ボム君.com

ダイナマイト息子

スクワット原理主義者

アルコールと筋トレの関係。お酒を飲んでも筋肉が落ちない条件とは?

風呂上がりのビール。仕事終わりのビール。そして筋トレ後のビール。

 

f:id:shun619:20170316072458p:plain

 

どれも最高ですよね。

 

特に、筋トレ終わりの一杯が楽しみで、筋トレを頑張っている人も多いのではないでしょうか。

 

ただ、気になるのは、”お酒って、筋肉に影響あんの?”

 

ということでしょう。

 

”酒飲んだら筋トレの意味なくなる?”

 

”酒飲んだら脂肪が増える?”

 

”酒飲んだら筋肉が分解される?”

 

酒乱兼筋トレ愛好家のみなさんは、色んな疑問を持っていると思います。

 

今回は、そんな疑問に答えていきます。

 

 

理論上は、間違いなくアルコールは筋肉に悪影響。

酒、ダメ、ゼッタイ。

初っ端から非常に残念なお知らせなのですが、酒は間違いなく筋肉によくありません。

 

原因は主に2つ。

 

まず、お酒を飲むと、筋肉にとってスーパー大事なホルモンである、テストステロンの分泌が減ります。

 

テストステロンは、男性ホルモンの一種で、我々トレーニーにとって、命よりも大切なものです。

 

f:id:shun619:20170316072532p:plain

 

このホルモンは、脂肪を減らし、筋肉の合成を促進してくれる神ホルモンなんです。

 

ドーピングは、主にこのテストステロン量を増やすために行われます。

 

このホルモンをいかにコントロールするかで、筋トレの成果も変わってきます。

 

で、お酒を飲むと、このテストステロンの量が減ります。最悪ですね。

 

さらに、ビールには、ナリンゲニンという成分が含まれていて、これもテストステロンの分泌を妨げる作用があります。

 

”とりあえずビールで!”

 

というおなじみのフレーズは、”とりあえず筋肉を殺す”ことになります。

 

もう一つの原因は、飲酒によって分泌される、コルチゾールというホルモンにあります。

 

このホルモンは、トレーニーにとって大敵であるホルモンで、筋肉を分解し、脂肪の合成を促進する、という悪魔のような性質を持っています。

 

f:id:shun619:20170316072733p:plain

 

ちなみに、この”悪魔”コルチゾールは、ストレスでも同じように分泌されます。

 

例えば、月100時間残業すると、筋肉は絶対に枯渇します。

 

これら2つの理由により、アルコールは筋肉に悪影響です。

 

無念だけども、これは事実。

 

ただ、あくまで”理論上は”、という話です。

 

諦めるのはまだ早い!

 

お酒が筋肉に影響しない条件!?

問題は、アルコールの摂取量

アルコールを摂取すると、上に書いたようなことが起こります。

 

ですが、それが実際に筋肉にどれくらい影響を与えるのか、という話です。

 

アルコールの摂取量と、筋肉の量、トレーニングへの影響を調べた研究があります。

 

それによると、体重×0.5gまでのアルコール量であれば、筋肉への影響、脂肪増加などの影響が見られなかったそうです。

 

だいたい中ジョッキ1杯で500ml程度だとして、20gのアルコール量が含まれています。

 

体重70kgの人なら、ジョッキ2杯程度なら、筋肉への影響はない、と考えていいでしょう。

 

日本酒なら2合くらいです。

 

それを踏まえた、具体的なお酒の飲み方

酒飲みにとって、悲しいことなのですが、お酒を飲む時は、おつまみを食べるのはやめた方がいいです。

 

お酒を飲むと、肝臓はアルコールの分解で、精一杯になり、他のことに手が回らなくなります。不器用ですね。

 

ここで、糖質、脂質などを摂取してしまうと、分解されず、圧倒的に脂肪に変わってしまいます。

 

シメのラーメンとか、もう最悪です。

 

劇的な旨さと引き換えに、命を削っています。あれは悪魔との取引です。

 

”どうしてもおつまみがなきゃダメ!”な人は、限りなく糖質、脂質が低いものを食べましょう。

 

鶏胸、ささみなどです。マヨネーズはだめですよ。

 

f:id:shun619:20170316072923p:plain

 

同じ理由で、飲むお酒も、糖質がゼロ、または少ないものを飲むようにしましょう。

 

よく、ダイエット中は蒸留酒がよくて、醸造酒がダメ、と言われるのはこれが理由です。

 

蒸留酒には、糖質がほとんど含まれないのです。

 

なので、お酒を飲む時は、ウィスキー、焼酎、ウォッカなどの蒸留酒を飲み、ビール、ワイン、日本酒などの、醸造酒は避けたほうがいいでしょう。

 

かの有名なライ◯ップでも、蒸留酒なら、飲んでも怒られないそうです。

 

そして飲む量は、なるべく少なめで。

 

焼酎なら1合と少し、ウィスキーならシングル3杯、といったところでしょう。

 

f:id:shun619:20170316073053p:plain

 

え?ちょっと待てよ。

 

”ふざけんじゃねえ!!!!!!!そんなんで酔えると思ってんのか?????????????”

