ボム君.com

ダイナマイト息子

スクワット原理主義者

(ランク・予算別)ホームジムおすすめ器具! パワーラック・バーベルなど

前回の記事の続きです。

 

 

www.dynamitemusuko.com

 

この通り、ホームジムは完全無欠の砦です。

 

今回はこれを踏まえて、オススメの器具を実際に予算、ランク別に分けて紹介していきます。

 

高い金払えば、いいもんが買える!!!

 

当たり前だけどつらい。

 

バーベルのシャフトやダンベルなど、どのランクの器具買っても変わらず必要なものは、最後にまとめて紹介します。

 

 

ランク・予算低

 

最初は、これです。

 

 

そもそもパワーラックですらありません。ベンチプレスとスクワットしかできません。

 

しかし、これでも充分満足できる人も多いはず。何より安い。

 

メリットとしては、パワーラックに比べると、狭いスペースでも置けるということ。半分くらいのスペースで済みます。

 

都内極狭ワンルームでもいけるかもしれません。

 

また、普段はジムに通っていて、補助として家にホームジムを作りたいという人も、これでOKでしょう。

 

実際あとダンベル買っちゃえば、デッドリフト以外フリーウェイト種目には困りません。

 

ランク・予算中

 

”予算中”とか言っといてなんですが、ここから値段がハネ上がります。

 

 

やっぱり、パワーラックは高い。

 

ラックだけでこの価格ですから、バーベルやベンチなど一通り揃えると、10万くらいにはなってしまいます。

 

そうなると、もう次で紹介する”ランク・予算高”と1,2万円ほどしか変わりません。

 

バーベルやベンチをすでに持っているという人以外は、あまりおすすめできないです。

 

紹介しといてなんなんですけど。。

 

ランク・予算高

 

本格的にホームジムを作りたいのであれば、これがおすすめ。

 

 

パワーラックにラットプル、ケーブルローイングができる仕組みになっています。

 

値段は張りますが、このモデルはベンチ、ダンベル、バーベルと計140kgのプレートがセットになっているので、別で買う必要がありません。

 

 

こちらのモデルは上のやつとは違い、パワーラックではないのですが、ラットプル、ケーブルローと更にペックデックもできるタイプです。

 

スクワットなども問題なくできるので、こちらもおすすめです。

 

デメリットは、パワーラックではないので懸垂ができないこと。公園でやりましょう。

 

また、これもベンチやバーベルなど、一通り揃っているモデルなので、別で揃える必要がないです。

 

最後に、これ。

 

 

値段は、最初の2つとほぼ同じで、ラットプルとケーブルローもできるタイプです。

 

しかし、ベンチやバーベルは別売りになります。

 

その代わり、パワーラックの骨組みが他のものと比べて、頑丈にできています。

 

スポーツジムで見るラックと同じくらいの強度です。

 

個人的には、ここまでの強度は必要ないと思っています。

 

ぼくは1つ目のタイプのラックを家に置いて3年ほどになりますが、壊れたことがないからです。

 

ラックプル180kgとかガシャガシャ引いても問題ありません。

 

ただ、10年単位で考えた時、変わってくるかもしれないので予算に余裕がある方は、こちらを検討してみてもいいと思います。

 

その他別途必要なもの

 

シャフト・プレート

 

シャフトとプレートが付いていない製品は、別途購入しましょう。

 

こちらは、ダンベル、バーベルシャフトとプレートがセットになったものです。

 

 

プレートが足りなければ、単体でも売っています。

 

 

インクラインベンチ

 

 

セットでなければ必要です。

 

このベンチは安いですが、しっかり作られているので素晴らしいです。

 

カラー (プレート止め)

 

 

プレートがずれるのを防ぐアレです。

 

バーベルが付属しているタイプであれば、これも同梱されているので買う必要はありません。

 

レンチ

 

 

どのパワーラックを買ったとしても、組み立てる際にレンチが必要になります。

 

”ランク・予算低”で紹介したベンチラックだけは例外で、工具が付属しているので必要ないです。

 

17mmと19mm両方必要になる器具もあるので、両方使えるメガネタイプのこのレンチを。

 

ダンベル

 

 

ダンベルは、このような値段のものでも問題ありません。

 

しかし、ちょっとお金を出すと、めちゃくちゃ便利なダンベルが買えます。

 

スタック式や、ボタン1つで重量を変えられるダンベルなどです。感動するくらい便利です。

 

これがスタック式

 

 

これがワンタッチ式

 

 

安いやつは、重量を変える度にプレートを付け替えなければならないので、めんどくさいです。

 

ゴムチューブ

 

 

ケーブルフライや、ケーブルサイドレイズなどの種目の代替になります。

 

取っ手がついているこのタイプがおすすめ。

 

ゴムマット

 

 

マンションの方は、防音、衝撃に気を使わなければなりませんよね。

 

その場合、このマットが最強です。

 

2枚あれば充分だと思います。

 

重ねて使えば更に効果が高まるので、心配な方は4枚買って、重ねて使用するといいかもしれません。

 

マンション以外の方も傷を防ぐため、マットを敷いた方がいいでしょう。

 

まとめ

 

なかなかお値段が張るホームジム。

 

しかしジム通いと比べると、意外とすぐ元が取れちゃいます。

 

お金がない!そんな君。

 

一番安いランクのやつでも、充分にトレできます。環境は作れます。

 

メインはジムで、サブでホームジムを作る人なら充分すぎるくらいです。

 

 検討してみてください。

 

 

www.dynamitemusuko.com