポーツ大国アメリカは、どのスポーツでもバケモノ揃いです。

しかし、バケモノ中のバケモノは、NFLにいます。

その中でも、このバーノン・デービスの身体能力は、バケモノです。

バケモノ中のバケモノ中のバケモノだということです。

百聞は一見にしかず、見よこの肉体。

f:id:shun619:20170119021205p:plain

おかしいだろ。なんだよ。

高校時代、陸上もやっていた彼の100mベストは、10秒7です。

身長190cm体重115kgの塊が、そんな速さで走るんです。

ベンチプレスは、217kgを挙げます。いよいよ理解できなくなってきた。

彼のポジションである、タイトエンドは、忙しいです。

ラインとして、相手ディフェンスをブロックし、ランニングバックの走路を確保したり、

パスプレーでは、クォーターバックからパスを受け取ることもあります。

オールラウンドな働きが要求されるポジションです。

なので、こういうバケモノが出てくるわけです。

JJワット ヒューストン・テキサンズ

モンスターしかいないNFLでも屈指のモンスターです。バーノン・デービスよりもモンスターです。

f:id:shun619:20170119022711p:plain
196cmで130kg、ほとんど横綱と同じ体格です。そんなのが50mを5秒ぐらいでドスドス走ってくるんです。

言い換えると、朝青龍が、ケンブリッジ飛鳥と同じ速さで突撃してくるってことです。

ベンチプレスは、102kgを34回、スクワットのマックスは、317kg以上です。

どういうことだ。俺なんか5kgのダンベルを足の小指に落として悶絶してたのに。

更に基礎代謝はなんと9000kcal。平均的な成人男性が2000kcal程度です。

JJワットが平均的な食事をした場合、おそらく餓死します。

この通り、彼は完全に”人”ではないです。

あまりにも”人”じゃないので、NFL公式が“JJワットは人ではない”という動画を公開しています。

www.youtube.com

ユニフォームを着てると、デブに見えますが、実際は筋肉の塊です。

f:id:shun619:20170119023402p:plain

しかも、相撲取りより断然脂肪が少ないです。

ちなみに、クソかっこいいタトゥーを胸に入れています。

f:id:shun619:20170119023547p:plain

「家」

かっけえ。。。。。

めちゃくちゃ性格がいいことで有名で、ぐう聖エピソードが数多くあります。

 

テニス選手の筋肉

ラファエル・ナダル

テニス選手は、スタミナなどとの兼ね合いもあるのか、あまり筋肉を大きくしている選手はいません。

ジョコビッチも、スラッとしてますよね。めちやくちゃ体柔らかいけど。

我が日の丸ニッポンが誇る、ケイ・ニシコーリ選手も、過剰な筋トレをよく思っていないようです。

でもナダル。

こいつはかなりやっちゃってますね。

f:id:shun619:20170119023635p:plain

世界ランク上位プレイヤーの中では、一番モリモリです。

全盛期は過ぎたとかなんとか言われてますが、筋肉があれば、大抵のことは解決できるので、今年こそは活躍してくれるでしょう。

陸上選手の筋肉

ジャスティン・ガトリン

陸上短距離選手は、めちゃくちゃに筋肉がある選手が多いです。

400mの選手以外は、ほとんど格闘家みたいな体をしています。

その中でも、ガトリンの筋肉はすごいです。

f:id:shun619:20170119023943p:plain

一時期は、NFLへの転向を考えていたこともあり、アメフト選手にも負けない筋肉です。

ドーピングで出場停止になりながらも、5年のブランクの中、第一線に再び戻ってきた彼の強さは、筋肉にありますたぶん。

100mのベストは9,74病。33歳のおっさんが自己ベストを更新するのは、短距離ではめずらしいことです。

体操選手の筋肉

内村航平

最後は、内村航平選手です。去年のオリンピックでは、団体と個人での金メダルのみならず、その筋肉で全国のババア達をうっとりさせました。

f:id:shun619:20170119024026p:plain

日本のエースとして、素晴らしい活躍でしたね。

体操選手は、すごく理想的な筋肉のつき方をしている人が多いです。

彼らは、ウェイトはやらずに、普段の練習、つまり自重のみであの体を作っているそうです。

”囚人ワークアウト”なんてのもありますし、自重トレも極めると、最強。ということでしょう。

ただ、ウェイトを使ったほうが、効率がいいので、内村選手のようになりたい方も、ジムで筋トレするのが手っ取り早いです。

ちなみに、 内村選手、喫煙家だそうです。

ショックだ。。。北川景子が喫煙者って知った時ぐらいショック。。

まとめ

いかがでしたでしょうか。フィジーク選手の筋肉はかっこいいですが、スポーツ選手の筋肉もまた違ったかっこよさがあります。

最近は、日本のスポーツ界にも、ようやく筋トレが浸透してきました。

今後はもっと身近に、日本でも筋肉自慢のアスリートが増えてくるかもしれないですね。

ただ、ひとつだけ。

アスリートの筋肉画像を見て、モチベを上げるのは良いですが、人前ではやめましょう。

そのせいで、一時期サークルで、ぼくがゲイだという噂が流れました。

関連記事: BCAA・HMBは必要なし! 筋トレに本当に必要なおすすめサプリ4選。これだけだ。

関連記事神に選ばれし民、ポリネシア人の身体能力。最強人種サモアの秘密とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です