100%成功するダイエットは、筋トレのみ。リバウンドも絶対しない。

世の中、色んなダイエット法が出てきたり消えたりしています。

俗に言う〇〇ダイエットってやつですね。

一番面白かったのは「ビールダイエット」と「ケーキダイエット」。

もうね、正気かと。

〇〇ダイエットの「〇〇」の部分、どんな言葉で検索しても結果出ますからね。

「ケーキ」「ビール」「キュウリ」「芋虫」「社畜」などなど、、

そんなんで痩せるなら、なんでいつまでたっても地球上にデブがいるんだ。

なんでいつまでたっても電車で、隣に汗まみれのデブが座ってきて絶望しないといけないんだ。

世界で21億人が肥満に苦しんでいるんです。ケーキ食っただけで痩せるならノーベル賞取れるぞ。

いい加減目覚めなさい。

この世の中に、「リバウンドをしない」「確実に痩せる」の2つを同時に達成できるダイエットは、1つだけ。

筋トレです。

3ヶ月で、一生ダイエットしなくていい体になります。

“息子”
生涯で最後のダイエットを始めよう!

スポンサーリンク

なぜ筋トレが唯一無二のダイエットなのか

なぜ?

  • ダイエットの敵=「代謝の低下」「リバウンド」を防ぐ唯一のダイエット
  • キレイに、健康的に痩せられる
  • コスパが抜群
  • 「太らない食事」が身につく

筋トレダイエットは、リバウンドしない

代謝が低下するとどうなるか

ダイエットをした後、リバウンドをする原因。

それは、間違ったダイエット方法による「代謝の低下」が原因です。

代謝が低下した状態で、ダイエット前と同じ食生活に戻すとどうなるか。

ひどい場合、元の体重を大きく超えるリバウンドをしてしまいます。

例えば、ダイエットをする前の代謝が、1日2000kcalだったとしましょう。

そして、1日の食事は2500kcalだったとします。

すると、1日に500kcal分デブへと突き進んでいくわけです。

あまりにもデブったので、ダイエットを決意しましたとしましょう。

幸いにも体重を落とすことに成功するものの、間違ったダイエット法のせいで代謝が1日1500kcalに下がってしまいました。

この状態で、元の2500kcalの食生活に戻すと…?

とんでもない勢いでリバウンドをするというわけです。

“息子”
これがダイエット後のリバウンドの仕組み!

筋トレをすれば、代謝はむしろ上がる

筋トレダイエットならば、代謝の低下は起こりません。むしろ代謝はアップします。

というのは、筋肉は存在するだけで膨大なカロリーを消費するエンジンのようなものだからです。

筋肉は使わないと、ドンドン衰えていきますよね。

しかし、脂肪は寝てるだけでガンガン増えていきます。

これは、脂肪をエネルギー源として蓄える一方で、筋肉は大量のエネルギーを消費するため、体が「筋肉いらねえ」と判断すると、すぐに削り取るからです。

これは人類がキーキーうるさい猿だった頃から、体に備わっているシステム。

野生の動物は、食料にありつける保証はどこにもないわけですから、代謝は低いのがベストなんです。生物学的に言えば。

だから、エネルギーを消費する筋肉は最小限あればいい。生物学的に言えば。

ある意味、「脂肪を落とすこと」を目的とした「ダイエット」という行為は、人間のシステムに反する行為です。

逆に言えば、そのシステムを上手く使って、筋肉をつけて代謝を上げることも可能というわけ。

それが、筋トレダイエットです。

筋トレダイエットなら、美しく健康的に痩せられる

筋トレをせずに痩せると…?

