ボム君.com

ダイナマイト息子

あったことや思ったことなど

バイオハザードシリーズ最高傑作はどれだ!? 8作品をランキングで紹介! 時系列もおさらい!

日本が世界に誇る傑作シリーズ。

 

それがバイオハザード。

 

f:id:shun619:20170225085941p:plain

 

”ゾンビもの”という、ジョージ・A・ロメロ作品で、カルト的人気があっただけの、あまり一般的でないジャンルを、誰もが知るジャンルに押し上げたシリーズ。

 

今年は、新作『7』も発売し、大変盛り上がっているところであります。

 

ちなみに当方、未だ『7』やってません。

 

PSVRが買えないんだよ。。。。。。。。在庫増やせよ。。。。

 

『5』以降のシリーズは、買って2日で捨てるという有様でした。

 

なので、『7』にはめちゃくちゃ期待してます。

 

ぼくが初めてプレイしたゲームの一つでもあるバイオハザード。

 

今回は、そんなバイオハザードシリーズの最高傑作を決めたいと思います。

 

ランキング形式でいきます。

 

8位 バイオハザード ガンサバイバー 2000年 初代PS

 

f:id:shun619:20170225090058p:plain

 

今年発売の『7』で、”バイオがFPSになった!”とかなんとか騒いでる諸君。

 

FPSバイオは、17年前に既に発売されていたのだよ。

 

ファンでもなければ、知らないのも当然かもしれません。

 

だってクソゲーだし、全然売れなかったもん。

 

ガンコン対応で、『タイムクライシス』などとは違い、移動も自分で操作。

 

これだけ聞けば楽しそうでしょ!!??

 

違うんですよ。

 

まず、クソみたいに難しい。

 

鬼のような難易度です。コントローラーぶん投げるレベル。

 

更に、なんとセーブができない。

 

シリーズでお馴染みのセーブポイントである、タイプライターなんかありません。

 

”じゃあどうすんだよ!”

 

始めたら最後、エンディングまで突っ走るだけです。意味不明。

 

クリアには、だいたい3時間程度かかります。でもセーブは不可。

 

ゲームオーバーになった際は、やり直しができるのですが、回数に制限があります。

 

制限超えたら、おわり。ホーム画面行き。

 

こんな気の狂ったゲームでした。

 

これをプレイした当時小学生だったぼくは、ブチ切れた挙句、ガンコンをブン投げ、3つぐらい壊しました。

 

あと、ストーリーについて。

 

舞台は、”第二のラクーンシティ”と呼ばれる、シーナ島。ジョン・シナではないです。

 

f:id:shun619:20170225093815p:plain

 

”聞いたことねえよ”と思うでしょう。

 

実はこのシーナ島、『バイオ0』のプロローグで、地味に紹介されています。

 

本編開始直後のムービーに、名前だけ出てきます。

 

そんな島で、記憶喪失となった青年が、自分の記憶を取り戻すため、例によってモンスターで埋め尽くされた島で、奮闘するというお話です。

 

シリーズの有名どころの敵が、色々出てきます。

 

『1』から、ハンター

 f:id:shun619:20170225090302p:plain

 

『2』から、リッカー

f:id:shun619:20170225090346p:plain

 

『3』から、追跡者

f:id:shun619:20170225090145p:plain

 

など。

 

ほんとにトチ狂った難易度のクソゲーですが、めちゃめちゃ思い出に残ってるので、ランキングに入れました。

 

セーブさえできて、難易度がもう少し低ければ、神ゲーでした。

 

FPSなので、爽快感はすごいです。

 

ストーリーもなかなかよき。

 

 

 

7位 バイオハザード4 2005年 ゲームキューブ他

 

f:id:shun619:20170225090501p:plain

 

巷でよく言われる”バイオ最高傑作”。

 

いや、なんで??

 

確かに面白いけどさ。バイオじゃないじゃん。もはや。ゾンビ出ないし。

 

バイオ原理主義者としては、『4』は最高傑作ではない。

 

が、しかし。1つのゲームとして、バカ面白いのは事実。

 

シリーズお馴染みの存在だったゾンビが消え、ガナードとかいうのが敵。

 

普通にオノで殴ってくるし、ガトリングガン撃ってくる。おかしい。

 

f:id:shun619:20170225091010p:plain

 

その他にも、リヘナラドールや、村長さんなど、愉快な敵がいっぱい。

 

f:id:shun619:20170225091035p:plain

 

謎解きもほぼ廃止され、純粋に戦闘の爽快さを楽しめる作品。

 

また、武器の改造も可能となり、やりこみ要素が増加。

 

ステージは、ヨーロッパのある村。

 

時代設定は、『1』『2』などの舞台である、ラクーンシティ事件の6年後です。

 

誘拐された大統領の娘(巨乳)を、大統領直属のエージェント、レオンが助けに行く物語。

 

f:id:shun619:20170225091231p:plain

 

あとは、なにが面白いって、空耳。

 

”オッパ◯のペラペラソース!!!!!!”

