ボム君.com

ダイナマイト息子

スクワット原理主義者

ホームジムがオススメすぎる! ジムに通うのがバカらしくなる4つのメリット!

今、ジムに通っていて、ホームジムの導入を考えている人。

 

これから筋トレを始めてみたいけど、ジムに通うのはめんどくせえ。という人。

 

別にホームジムとか考えてない、俺はジムに通うんだよ!という人。

 

皆さん、本当にホームジムは最高ですよ!

 

正直わざわざ毎月高い金払ってジムに通う意味とか、ホームジムの前には吹き飛びます!

 

また、ジムには別で通っていても、補助としてホームジムを作るのもおすすめです。

 

目次見てくれ、メリットしかない。

 

 

ホームジムとは?

 

読んで字の如く、自宅に器具を置いてジムを作ってしまおうということ。

 

お金持ちなピーポーは、そのへんのジム並みの設備を家に作ってしまう人もいます。

 

f:id:shun619:20171023191058p:plain

 

そこまでのレベルではなくても、家にパワーラック一台程度置いている人は、意外といます。

 

では、そんなホームジムの魅力を紹介していきます。覚悟しろ。

 

長期的に見ると、ホームジムの方が圧倒的にお得!

 

スポーツジムって、高いですよね。

 

毎月だいたい1万円くらいする。

 

エニタイムやファストジムなど、24時間使えるタイプのジムは、もう少し安いこともあります。

 

しかし、そういうとこは大抵パワーラックが2つしかなく、どうしても待ち時間ができてしまいますよね。

 

ゴールドジムの一番安いプランで1万円ほど。もっと高いジムもあります。

 

それに入会金やらカード発行料やらで金を取られます。

 

それに比べて、ホームジムは、というと。。

 

初期費用はジム入会時よりかかりますが、一旦器具を揃えてしまえば後は永久にタダ

 

どんな器具を買うかでピンキリですが、本当に最低限の設備なら、5万ちょいで揃います。

 

安いランクのラックを買い、バーベルとプレート100kg分くらいでそんなもんです。

 

プレートはあとで買い足せますから、初心者の方には充分な環境です。

 

また、普段はメインで通っているジムがあって、補助的にホームジムを作りたいという人も、この価格帯のもので充分です。

 

この場合ジム通いに対して、半年ほどでホームジムの方がお得になる計算です。

 

一般家庭におけるホームジムの最大限の設備にすると、初期費用は10万を超えます。

 

後ほど詳しく解説しますが、このクラスになるとスクワットラックにラットプル、ペックデックとケーブルがついてきます。

 

それでも、1年ちょいで元が取れる計算になります。

 

金銭面以外でのメリットも考慮すると、破格です。

 

筋トレの基本はフリーウェイト、だからホームジムでOK

 

しっかり計画的に筋トレをしている方はお分かりでしょうが、筋トレはフリーウェイトが基本です。

 

f:id:shun619:20171023191406p:plain

 

マシンはケーブルを除き、オマケみたいなもんです。

 

マシンでシコシコやってるより、フリーウェイトやる方が何倍も早く成長します。

 

それに、考えてみてください。

 

普段使っている器具なんて、ベンチ台とラックとケーブルくらいではありませんか?

 

マシンも使ってるよ!って人は、その種目フリーウェイトでもできないか考えてみてください。

 

ショルダープレスとかフリーウェイトでも出来ますよね。

 

ペックデック、ケーブルマシンあたりは必要な人も多いかと思います。

 

値段は張りますが、それらが付いたパワーラックも売ってるんですよ!

 

そこまで金ねえわ。。っていう人も大丈夫です。

 

ケーブル種目の多くはゴムチューブで代用可能です。”収縮時に最大の負荷がかかる”という点は同じですからね。

 

f:id:shun619:20171023191632p:plain

 

こんな感じで、ホームジムでもかなりの設備を整えることができます。

 

上級者でも初心者でも、少なくとも環境を理由に筋肉の成長が遅れることはないレベルにはなります。

 

このYoutuber、KTMさんは有名な方で、見たことがある人も多いのではないでしょうか。

 

f:id:shun619:20171023191730p:plain

 

この人、ジムには通わずにホームジムでこのバケモノみたいな体を作り上げています。

 

 ホームジムの無限の可能性が見えるぜ。

 

www.youtube.com

 

時間がない人でもホームジムなら絶対筋トレできる

 

ジムにもっと行きたいんだけど、仕事が忙しくて週末の2日しか行けない。。

 

とか、休日は休みたいし1日もジムに行く時間がない、そもそも近くにジムがないからなかなか行けない。。

 

という人は、結構多いと思います。

 

そんな社畜でも、ホームジムなら絶対に時間がとれます。

 

1日30分。これで充分。

 

この記事を読んでるくらいだから、トレーニングする意欲はあるわけです。

 

1日30分なら、社畜の中の社畜じゃない限り、作れると思います。

 

ホームジムなら1人でトレーニングするので集中できますし、30分でかなり追い込めます。

 