詳しくは後述しますが、筋トレといっても「ダイエット目的」ならムキムキになることはありえません。

逆に、筋トレをせずに痩せると、脂肪と同時に必要な筋肉まで落ちてしまいます。

すると、悲惨な結果に。

具体的に言うと「スキニーファット」という体型になってしまいます。

これは「隠れ肥満」とも言える状態。

スキニーファットの人は、服を着ていると、デブには見えません。

しかし、実際には下っ腹は飛び出ているし、腕や脚の肉は垂れてきます。

女性であれば、それに加えてバストは小さくなり(おまけに垂れてくる)クビレなど一切なくなります。

メリハリの一切ない体になるのです。

それだけではありません。肌や髪にも悪影響。カサカサになります。

つまり、老けます。

もう一度。老けます。

こんな状態が健康なはずがありません。何より見た目が最悪です。

おまけに、スキニーファットになってしまうと、代謝は恐ろしいほど低くなるため、それ以上痩せることもできません。

“息子”
グレイ型宇宙人のような体型…

筋トレをすると、どうなるか

男性ならば、いわゆる「カッコいい体」に、女性であればメリハリのある体になります。

バストアップも期待でき、クビレも手に入ります。

なぜ、モデル達は日々ジムに通い、筋トレをするのか。

藤田ニコルも菜々緒も中村アンも、みんなジムで筋トレしています。

まさに、そのようなメリハリのある美しい体を作るためです。

正しくやれば、ムキムキにはなりません。

“息子”
安心して筋トレしろ!

筋トレダイエットは、コスパがいい

ランニングなどの有酸素運動と比較すると、筋トレはコスパが抜群。

ほんとに、有酸素の消費カロリーなんてチン○スみたいなもんです。

ランニングを30分したところで、消費するのは200kcalがせいぜい。おにぎり1個分ですよ。

同じ時間の筋トレで考えてみましょう。

筋トレ自体の消費カロリーは、ランニングなどの有酸素運動よりも少ないです。

しかし、筋トレの場合「運動後も継続してカロリーを燃やす」という特徴があります。

それに加えて、筋トレを続けて筋肉が増えると、それだけで代謝がアップします。

有酸素運動をしたところで、カロリーを燃やすのは「有酸素運動をしている時だけ」です。

しかし筋トレをすると「1日を通してカロリーを燃やす」状態に。

当然、トータルで考えると筋トレのほうが消費カロリーは多くなります。

“息子”
筋トレのコスパの秘密は、ここにあり!

「筋トレ=太くなる」の間違い

「筋肉=太い」の間違い

「筋トレ」と聞くと、オカダカズチカやゴリラを思い浮かべ、「筋トレなんかしたら、ムキムキになっちゃう!」

とか言う人がめちゃめちゃいます。

大丈夫です。なりません。

まず、「筋肉がつく=太くなる」という認識。これが間違い。

筋肉は、体積あたりの重さが脂肪よりも重いです。

そのため同じ体重であれば、筋肉が多い人の方が、数倍引き締まって見えます。

筋肉がついた状態より、脂肪がある状態のほうが、よほど「太い」のが現実なんです。

もちろん、筋肉をつけすぎると「太く」もなります。

しかし女性の場合、そもそも「太い」というレベルまで筋肉をつけるのが難しい。

男性と比べて、女性の場合ホルモンの関係で筋肉がつきにくい。

男性ですら、筋肉を太くするには「大量の食事」と「激しい筋トレ」と「長い時間」が必要なのです。

女性が、ダイエット目的の筋トレをしただけで「太く」なることは、まずありませんから心配ないです。

そもそも、適切な筋トレで「太く」なってしまうのであれば、体を引き締めたいはずのモデル達は必死こいて筋トレなんてしませんよね。

“息子”
だから安心して筋トレしろ!

決めるのは、食事

筋肉で「太く」なるか「引き締まる」かの差は、主に食事から生まれます。

自分の代謝を超える量の食事をした場合、脂肪がつきます。

これに筋トレを加えた場合どうなるか。

「脂肪が落ちない」上に、「筋肉もつく」ことになります。

すると当然、太くなります。

なので、筋トレの際には「食事制限」とセットで行いましょう。

正しい栄養摂取の元で筋トレをすれば、脂肪が落ち、さらに筋肉がつくことで「代謝アップ」と「引き締め」の効果が得られます。

「リバウンドをしないダイエット」の完成というわけです。

筋トレってなにすんの?ジム必須?

