ボム君.com

ダイナマイト息子

あったことや思ったことなど

腕の筋トレは必要ない2つの理由。 その時間を他の部位に当てよう!

みなさん、筋トレしてますか?

 

いいですよ筋トレ。特にブサイクにとっては。

 

イケメンは、顔だけで女の子が、蚊のように寄ってきます。

 

ブサイクは、普通にしてたんじゃイケメンに対抗できません。

 

”男は性格だよぉぉ~~”

 

そんなのは嘘。

 

じゃあどうするか?筋トレしましょう。

 

ブサイクでも、筋トレして、それなりの格好をすれば、一定数いる筋肉フェチの女の子が寄ってきます。

 

蚊のようにとまではいきませんが、 飢えたライオン程度には寄ってきます。

 

そうして筋トレを頑張っている皆さんの中には、”ポパイ並みの腕が欲しい”

 

f:id:shun619:20170113205955p:plain

 

ということで、腕を重点的に鍛えている人も多いでしょう。

 

で、いきなりなんですが、腕トレやめましょう。

 

なんでだよ

理由は2つあります。

 

一つ目は、腕をトレーニングしなくても、結果的にかっこいい体になるから。

 

もうひとつは、腕を直接鍛えなくても、他の種目で、充分太くなるから。

 

腕トレをしなくても、かっこよくなれるし、近道。

 

一般的に、かっこいい体になりたい、と思い、筋トレしている場合、腕トレは必要ありません。

 

あなたが思う、”かっこいい体”とは、どんな体でしょうか。

 

もしあなたが、カブレラとか、

 

f:id:shun619:20170206005025p:plain

 

棚橋になりたいのであれば、腕トレは必要です。

 

f:id:shun619:20170206005050p:plain

 

しかしおそらく、大多数の人は、ファイトクラブのブラピとか、

 

f:id:shun619:20170113205857p:plain

 

クリロナとかの体を目指していると思います。

 

f:id:shun619:20170206005412p:plain

 

このような体を目指すのであれば、腕トレはしないほうが近道です。

 

クリロナとか、ブラピの腕を見てください。

 

棚橋とかと比べると、全然太くないんです。

 

それでも彼らがマッチョなのは、胸、肩、背中、腹筋がしっかりしているから。

 

要するに、腕をトレーニングしなくても、それらの部位がしっかり発達していれば、ゴツく、マッチョに見える

 

ということです。

 

もちろん、毎日トレーニングできる環境にいる方は、腕トレの日を設けてもいいと思います。

 

ただ、この現代ニッポンにおいて、そんなことができる人は、ごく少数でしょう。

 

中には、”日に30時間の鍛錬という矛盾のみを条件に存在する肉体”の持ち主もいるので、アレですが。

 

f:id:shun619:20170206005445p:plain

 

ほとんどの人は、せいぜい週に3回、4回程度ジムに通うので精一杯なはずです。

 

それならば、腕トレの時間を、上に書いた部位に当てたほうが、より早く”かっこいい体”になれます。

 

腕は、直接トレーニングしなくても、充分刺激できる

筋トレをする時に、バーベルやダンベルを握るのは腕なので、どのトレーニングでも、腕は刺激されます。

 

特に、ベンチ、懸垂、スクワットなどの、複合関節種目では、重い重量を扱えることもあり、アームカールなどの単関節種目と同じくらい、腕にも刺激が入ります。

 

ベンチプレスでは、三頭筋も刺激されますし、懸垂をすれば、二頭筋も刺激されます。

 

また、それなりの重量を扱う時は、必然的にバーベルを強く握ることになるので、前腕も発達します。

 

ぼくは、本格的にトレーニングを始めてから、1年半ほどで、今まで、腕を直接鍛えるメニューを組んだことはありません。

 

それでも、腕周りは、37cmまで発達しました。35cmから、太いと言われるレベルらしいです。すげえだろ!

 

懸垂、ディップス、ベンチなどの、複合関節種目をしっかり行えば、これくらいのレベルまでは到達します。

 

また、腕トレをしない分を、他の部位の複合関節種目に当てれば、結果的に腕に刺激が入る頻度も上がり、成長します。

 

ただ、腕周り40cmとか、それ以上の太さを目指すとなると、腕に特化したメニューが必要になると思います。

 

そうでなければ、ほとんどの人は、腕を直接鍛えなくても、充分満足できるレベルに達するはずです。

 

筋トレは、胸、背中、肩、脚を中心に

この4つの部位を鍛えることで、かっこいい体になれます。

 

胸は言うまでもないですよね。おっぱいでかいと最高じゃん。

 

背中は、意識が向きにくい部位ですが、しっかり鍛えることで、よりゴツく見えるし、後ろ姿もかっこよくなります。

 

男は背中で語れ。

 

f:id:shun619:20170113205416p:plain

 

なにより、おっぱいでかいのに、背中が貧弱だと、キモいです。

 

肩も当然重要な部位です。肩が大きくなれば、逆三角形のシルエットに近づき、背中と合わせて、よりゴツく見えるようになります。また、横から見た時に、体の厚みも増します。

 

脚トレは、みんな嫌いですよね。キツイし。

 

正直、チキンレッグとかなんとか言われても、ズボン脱がなきゃわかんねえし。

 

f:id:shun619:20170206005646p:plain

 

別に脚トレやんなくてもいいじゃん。と思うかもしれません。

 

事実、この高度文明社会JAPANで、人前でズボンを脱ぐ機会があるのは、変質者とリア充だけです。

 

いずれにせよ、童貞には縁がありません。

 

それでも、スクワットだけでもやっておいた方がいいです。

 

なぜなら、スクワットをすることで、他の部位もでかくなるからです。

 

成長ホルモンをドバドバ出したい場合、大きい筋肉を使うのが近道です。

 

人間の筋肉の半分以上は、脚についています。

 

脚の筋肉よりデカイ筋肉は、ありません。

 

つまり、スクワットをすることで、成長ホルモンがドバドバ出るんです。

 

ドバドバです。

 

そうして大量に成長ホルモンを分泌することで、肩や腕などの、”そこだけをトレーニングしても成長ホルモンが多く分泌されない、小さめな筋肉”の成長も加速することができるのです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

ジムに通ってみたはいいものの、何をやっていいかわからず、アームカールをやりまくっている人、

 

頑張ってトレーニングしているけど、時間もあまり取れないし、成長が感じられない人は、今回書いたことを参考にしてみてください。

 

そうでなくても、”ポパイ”とかになりたい人や、毎日ジムでトレーニングをしている人以外は、その分他の部位をトレーニングする方が効率的でしょう。

 

そろそろ、青い渚を走り、恋の季節がやってきます。

 

今年こそは、湘南の海で、あんなことやこんなことができるように、頑張っていきましょう。