そしてもちろん、ジムでの待ち時間がない。

 

f:id:shun619:20171023191912p:plain

 

ベンチプレスするのに死ぬまで待つ必要はありません。

 

週末にジムが社畜で溢れることもありません。

 

ヨボヨボのジジイがラック占拠して意味不明なダンベル体操してるのを終わるまで待たなくていいんです。

 

そして中には近所にジムがなく、電車や車でジムに通っている人もいるでしょう。

 

ホームジムなら、そういう時間も節約することができます。

 

一般のジムと違い、定休日もありません。

 

”せっかくジム来たのに定休日じゃねえかよ!!!”っていうトレーニーあるあるも回避できます。

 

もちろん24時間好きな時にトレーニングできるんです。朝起きてすぐ、夜寝る前、風呂に入る前、いつでもOK。栄養補給もすぐできる。

 

意外とスペース取らない・うるさくない

 

 

ここまで読んできた人の中には、”でも家にそんなスペースない。。”とか、”マンションだから騒音が気になる。。”なんて人もいるかもしれません。

 

ジムなどにあるパワーラックをイメージしてみてください。

 

意外と小さくないですか?

 

f:id:shun619:20171023192034p:plain

 

もちろんラックなので、高さはある程度あります。

 

しかし面積でいうと、そこまででもない。

 

だいたい2畳ほどもあれば大丈夫でしょう。

 

寝っ転がって、両手両足をブン回せるくらいの広さです。

 

都内でたまに見る、テレビ置いたら終了の極狭ワンルームはキツいかもしれませんが、普通のワンルームであればこれくらいのスペースは取れるのではないでしょうか。

 

中には駐車場にホームジムを作ったり、庭に作るツワモノもいます。

 

最終手段は部屋のベッドを捨ててラック置いて、夜は布団で寝る。ゴリ押し。

 

 

またマンションに住んでいる人は、音が気になりますよね。

 

うるさいだのなんだの言われてトラブルになったら面倒くさいです。

 

特に夜間や朝方は、騒音が気になってトレーニングできないんじゃないか?

 

せっかくいつでもトレーニングできるのがホームジムのメリットなのに、結局できる時間が限られるんじゃ?

 

そんなことはないです。対策をすれば、騒音については心配ありません。

 

床に防音タイプのゴムマットを敷き(床に傷をつけないためにも)セーフティバーもゴムでカバーすれば、ほとんど音は響きません。

 

それでも心配なら、バーとラックに厚手のタオルを巻けば、完璧です。

 

ホームジムのデメリットは?

 

初期費用が高い

 

器具は、安いやつから高いやつまでピンキリですが、ある程度満足できるものを揃えると、10万程度はします。

 

どんだけ抑えても6万。これで安いパワーラックとバーベル100kg程度です。

 

ある程度まとまったお金がないと、厳しいですよね。

 

ただ、1年単位で考えると絶対にホームジムの方が安く済みます。

 

インテリア的にちょっと、、

 

パワーラックなんて世界一インスタ映えしないものを部屋に置くと、まず見た目は台なしです。

 

ホームジム専用の部屋を用意できるならまだしも、ワンルームならちょっと、、

 

まあいい、そんな女々しいことは気にすんな。

 

超上級者には物足りない

 

超上級者の場合は、細かい部位にピンポイントで効かせることが必要になるので、ある程度マシンが必要になることがあります。

 

しかし、Youtubeなどで有名選手のトレを見ると分かりますが、かなりのレベルの方でも、ほぼフリーウェイトの基本的な種目しかやっていません。

 

ジャパンオープンやらで上位狙うレベルでもなければ、凝ったマシンはいらないです。

 

上にも書きましたが、最近はラットプルやペックデック、ケーブルマシンがついたパワーラックも売ってます。それだけあれば問題ないでしょう。

 

 

まとめ・オススメ器具

 

どうでしょうか。ホームジムの魅力は伝わりましたでしょうか。

 

一度体験すると、病みつき。

 

ぼくは一度、引っ越しをした関係でホームジムから再びジムに通い始めたことがあります。

 

しんどかった。

 

ジムまで歩くのもだるいし器具空くまで待つのもだるいし、脚トレの日とか、帰るのが苦痛

 

すぐホームジム作りました。

 

最近のものは、器具の組み立ても簡単に出来ますし、ダンベルも2秒で重量切り替えができる便利なやつが販売されていたりします。まじで便利です。

 

また中には、フォームを教えてくれるトレーナーがいないから、初心者にホームジムはおすすめできない。と言ってる人もいます。

 

ですが、今はYoutubeなどに分かりやすい解説動画が腐るほどあります。

 

 

www.dynamitemusuko.com

 

 

さらに、よほど良いジムに行かない限りは、トレーナーだって人に教えられるほどの知識がある人はほぼいません。

 

なので、初心者でもホームジムから始めて大丈夫です。

 

そしてこちらの記事では、ホームジムを作る際のオススメ器具を、予算・ランク別に紹介しています。

 

 

www.dynamitemusuko.com

 

 

参考にしてみてください。