"学歴社会"日本での、学歴の必要性。大学に行くべき4つの理由。

ABOUTこの記事をかいた人

大学生。トレーニング歴3年。昨年某団体の某フィジーク大会に出場も、決勝で散る。留学経験あり。好きなスポーツは野球バスケMMAボクシング。宇多田ヒカルと桑田佳祐は神。TOEFL 92点、TOEIC955点。嫌いな芸人はにゃんこスター。好きな監督はタランティーノと北野武。


スポンサーリンク

今年も、もうセンター試験の時期ですね。

なんか、センターの日って、毎年大雪降ってる気がするんだけど気のせい?

f:id:shun619:20170115021206p:plain

僕の友達は、不幸にも、試験中に尿路結石を発症してしまいました。

トイレで、人目をはばからず泣き叫んでいたところ、知らない人に、男子トイレにいるのに女子トイレにいるような目で見られたそうです。

残念ながら、気合ではどうにもならず、二浪が決定してしまいました。

そんなことはどうでもいいです。

受験生の皆さんの中には、無我夢中で勉強する人もいれば、まあ来年でいいっしょ。という親不孝者、また大学に行くこと自体に疑問を持っている人もいるでしょう。

”大学なんかいってどうすんの?” ”いい大学にいったからって幸せになれんの?”

