ボム君.com

ダイナマイト息子

スクワット原理主義者

The Last of Us PART 2は成功するか、駄作に終わるか?

奇しくも『打ち上げ花火 下から見るか?横から見るか?』みたいなタイトルになってしまいました。

The Last of Us、やった方は全員もれなく同意していただけると思いますが、とんでもない面白さでした。 

f:id:shun619:20171122213652p:plain

過去にプレイしたゲームで、間違いなく3本指に入る面白さ。ストーリー、脚本、演出、世界観、音楽、全てが最高。

 

”たかがゲーム”と思っていた自分を、”実際にプレイして物語を体験するという点で、物語を体験する手段”としてゲームはあらゆるメディアの中で、最高の媒体なのではないかと思わせたほどのゲームでした。

マルチも面白く、未だに遊ぶこともあります。

同じノーティで、アンチャも面白いですが、やっぱラスアスが一番や。。

 

PS4持っててあれをプレイしないのは人生損しているので、ぜひやってみてください。

そんなラストオブアス、去年のPSXで続編『The Last of Us PART II』の制作が発表されました。

元々、ノーティの開発陣は、ラスアスの続編は作らないと言っていました。

ファンとしても、あれだけ完璧なエンディングに、続編はいらないと考えていました。

しかし、ここ数年それとなく続編の可能性を匂わせる発言がちらほら。

いくら続編は求めてないといっても、いざ制作されるとなれば、気になるのがファンというもの。

 

PSXでトレイラーがお披露目された時は、バカ盛り上がりましたね。 

www.youtube.com

 

どうせ続編が出るとすれば、スピンオフや前日譚など、外伝的なストーリーになると思っていたら、まさかの普通に正統な続編。

今回は、そのラストオブアス2が、駄作に終わる可能性がある懸念材料をいくつか見ていきたいと思います。

名物ディレクターの退社

 

今年9月、ノーティファンにとって衝撃的なニュースが報じられました。

1999年からノーティドッグに在籍し、ジャック×デクスターから制作に関わり、アンチャ2とラストオブアスのディレクターを務めたブルース・ストレイリーが、ノーティを退社したのです。

 

アンチャ2とラストオブアスといえば、ノーティのゲームでも人気、評価ともに最高なゲーム。

そのディレクターが退社したとのこと。まじか。ノーティ大丈夫か。

ディレクターがゲームに与える影響なんてアホみたいに大きいですからね。

ラスアス2どうなるの。。 

ノーティドッグのブラックっぷりがヤバいらしい

 

去年、ノーティドッグで働いていたある元社員が、ノーティのブラックっぷりをポッドキャストで暴露しました。

それによると、AAAタイトルの開発時には週7で12時間働くこともザラで、製作中に過労でブッ倒れた人もいるという、日本が誇る電通に引けを取らないブラック企業だとのこと。

そんなわけで、現場レベルではかなりの人がノーティを離れているらしいのです。

さっき出てきたブルース・ストレイリーも、そんなブラックさにうんざりしてノーティを辞めたのでは?という話もあります。

 

電通しかり、ブラック企業なんてのはどこかでボロが出てきます。海外だと尚更そうでしょう。

優秀な人間なんてすぐ引き抜きされる世界ですから、ノーティからデキるクリエイターが消えてしまう可能性だってあるわけです。

一応、続編の発売は2019年以降とのことで、かなり余裕をもたせたスケジュールなのが救いかもしれません。

ソニーが無理やり続編を作らせたのでは?

 

これは勝手な憶測です。

ラストオブアスがめちゃくちゃに神ゲーだったもんで、続編を作れば間違いなく売れる。

なんで、ノーティの親元であるSCEが、”黙って続編作れ”と命令したんじゃ?という憶測。

 

発売が早くても2019年以降なのに、2016年に発表したのは早すぎでは?

ほんとはまだ何も出来てないんじゃ??

上からの圧力があったから?

まあ根拠もない話なんで分かりませんが、これが本当だとしたら。

作りたくもないゲームを、くそブラックな環境で作らされるとしたら。

おもしろくなるわけがないじゃねえか!!!!!!!

そうでないことを祈りましょう。。

まとめ

 

そもそも、映画にしろなんにしろ、続編がおもしろい作品ってのは稀ですよね。

売れたからって、調子のって続編作ると、だいたいコケます。

しかし、ここまで色々書いといてなんですが、このラストオブアスに関しては、なんだかんだ大丈夫なんじゃないかという気がします。

なぜか。

 

あれだけ完璧なエンディングに、続編なんて必要ないんです。そもそも。

それは開発陣も分かっているはずで、それでも尚続編を出すのであれば、よほどの自信がないとできないはずです。

並大抵の完成度じゃないでしょう。

ノーティほどのブランド、もう名前だけでゲームが売れるわけです。

なにも批判され、ブランドの価値を落とすリスクを背負ってまで、ラストオブアスの続編を作る必要はない。

新規IP作るほうが断然リスクは少ないし、何ならずっと永久にクラッシュバンディクー作ってもいいんです。 

ラストオブアス作る必要なんてないんです。

なんせあのノーティですから。どっかのコナミじゃないんだ。

楽しみに待ちましょう。きっと神ゲーになるはず。