 

”酒は記憶が飛ぶまで飲むもの”

 

”吐いてからが勝負”

 

というみなさん。

 

そうなんですよ!こんなんじゃ酔えないんですよ!

 

とてもよく分かります。ぼくも飲み会に行くと、こんな量じゃ済まないです。

 

ですが、実際のところこれ以上の量を飲んでも、大丈夫だと思うんです。

 

この件について、ある結論に達しました。

 

禁欲の果てにたどり着く境地など高が知れたものッッ

みなさんの周りには、学生時代は、バリバリ部活に打ち込んでいた、体育会系の人はいますか?

 

f:id:shun619:20170316073929p:plain

 

彼らは、もはやゴリラみたいな体つき。

 

ゴリラに近い人間というより、人間に近いゴリラ。と言うべき人もいますよね。

 

そしてそいつらは、飲み会などに行けば、湯水の如く酒を飲むはずです。

 

コルチゾールがなんとかとか、そんなの気にしない。

 

でも奴らは鬼のような体をしている。

そうです。酒を飲もうが、デカいやつはデカいんです。

プロ野球選手など、アスリート達にも、大酒飲みで知られる人は多いです。

 

f:id:shun619:20170316074154p:plain

 

ボディビルダー、フィジーカーにも、酒が大好きな人はいっぱいいます。

 

サイヤマンなんか、減量中でも酒を飲みますからね。

 

f:id:shun619:20170316074332p:plain

 

当然、毎日アホみたいに酒を飲んでいたら、筋肉以前に健康面での問題もあります。

 

でも例えば、週末に爆飲みして、潰れるまで飲むっていうくらいじゃ、大した影響はないんじゃないか、ということです。

 

特に、この1億総残業社会ニッポンで生きていると、色々なストレスが身に降り掛かってくるわけです。

 

先ほども書いたように、筋肉を分解する大迷惑ホルモン、コルチゾールは、ストレス下でも分泌されます。

 

酒を飲んだらコルチゾールが出るって言ったって、酒飲まなくても出るんですよ。

 

残業したら出る。

 

上司に怒られたら出る。

 

仕事終わって家に帰ると家族が寝てる。出る。

 

娘に”パパくさいー”。出る。

 

我々の日常は、ストレスの原因だらけです。

 

そして、酒こそが最強のストレス解消法だ、という方も多いと思います。

 

じゃあ酒ぐらいよくね?

 

また、筋トレをしている多くの人にとって、目標はロニー・コールマンではないと思います。

 

f:id:shun619:20170316074417p:plain

 

ビルダーレベルで筋肉をつけると気持ち悪いし、せいぜい海でチヤホヤされるぐらいのレベルを目指している人がほとんどではないでしょうか。

 

アルコールはよくない。それは確かに事実でしょう。でも、フィジーカーくらいのレベルを目指している大多数の人にとって、アルコールの影響なんか、たかが知れているはずです。

 

f:id:shun619:20170316074458p:plain

 

酒を飲まないでモヤモヤするぐらいなら、飲んでも全く問題ないです。

 

”禁欲の果てにたどり着く境地など高が知れたものッッ” なんです。

 

f:id:shun619:20170316090357p:plain

 

それでも気になる方は、お酒を飲む前に、筋肉の分解抑止のために、BCAAを飲むなりしてもいいと思います。

 

そして何より、しっかり栄養摂取をして、たんぱく質不足にならないようにしましょう!

 

お酒を飲んだあとは、栄養は吸収されにくいので、お酒を飲む前に、その日に必要な栄養を摂っておくのが理想です

 

酒と上手く付き合って、筋トレも頑張ろう。

ぼくは、週に2、3回飲み会に行きますが、今のところ筋肉への影響を感じたことはありません。

 

”筋肉消えるから飲み会行かねえわ”、なんて言ってるやつがいたら、ただの変質者ですよね。間違いなく嫌われます。

 

飲み会は楽しいし、筋トレも楽しい。

 

我々にとって、筋肉が人生の全てではないと思います。

 

何事もバランスが大切ですね。