ボム君.com

ダイナマイト息子

スクワット原理主義者

物事を習慣化する力をつけるには、”無心”を訓練するのがいい

みなさんは、物事を習慣化するのは得意ですか?

 

勉強であったり、ジムに通うことであったり、禁欲することだったり。。

 

人間、何か新しい習慣をつけるのは、難しいです。

 

ぼくの場合、何か習慣づけることができても、旅行などで、1週間中断するだけで、元に戻ってしまいます。

 

そんな時でも、2,3回またそれをやれば、マッスルメモリーのように、習慣に戻るんですが。

 

最初からこんな感じだったわけではありません。

 

ある時、ふと、あることを意識してみたからです。

 

それは、”無心”になることです。

 

f:id:shun619:20170117011407p:plain

無心ってなんだよ。

そのままです。目を閉じて何も考えない。それだけ。

 

”無心で取り組む”とかの無心。

 

てか今思ったけど、これ瞑想と同じじゃん。

f:id:shun619:20170117011451p:plain

 

おれ悟り開いたのか。

 

具体的には、

 

1, 静かな場所で、耳栓するならして、

 

2, 楽な姿勢で目を閉じる。

 

3, 何も考えない。

 

何も考えないってのが難しい。目を閉じると、嫌でも頭になにか浮かんでくる。

 

それを考えないようにするんです。徹底的に無視。

 

瞳を閉じれば、あなたがまぶたの裏にいても、無視。ほっとけ。

 

ゆっくりと呼吸を感じるイメージです。

 

これだけです。これを訓練しましょう。

 

よく、瞑想とかでは、何十分もこれを続けましょうとか言われてますけど、そんなにいらないです。

 

5分ぐらいできれば充分。

 

無心と習慣化になんの関係があるのか教えろ

誰だってやりたくないもんはやりたくない

習慣ってのは、なにかを続けるから習慣になるんです。当たり前だ。

 

やらなきゃつかないんです。

 

好きなことなんか、習慣化するもクソもないですよね。

 

猿にオ◯ニー教えたら、死ぬまでやるみたいな。

 

嫌いなことだから、習慣化できずに困ってるんです。人類は。

 

嫌いなことだから、なかなか最初の一歩が踏み出せない。

 

ところが、いくら考えたって、やりたくないもんはやりたくないんです。

 

でもやらなきゃいけないんです。

 

やりたくないことは、後に伸ばせば伸ばすほど、大きなストレスになります。

 

締め切りは近づくし、他のやることだってドンドン増える。

 

疲労の原因は、終わった仕事ではなく、終わっていない仕事だ、とかどっかで聞きました。どこだっけ。

 

肉体的な疲労ではなく、精神的な疲労の場合、これは正しいです。

 

そりゃあ、終電逃して歩いて帰っても、疲れるのは歩き始めてからですもん。

 

ただ精神的な疲労の場合、手を付けてない仕事がストレスになります。

 

テストが終わったあとは、手応えがどれだけ凄惨でも、とりあえず清々しい気持ちになりますよね。

 

やる気なんてのは、待ったところで出てくるものではないです。

 

やる気は、やることで初めて出てくるものです。なんかえらい科学者がそう言ってた。

 

当たり前のことですが、いつだって始めるタイミングは今が最高なんです。

 

そこで無心である

ここで、さっきの”無心”に戻ります。

 

やりたくねえな、と思っても、無心になります。

 

やりたいもやりたくないもクソもない状態にします。

 

それで、その状態のまま、それを始めてしまいます。

 

何も考えず、ペンを握って勉強を始める。

 

何も考えず、ジムに行って、何も考えず運動する。

 

嫌だな、という気持ちを、頭に思い浮かばせないようにします。

 

もちろん、やってること自体については、考えなくてはいけません。

 

例えば、数学の問題を解いてる時、本当に無心でいると、

 

”袋の中に当りくじ5個、はずれくじ7個、合計12個のくじが入っている。X,Yの2人がこの順にくじを1個ずつ引き、引いたくじは元に戻さないとき、Xが当たり、Yがはずれる確率を求めよ”

 

という問題の解答には、

 

”ボボ・ブラジル”

 

f:id:shun619:20170117011542p:plain

としか書くことができません。

 

人は、本当に無心の状態ならば、”ボボ・ブラジル”しか書けないからです。

 

無心で物事を始めることは、日頃から無心でいることを訓練すれば、できるようになります。

 

これを極めると、勉強してて気づいたら日が暮れてた、なんてことが起きます。

 

以前から、こういう”勉強してたら時間を忘れる”みたいなことを言う人がいるのは知ってました。

 

”嘘だろアホか。” と思ってたんですが、こういうことだったんだと、今わかりました。

 

始めるときはごく簡単なものから

物事を無心で始めるときは、簡単な、機械的な作業から始めましょう。

 

その方が、考えることが少なくて済むからです。

 

そして、その流れのまま、無心で他の作業に移りましょう。

 

まとめ

これ、ドヤ顔で書いたけど、結構みんな同じこと書いてそうだな今考えたら。

 

まあいいや。

 

他にも、無心でいることを訓練すると、集中力も上がります。

 

すぐ眠れるようになります。

 

一度物事を習慣化してしまえば、あとは何ヶ月とか長い期間が空かない限り、そう簡単には消えません。

 

鼻クソほじるとか、そういうクセも、直そうと思ってもなかなか治らないですよね。

 

やりたくないことも、習慣になれば、それほど嫌だとも感じません。

 

禁煙に成功したら、タバコ吸いたいと思わなくなるのと同じです。

 

”無心”でいること、訓練してみてください。