とか思ったことありますよね。なかったらごめん。

良くも悪くも、人生の前半において、大学受験、また大学に行くのか、という選択は、一番デカいものだと思います。

そんな感じで、俺なりの学歴、大学についての考えを書くから、彷徨える子羊たちは、1つの参考にしてくださいな。

スポンサーリンク

学歴は、全員に必要なわけではない。

そのまんまなんですが、学歴は、全員に必要なわけではない。極端な話、プロ野球選手になるなら、学歴はいらないでしょう。

タイロン・ウッズは神ですが、高卒です。

f:id:shun619:20170113205927p:plain

また、消防士や漁師、シェフなども、専門性が要求されるので、専門学校に行くことはあっても、基本的に、大学には行く必要はないですよね。

それら以外にも、例えばベンチャー企業は、大学に行かなくても、ツテと実力があれば、問題ない。

逆に、学歴が必要な人は、いわゆるレールに沿った人生を送りたい人。

これは、悪い意味で言ってるのではありません。

いい大学に入って、大企業に就職して、定年まで働き、老後もゆったり暮らす。

いいじゃん。大企業なら金もらえるし。モテるし。安泰な人生を送れます。

それなりの大企業に入れば、仕事がそんなにできなくたって、年功序列で、年を取れば勝手に給料が増えます。

これは、ある意味保険でしょう。

だから、さっき例で出たプロ野球選手だって、ドラフトで指名されても大学に行く人もいますよね。

指名されないで行く人もいますけどね。多田野とか。

f:id:shun619:20170115021849p:plain

実力次第で、食うか食われるかの世界でやるより、安定を選ぶのも選択肢です。

しかし今の時代は、大企業でも、10年先どうなってるかなんかわかりません。

30年前、40年前、JALが倒産したり、東電がエライことになると予測した人は、ほとんどいなかったでしょう。

f:id:shun619:20170115022052p:plain

更に移り変わりの激しい現代では、もっと予測ができません。

ただそれでも、多くの大企業は、ベンチャー企業や、中小よりは安定しています。

それらの会社では、3年後すらどうなってるか分からないわけですから。

なので、安定を求める人は、大企業に行きたいと思うでしょう。

ただ基本的には、いわゆる大企業に入るには、それなりの大学を卒業する必要があります。

”学歴社会は崩壊した”とかたまに聞きますけど、現実として就職する時に、学歴フィルターなんてもんが存在する以上、未だ日本は学歴社会です。

また、日本以外、世界中どこ行っても、同じようにだいたい学歴社会です。

じゃなかったらアメリカ人とか、あんな必死こいて「MBA!!! MBA!!!」とかならないですよね。

しかし、将来的に見れば、学歴は必要ない人、またやりたいことが決まってる人でも、とりあえず大学に行く方がいいと思っています。

それも、できるだけ良い大学に。

なぜ大学に行くべきなのか。

選択肢が増えるから。

それなりの大学に行けば、上に書いた、レールに沿った人生を送るか、自分のやりたいこと、自分の実力で生きていくか、選ぶことができます。

大学に行かなければ、自分の腕一本で生きていくほかありません。

大学に行ったって、自分で道を切り開くことはできます。

当然、選択肢は多いほうがいいですよね。

考える時間が増えるから。

大学に行けば、4年間、時間が増えます。

4年間はあっという間ですが、いろいろな事を考えることができます。

高校生、18歳ぐらいで何かやりたいことがある!と思っている人は、その道を進むのも大いにアリです。

ただ、後々その考えって、変わることも多いです。

18歳で考えることなんか、そんなもんなんです。そこからの4年間で、考え方なんか、いくらでも変わるもんです。

だって、”拝啓十五の君へ”から3年しか経ってないじゃん。

大学の4年間、色々な選択肢を選べる中で、もう一度将来について考える。

そういう選択肢、よくないですか。

将来について何も決めていない人は、4年間が、なおさら貴重なものになります。

勉強ができる。

受験勉強は、地獄。くそつまんねえ。

大学でも、つまんない授業は多いです。必修とかほとんどつまらんくせに取んなきゃ卒業できない。

でも、シラバスを眺めてみると、おもしろそうな授業、結構あります。

ぼくの場合は、映画についての授業や、スポーツについての授業を取ったりしました。

興味があることを勉強するのは、楽しいです。強制される勉強とは違う。

日本では、大学は実質、就職予備校みたいになってるので、大学生は堕落してる人がとても多い。

その人達は、大学の授業もつまらないと思ってます。もったいない。面白いやつは面白い。

また日本では、ある程度年を取ってから大学に入るのは、一般的じゃありません。

たまに大学28年生みたいな人がいますけど、ほぼいないです。人間、年をとると、勉強したくなるらしいです。

ぼくはピチピチの若者なんでわからないですが、年を取ってからいきなり本を読み出す人は、多いそうです。

でも、その時になって勉強しようと思っても、大学には入れません。

周りは全員自分の子供みたいな年の学生ばっかりで、無理でしょう。

その時になって後悔しないように、今大学に行っておくといいかもしれません。

人脈ができる。

大学に行くと、将来助けになる人脈を築けます。

同級生や、サークルの友達は、将来どっかの社長になって、バカ儲けするかもしれません。

なにかやらかした時に、モミ消してくれる弁護士になるかもしれません。

f:id:shun619:20170115022905p:plain

いきなり死にかけた時、助けてくれる医者になる人もいるかもしれません。

芸能界のコネがある人もいます。サインもらえます。

人に恵まれることって、ものすごく大切です。一人でなにかするのは大変ですよね。

ルフィだって結局周りの力じゃん。

f:id:shun619:20170115023240p:plain

大学は楽しい。

大学、めっちゃ楽しいですよ。中学、高校も楽しかったけど、大学は、もっと自由で楽しいです。

サークルとかは、絶対楽しいから入った方が良いです。

大学では、それまでに経験がないことでも、バンバンやれます。

ぼくは野球サークルに入っていますが、初心者もいます。

大学で、未経験のスポーツを部活で始める人だっています。

時間はいっぱいあるから、旅行も行けます。映画もいくらでも見れるし本も読めます。

本当に好きなことに打ち込めるのは、大学4年間だけじゃないでしょうか。

そこそこの大学なら、どんな人にも居場所があります。サークル選びさえしっかりすれば、ぼっちにはならないです。

f:id:shun619:20170115023404p:plain

まとめ

ぼくは、どんな人でも、とりあえず大学に行くべきだと思っています。

成功してる人って、なんだかんだいい大学出てるもんです。中退も多いけど。

ビル・ゲイツもマーク・ザッカーバーグも孫正義もホリエモンもそうです。

もちろん例外はあります。中卒だろうが、不登校だろうが、とてつもなくつまらなかろうが成功してる人はいます。

f:id:shun619:20170115023843p:plain

ただ、大学の4年間で得られるものって、大きいと思います。

それで大学に行っても、4年間寝て終わるなら、意味ないので、結局自分次第なんですけどね。結局は。

とにかく高校生のみなさん、大学はいいもんですよ。1年間我慢して勉強するだけの価値はあります。

勉強がんばってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学生。トレーニング歴3年。昨年某団体の某フィジーク大会に出場も、決勝で散る。留学経験あり。好きなスポーツは野球バスケMMAボクシング。宇多田ヒカルと桑田佳祐は神。TOEFL 92点、TOEIC955点。嫌いな芸人はにゃんこスター。好きな監督はタランティーノと北野武。