筋トレといっても、100kgのバーベルをブチ上げる必要は全くありません。

とはいっても、やはりジムに通うのが理想ではあります。

自宅での筋トレとは設備面でのレベルが違うので、より効果的な筋トレができるからです。

結果として、スムーズにダイエットが進みます。

また、「これだけのお金を払っているから、やらないわけにはいかない」と意地になることで、ダイエットを継続することもできます。

最近では、月8000円程度で使えるジムも多いので、出来ればジムに通ってほしいところです。

関連記事: ジム3つ掛け持ちの僕が、24時間ジムを比較! オススメはどこ?[エニタイム・ジョイフィット・ファストジム]

しかし、金銭面で苦しいとか。

ジムでは、「筋肉モリモリマッチョマンの変態が、叫び散らしながらバーベルを挙げている」イメージがあり、怖いとか。

色んな理由で、ジムに通えない人はいると思います。

ジムに通うのが最高なんですが、環境を整えれば家でもダイエットに必要な筋トレを行うことはできます。

ジムに通わず自宅で筋トレする場合、「ダンベル」「ベンチ」「チューブ」の3つは最低限必要です。

男性であれば、ダンベルは20kgまであった方がいいです。

女性の場合は、ダイエット目的であれば10kgまであれば充分すぎます。

最初は軽めのダンベルで、物足りなくなったら、より重いダンベルを購入する形でもOK。

—–

器具なしでは、どうしても出来るトレーニングが限られてきます。

例えば、器具を使わずに背中を正確に鍛えるのは無理です。

また、運動習慣のない人の場合「腕立て伏せが出来ない」レベルからのスタートになります。

そこで無理やり筋トレしても続かないだけでなく、怪我のリスクもあります。

より適切な筋トレをするために、これら3つの器具は絶対に必要です。

本気で痩せたいなら、ここでの投資は必須。

全て揃えても、10000円はしません。

一度買えば死ぬまで使えますし、ジムに行くよりは断然安いです。

“息子”
本当に痩せたいなら、10000円なんて安いもんよ。

有酸素運動は必要?

基本的には不要。

基本的には、有酸素運動は不要です。

筋トレをしていて、満足に体重が落ちない時は、少しずつウォーキングを取り入れてみましょう。

有酸素運動は、やりすぎると筋トレの効果を妨げてしまいます。

やるならウォーキングで。そしてやりすぎないこと。

関連記事: 減量時の有酸素運動は必要か?筋肉の分解を抑える効果的なやり方

よほど急いでいる人以外は、あまり考えなくていいでしょう。

本当に覚悟がある人には、HIIT。

HIITとは、「死ぬほどキツい運動を、休みながら繰り返す」運動です。

運動は、ダッシュでも、エアロバイクでも、バービージャンプでも、なんでもいいです。

ただこれ、アホみたいにきついです。

というか、「キツくなければ意味がない」運動なんです。

その分効果はバツグンです。火タイプvs水タイプです。

しかも、わずか数分で終わるのでコスパが抜群。

これをやると、代謝が鬼のように高くなります。

寝てるだけで、怒涛の勢いで脂肪を燃やしてくれます。

「死んでも痩せてやる」とか「痩せないと殺すと脅迫を受けている」方は、チャレンジしてみる価値ありです。

関連記事:最強・最凶の減量法!HIIT(タバタ式トレーニング)の圧倒的効果。

筋トレと食事制限はセット! 正しい栄養学

正しい栄養摂取をしなければ逆効果

筋トレダイエットのもう一つの柱は、正しい栄養摂取です。

「筋トレしてるからいいや」と言って、何も考えずに食いまくっていると、それこそモリモリマッチョマンになってしまいます。

正しい食事制限があってこそ、筋トレダイエットの引き締め効果が得られるのです。

基本的には「消費カロリーが摂取カロリーを上回ればOK」です。

このルールを守れば、速度の差こそあれ痩せます。

なので、自分の「1日の消費カロリー」を見極めるのが大切です。

何より、しっかりした栄養摂取が分かれば「詐欺ダイエット」に騙されることはなくなります。

そして「何をどれだけ食べると、自分の体にどんな変化が起こるのか」が分かるようになるので、太ることもなくなるのです。

長くなるので、栄養に関しては別記事にまとめています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。筋トレダイエットを3ヶ月実行すれば、人生が変わります。

ミランダ・カーにはなれませんが、痩せて引き締まります。

ありとあらゆるインチキダイエットが蔓延する世の中。

なぜモデルや芸能人たちは、こぞって筋トレをするのか。

やれば、分かるでしょう。筋トレこそが、唯一無二のダイエットなのです。

関連記事:本気で痩せたいならボディビルダーからダイエットを学べ! モデルとボクサーはダメ!

関連記事減量・ダイエットの最終兵器! BCAA断食の破壊的効果!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です