 

”ウンコだ捨てろ!!!!!!”

 

などは、もはや伝説。

 

www.youtube.com

 

 

6位 バイオハザード3 1999年 初代PS他

 

f:id:shun619:20170225091435p:plain

 

『1』で描かれた”洋館事件”の2ヶ月後。ゾンビが蔓延するラクーンシティから脱出するお話。

 

主人公は、ジル・バレンタイン。

 

f:id:shun619:20170225091534p:plain

 

前作『2』と、ほぼ同じ時系列を描いた作品。

 

プレイ中の、ドキドキ感は、シリーズ随一。

 

このゲーム、一言で言えば、究極の鬼ごっこ。

 

S.T.A.R.Sメンバー抹殺を目的とする、”追跡者”が、どこまでも追ってきます。

 

f:id:shun619:20170225091620p:plain

 

こいつが、コワすぎ。シリーズで何度も登場する、”タイラント”の強化形です。

 

映画版の『バイオ2』に出てきたあいつです。

 

タイラントは、全裸でバカなのですが、”追跡者”は違います。

 

f:id:shun619:20170225091653p:plain

 

普通に服着てロケランぶっ放してきます。

 

鬼のように身長がでかいのですが、どこで服を買ったのかは不明。

 

この”追跡者”、他の部屋に逃げても、壁ぶち破って追いかけてきます。

 

また、ゾンビの種類も、多様化しました。

 

デブや、突っ走ってくるゾンビ、ドアをいきなり突き破ってくるゾンビなど、バラエティ豊かです。

 

また、ラクーンシティからの脱出が目的となっていることもあり、マップが広いです。

 

かなり広大な範囲を探索することになり、楽しいです。

 

 

5位 バイオハザード0 2002年 ゲームキューブ他

 

f:id:shun619:20170225091957p:plain

これは、当時小学校に入学したぼくが、入学祝いで買ってもらったゲームキューブと一緒に買ったソフト。

 

超思い出深いソフトです。

 

シリーズで初めて、2人の主人公を、切り替えながらのプレイが可能になりました。

 

また、当時としては、画質が最高峰。

 

バイオハザードシリーズの、全ての始まりを描いた作品になります。

 

『1』の”洋館事件”に至るまでの話、”アンブレラ社”の起源、”T-ウィルス”の始まりについても触れられています。

 

『1』のような、”バイオ本来の恐怖”を体験できる内容です。

 

雰囲気などは、『1』に近いです。

 

アホみたいに面白いわけではないですが、つまらないわけでもなく、普通に楽しいです。

 

80点ぐらい。

 

”クラシックなバイオハザード”を楽しめるので、『4』『5』『6』しかやったことがない、という人には、ぜひ遊んでみてもらいたいです。

 

そして何より、バイオハザードの時系列的に、全ての始まりなので、やる価値ありです。

 

 

 

4位 バイオハザード CODE:Veronica 2000年 PS2他

 

f:id:shun619:20170225092140p:plain

 

ストーリーが、シリーズ中最高のバイオです。

 

詳しくはネタバレになるので書けませんが、マジで最高です。

 

バイオなのにドラマチック。

 

ボリュームもかなりあります。

 

舞台は、『1』の5ヶ月後、『2』、『3』の3か月後の、”ロックフォート島”と呼ばれる島と、アンブレラ社の南極基地です。

 

主人公は、クレア・レッドフィールド、つまり神です。

 

f:id:shun619:20170225094553p:plain

 

二丁拳銃を使えるなど、従来とは違うシステムも採用されました。

 

もう一度言いますが、このバイオは、ストーリーが命です。

 

めっちゃ面白いです。

 

 

 

3位 バイオハザード2 1998年 初代PS他 

f:id:shun619:20170225092242p:plain

 

前作、初代『バイオハザード』が、面白すぎたため、半端じゃない期待を背負い、開発された本作。

 

最高の出来です。

 

時系列は、『3』とほぼ同じ、崩壊しつつあるラクーンシティが舞台です。

 

主人公は、クレア・レッドフィールド。つまり神。

 

あともう一人、『4』と違い、ブサイクなレオンです。

 

f:id:shun619:20170225092320p:plain

 

 

ゲーム開始時に、どちらか選ぶことになります。

 

さらに、それぞれのキャラで、シナリオに表編と裏編があります。

 

全部で4つのストーリーが楽しめるということです。

 

それぞれのストーリーが、繋がっているのも、面白いです。

 

そして、みんなのトラウマ、リッカーが初めて登場する作品でもあります。

f:id:shun619:20170225092431p:plain

 

こいつが最初に登場する場面、めっちゃコワイ。やばい。漏れる。

 

『3』と、舞台は同じですが、マップはこちらの方が、狭いです。

 

また、『3』と同じように、タイラントに追跡される場面があります。

 

f:id:shun619:20170225094721p:plain

 

これがまたヒヤヒヤ。

 

2015年には、フルリメイク版の開発が発表されました。

 

待てねえ。。。。。。

 

 

2位 バイオハザード1 リメイク版 2002年 ゲームキューブ他

f:id:shun619:20170225085941p:plain

 

ゲームの歴史を変えた、初代『バイオハザード』のリメイク版。

 

これぞバイオハザードでしょう。

 

キャッチコピーは、”そこを歩く、という恐怖”。

 

まさにそんな感じです。

 

”洋館事件”と呼ばれる、バイオの原点が舞台。

 

”人を喰ってるヤバいやつがいる”との通報を受け、ラクーン市警の特殊部隊、S.T.A.R.Sが、アークレイ山地に調査に向かった。

 

そこで思わぬトラブルに巻き込まれ、逃げた先は、呪われた洋館だった。。。

 

というお話です。

 

初代バイオですらクソ恐かったのに、ハードの性能が上がった分、演出も増え、より恐さが増しています。

 

”うえええええ!!!!!!”の連続です。まじ。

 

恐くてドアも開けられない。

 

”振り向きゾンビ”は、多くの人を震え上がらせました。

 

f:id:shun619:20170225092912p:plain

 

リメイク版では、登場する敵も、増えました。

 

例えば、ゾンビは、ぶっ殺したあと、”クリムゾンヘッド”という、超強化版ゾンビになって復活します。

 

原点かつ、クラシックバイオハザードの最高傑作。

 

ホラーゲームの真髄が、このゲームに詰まっています。

 

 

1位 バイオハザード アウトブレイク 2003年 PS2

f:id:shun619:20170225092953p:plain

 

シリーズ最高傑作は、これ。アウトブレイク。

 

めっっっっっっっちゃくちゃ面白いです。

 

バイオだけでなく、ゲーム史に残る傑作。

 

シリーズで初めて、オンラインプレイができるようになりました。

 

他のシリーズ作品とは違い、プレイヤーは8人、それも一般人です。

 

舞台は、『2』、『3』と同じ、限界寸前のラクーンシティ。

 

崩壊しつつあるラクーンシティから、1人の一般人として脱出を目指すのです。

 

今まで遊んできた、バイオハザードシリーズ。その裏では、一般市民は何をしていたのか、というテーマです。

 

そして、自由度の高さ。

 

他のシリーズとは違い、銃での攻撃以外に、鉄パイプ、松葉杖、包丁やスパナなども武器として登場します。

 

また、武器を持っていなくても、タックルでの攻撃が可能です。

 

敵モンスターも、ゾンビやタイラントといったシリーズお馴染みの敵はもちろん、ワニやら、象やら、ライオンまで出現します。

 

操作できるキャラは、8人の中から1人選ぶことになるのですが、シナリオ自体は、オフラインならAI,オンラインならマッチした生身の人間と、協力しながら進めていくことになります。

 

それぞれのキャラに、別なエンディングが用意されているのも、醍醐味です。

 

ここまで絶賛してきましたが、実は問題があるんです。このゲーム。

 

オフラインでは、AIと一緒にプレイするのですが、そのAIが、バカすぎ。

 

本当に使えない。

 

このゲームは、オンラインでのプレイが前提となっているのです。

 

オフラインでは仲間がクソでも、オンラインなら、友達や仲間と協力してプレイできる神ゲーに変わります。

 

しかし、2003年当時、ゲームにおけるオンラインプレイは、今と違い、敷居が鬼のように高いものでした。

 

何が言いたいかというと、このゲーム、時代を先取りしすぎたのです。

 

今では、このゲームのオンラインプレイは、サービスが終了してしまい、もう無理です。

 

だ、か、ら、続編出して!!!!!!

 

オンラインプレイが当たり前の現代なら、このゲーム、バカ売れするでしょう。

 

CoDのゾンビモードとか、そういう次元じゃない面白さです。

 

リメイクでもいいから出して!!!!

 

 

実質、最高傑作はリメイク版1です。

 

アウトブレイクを最高傑作に持ってきたのは、おれの魂の叫びを聞いてほしかったからだよ!!!!!

 

頼むから出してください。

 

あ、あと『5』と『6』は、論外です。ろんがい。

 

まだぼくは『7』やってないんでアレなんですが、期待してます。

 

最近、どんどんカプコンが狂っていってる気がするので、頑張ってほしいです。

 

そんな感じで、『7』やってみたりで、”バイオおもれえな”と思った方は、リメイク1をやってみてください。絶対ハマりますよ。

 

PS4でも、去年発売されたので、わざわざゲームキューブ買わなくても大丈夫です。PS3でも出てます。

 

また、ガンサバイバーや、『2』、『3』など、PS1のゲームは、PS3でもそのままプレイできます。

 

ゲームアーカイブスもあるので、試してみてください。

 

バイオ、最高です。